風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

7.30 :: 2011/07/31(Sun)

 実を言えば、一曲目の歌い出しとその表情を見たとき、「あぁ、さすがに相当に疲労も募っているのでは」と思ったのだ。ツアー後半に入って、先日、連続で野外公演も終えたようだし。しかも今日は二日連続の後半。急に小田さんの体が心配になった。声が出ていない訳でもなかったのだけれど、何だかそんな心配がさーっと胸をよぎった。
 
 体も心も、「超」がつくひ弱な自分と小田さんのライブパフォーマンスを比較するほどナンセンスなことはない。ただ、ひたすら勝手に、自分が最も過酷に感じた仕事を思い出している。
 おそらく夏の集中講義。90分講義を連続5コマとか、そうした感じではないかと。集中講義の2日目の夕刻、アドレナリンは一杯出て来ている。学生がノッてくれたら尚更だ。けれど、立って話しながら頭の後ろのほうが白くなって来るのがわかる。「おやおや、三途の川ってこれか?」と思ったことがある。
 
 同じ人間として、一体何をどうやれば、あれほどまでクオリティの高く身を削るステージを毎日のように続けることが出来るのか。「彼は神の子だから」というこたえ以外で真面目に考えると、「小田さんが、見えないところで、まるきり尋常ではない努力をして頑張っているから」としか言いようがない。
 そう思うだけで胸が詰まる私は、今日この日のステージを全うするために小田さんの辛さを救えるならば、自分の寿命の一年くらいを差し出してもよいとまで、またもや勝手ながら祈った。・・・でも、終わってしまえば、あまりの圧巻である。感動の余り、天に召される寸前であったと思われる。
 
 事前に内容はリサーチしない。ワクワクしたいから、というより余裕がない。何より出向くまでが相当、しんどい。「私なんて小田さんに会う資格もない」とか人間失格のようなことを言っていたりする。だから、現場入りしてから、ものすごいパワー電力で持っていかれてスイッチオンなのだ、私は。安定剤常備である。
 
 そうやって毎回、爆発的感動に打ちひしがれるタイプの自分とは異なり、十分にセットリストもチェックの上、ひたひたと迫り来る感動を静かに受け止めるタイプのSato氏によれば、隣に立っていた私が「2度目から3度目のアンコールがはじまった瞬間、何度か垂直に浮いている瞬間があった」と証言する。
 
 確かに。
「Yes-Yes-Yes」がはじまったとき、8センチヒールのサンダルで垂直跳びを数回キメた自分に驚いた記憶はある。あれほどまでに明るく、そして力強い小田さんの歌声をさらに、がしっと支えるように、ステージ上の全員がシャウトする。普段はしとやかに弦楽器を奏でているミュージシャンも全員マイクを持っている。
 楽屋スタッフ総勢で組まれた合唱隊が絶唱する様子がスクリーンに映し出されて、巻き込まれるように客席も伴って大サビを大合唱する場面では、ぽろぽろと涙が溢れ落ちた。その僅かな重力で、私は地上に踏みとどまれたに違いない。

 今回、名古屋では聞けなかった「言葉にできない」が聞けるとは思っておらず。4人の弦楽四重奏が絡む間奏は、まさに「小田さんに負けないように心から歌っている」演奏だった。
 きっと小田さんは、この誰もが知る名曲を、何処で誰に向けて歌うときも、一度たりとて「楽に」歌ったことはないのだろうと思う。だから、これまで数え切れないくらい聞いているのに、聞くたびに魂を揺さぶるのだと思う。ぎゅっと目を閉じて全身で歌い上げるラストのロングトーン。集中のあまり、時々、私も含めてお客さんの息が留まっているのではないだろうか。そう思いながら、祈るような気持ちで数えてしまう。1拍、2拍、3拍・・・まるで誰かの命を感じるための脈を確かめるみたいに。全部で8拍。つまり2小節だ。

