風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

字数制限あり。 :: 2012/05/21(Mon)

 すっかり更新も滞りがちになったこのブログ。