 3時間を超えたあと、アンコールのラストを歌う小田さんには、冒頭の心配など完全に払拭し、なお余りある漲る力を感じた。
 たった一人、アコースティックギターを構えてすくっと立つ姿は凛然。渋みとぬくもりを混ぜた中温域は語るような声。特筆すべきは、その指先でつま弾くダイナミズムあるアルペジオの演奏。
 ラストソング「君のこと」を歌いきった小田さんって、まるで剣士みたいだった。すっと刀を抜き、鮮やかな抜き胴を一本、見事に決めるた。静かに一礼をして美しく淡々と立ち去ってゆく。
 私たちをまだ夢のなかに残したまま・・・。

 今回、チケット入手において、かつてない困難を極めS席は取れず。しかし、「よい席ではなくて残念だった」などとは、これっぽっちも思わせない圧巻の演出。
 
 以前にも増して、小田さんのバンドに強い強い絆が感じられるようになっている。最後に、演奏者全員が小田さんを中央にして一列に並び、前のお客さんにぺこり、後のお客さんにぺこり、同様に左右にぺこりと一緒にお辞儀をする。その姿は、NHKの子供番組で見かける”アルゴリズム体操”のような連帯感で、微笑ましくも可愛らしい。

 今回、ツアーのバックコーラスは、半端のない覚悟で前方を守っている気がする。楽器演奏が専門のミュージシャンたちに、あそこまで本格的に歌わせるのも小田さんならでは、かもしれない。彼らを深く信頼しているか伝わってくる。 歌詞をころっと忘れても、走り回っているうちに、もう訳がわからなくなって嘘ばかり歌っていても(笑)私たちはアハハと笑ってやんやの手拍子だ。バンド人たちがしっかりとサポートしてくれているのでダイジョウブ。
 
 1stバイオリンを今回は担当していた最も若い吉田君は、お客さんを盛り上げるときの拍手の手の位置が、頭上にあって誰より最も高い。
 大きく首もとの開いたピンクのチュニックがとても似合って可愛らしかったバイオリンの得高さん。アンコールで、立ち上がって前に出てきた時に、白い首もとが楽器の跡なのか、汗でかぶれたように真っ赤になっていた。お疲れ様(涙)。
 
 お客さんも今回は何だか、とても温く気持ちがよかった。ギターの稲ぴーが、通称「中央デベソ・ステージ」から本ステージに戻って来るまでの花道は長く、てくてく早足で歩くも割と時間がかかる。ライトが追い続けている訳でもないのに、ずっと、ぱちぱちと拍手が送られ続けたっけ。照れくさそうな恐縮顔で、何度もぺこぺことお辞儀をしていた。
 
 お客さんの半分以上が会場を出たあとのこと。ステージ上で、小田さんやお客さんを走り回って撮影していたスタッフに、オンステージシートが当たった人たちから、その目前での働きぶりに感嘆したのか、感謝の拍手が送られていたことだ。カメラマンさんがこれまた深々とお辞儀をしているのが目に留まって、また小さく感動する。

 裏方さんもミュージシャンも、もちろんお客さんたちも皆の一番の「素敵」を引き出して、キラキラに輝かせる魔法。「小田さん、ありがとー、ありがとー!」と、あちらこちらで何度も鮮明に聞こえた。
 『今日もどこかでの時、小田さん、何度かぐっと来てたみたいに見えなかった?・・・』『キテた。ごまかしそうとしてたけどな(笑)』。きっぱりと言い放ったSatoさん。「天に召される寸前の人(→私)」も、小田さんのうるうるも心の目で見えるのかもしれません。
 
 この空の下に共に生まれた人たち、すべてが愛おしくなる瞬間に満ちている。
 
 次のライブ参加は、二つの講演会を続けて終えた当日だ。それまでは必ず生きのびよう。そう決めたらきっと大丈夫だ。「僕は頑張るのが大好きです」・・・私には一生言えないけれど眩しい言葉だ。   

スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

セツデン悲喜こもごも(その2) :: 2011/07/29(Fri)

 私はと言えば、早々に大きめの扇風機を入手し、ごく真面目に扇風機のみで過ごしてみて3日。南向きの部屋でパソコン付近は熱がこもって仕方がないが、ドアを開け放ち、至近距離で扇風機に当たっていれば「別に死ぬほどではないな」と思った。紙類がばさばさと飛び散るのを防ぐために方々に「重し」がいるが。
 
 興味深いことに、「これって、なんだか極端すぎませんか」と真っ先に言い出したのが「消費者さま」枠にいると思っていた学生だった。わざわざアイスの差し入れを持って偵察に来た。研究室を見渡し、『うわっ、あっちー。マジで一斉に止めてんですか!?』・・・そのあとに彼が大阪の知事の言葉をもじった過激な発言はここではとても書けない。

ある日森のなかクマさんを日傘で突き刺した? 組合がこの対策の取り方について穏便な質問状を出しているという噂を耳にして半日も経たないうちに「20%を超えるセツデンに達しましたので、エアコン全学一律停止はやめて、もうちょっと弾力的にやりまーす」という連絡が届いた。誰もが、暑い暑いと文句の一つも言いながら、行動では相当に真面目に取り組んだ成果だろう。
 ほとんどの人が取り組みに積極的に協力している背景には、やはり秘めたる日本人らしいメンタリティがあるように私は思う。解除令が出されても、エアコン使用を極力控える人が殆どだろう。

 一方、夜の大学は震災以前から本当に真っ暗である。せめて、バス停までたどり着くまでの道のりには、もう少し電灯が欲しい。
 
 でなくとも木々に囲まれたキャンパスなので、舗装もされていない獣道から男子学生がのっそり出てきた折りには、思わず日傘を本気で構えてしてしまうではないか。君は野熊か。なぜ、ふつうの道を歩かない。私に斬られずに幸いだったと思いたまえ!(→負けず嫌い)とバクバクと鎮まらない胸の鼓動を抑えながら「あー、びっくりしたぁ。暑いのより暗いのが嫌っ」と小さく震えながら足早にバス停を目指すのであった。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

セツデン悲喜こもごも(その1) :: 2011/07/28(Thu)

 学生の頃、真夏の集中講義室のエアコンが効かなかったことを思い出した。先生が背中に滝のような汗をかいてシャツがべっとりと張り付いていた。そうやって半日の講義をしていたのだ。今の私だったら、多分午後の講義前に気絶しているかもしれぬ。
 学生であった我々でさえ、暑さで気が遠くなっていくのが分った。ノートを取ろうと俯いてシャープペンシルの先を見つめると、ぽとりと額の汗が落ち、書いた文字が滲む。そして、もはや、遠く蝉の音と古い扇風機が運ぶ生ぬるい風の音だけしか聞こえなくなったあの夏の日を思い出す。風流である・・・わけはないが、今の学生に「昔はさぁ」という苦労自慢の一つにはなる。

 我が職場では4日前からセツデン強化週間に入り、約半月以上に渡り、学生が使う講義室以外の事務室と研究室における全エアコン作動を一斉停止することを決めた。このお達しは突然、メール一本で舞い込んだ。
 
 ただし、学生とゼミをするときやにはエアコンは点けてもよいと知ったのは後日のこと。
 わざわざ事務職員が、研究室を周り、温度チェックの監視に入った。そうした役目をパートタイムや非正規の女性たちに引き受けさせている。この一点に限っては私は譲れない苦々しさを感じてはいた。
 
 節電が一定程度必要であることの共通認識があるにせよ、大学研究者達が「あー、そうですか」と言って申し立て一つなく実施するものだろうかと思っていた。たとえば、電力会社の目標水準の根拠について。あるいは、組織単位のセツデンお達しが、こうも唐突で一方的であったことや、個々の健康状況などの配慮抜きに全く一律に実施しようとしている姿勢について。

 だけれど、結果としてはおおむね「あー、そうですか」という感じで実施されたのだ。 
 


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

腹筋40回と背筋10回 :: 2011/07/13(Wed)

 学内の無線LANを繋げたくて、先日からマニュアルを見ながら奮闘していたが、一度繋がったきり、そのあと、なかなか上手く行かない。それほど難しい方法でもないのに、何故だろうと苛立って、思い切って学内の情報○○センターへとパソコンを持ち込みして見てもらった。
 
 いつもセンターに電話で問い合わせをする時は、Kさんを呼んでもらうことに決めている。優しくこもった声で話し、どんなに初歩的な質問でも過不足なく丁寧に応えてくれる。必ず「何かご不明な点があればいつでもお電話ください」と言ってくれるのが好き。きっと初老の紳士で、淡々と自らの仕事に打ち込み、他人に優しく自分に厳しい・・・とか勝手な妄想を抱いて、本日「今からおじゃましますね!」と宣言してから赴いて、その顔を拝見する。
 おじいさんではない。「おじさん」と呼ばれても怒らない風情の「お兄さん」だった。
 
 「あぁ・・・場所によっては繋がりにくかったりしますねぇ」などと上手く行かない条件を電話で聞いているのと全く同じ静かな口調で告げながら、彼が操作すると一回で繋がってしまった。
 「人を・・・見てるんですかね、このパソコン」と、まるで、惚けたのだめが真一に告げるようなアホな感想を言ってもクスリともしなかった。が、現在は試行中だが、そのうちシフトするというもっとシンプルな繋げ方を教わって、これは得したと研究室に戻る。聞くは一時の恥だ、そうだ、そうに決まっている。ずっと恥ばかりだが。
 
 梅雨明け。山のなかの夕刻は少し涼しい風が吹いていて、気づくと小田さんの名曲ではなくて、アニメ「ハイジ」のテーマソングを口ずさんでいた。

 あの雲はなぜ・・・・♪

 あ。私はいつも、「口笛はなぜ・・・♪」とは歌い出せない。だから辻褄があわずに歌詞がぐちゃぐちゃになる。それでもかまわず、サビ部分の「教えて~おじぃさん」あたりだけ調子に乗って鼻歌。大学にのんびり暮らして校舎前に寝そべっているネコたちの平和を少し脅かす。

トムソーヤー。なめぐ。 30回が限界だと思っていたけれど、先々週の日曜にさぼった翌日、おおいに反省して40回に挑戦して以来、回数を減らすというのは「負けた気がする」ので、ひとまず今日まで腹筋を40回ずつやっている。加えて後ろ向きの腕立てを少しと柔軟も。でも、時間を計ってみたら全部やっても10分にも満たない。
 それにしても、どうやら前だけ鍛えると後ろとバランスが崩れるようで、最近顔を洗っている間に、かがめた腰がもう痛んでくる。高いヒールサンダルのせいでもあろうか。

 そうしたわけで、昨日から「背筋10回」も追加して、今月の半ばに向かうのであった。
 

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

腹筋100回 :: 2011/07/01(Fri)

 腹筋100回!を成し遂げた気分を先取りする。

 小田さんがステージで「僕はエライんで、毎日腹筋してるんですが、100回とか・・・。でも、数えてたら、すぐ、わかんなくなっちゃう」とか「今日は、いつでも寝られるようにステージ前に腹筋してきたけれど、絨毯も敷いてないところでやったから、尾てい骨痛くなっちゃった」とか、とてつもなく可愛いらしいことを言っているらしい。(可愛いらしい、のくだりは主観である)

 多分、思い立ってから、まだ初めて10日くらいかなと思うけれど、私も欠かさず続けている。2日目くらいに強烈な筋肉痛になった。でも、やめるという選択はなし。頭痛がして仕方がないゆうべも25回、週末で強烈に疲れている本日になって30回続けてえっさほっさとやった。理由は簡単で、小田さんの足下のその下くらいには及びたいからだ。

 100回出来るようになる日もそのうち来るだろう。ちなみに、剣道をやっていた頃でさえ30回が限度だったけれど。

自転車に乗って10分後って滝汗ですよね。 先週、学生達を連れてとある田舎町の学校に呼ばれて出向く。
 普段のゼミより断然、出席率が良いようだが、あれは何だろう。帰りは連中だけ「青春カー」でわいわい帰ってゆく。「7人乗りっす、これ」と言われて、私だけあぶれる。行きは私がタクシー代払ったのに。
 私も青春カーに乗りたかった。田舎町の駅でひとり終電まで40分も待った。どのくらい楽しかったか翌日、さんざん聞かされた。ま、いっか。学生が幸せそうにしていればとりあえず。

 昨日、大学に「青汁」が二ヶ月分届いた。
 今日は、救援物資が届いた!「めぐのカロリー摂取袋」と書いてあった。

 青汁を飲み、救援物資で飢えをしのぎ、腹筋をする。こういった感じで後半スタート。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。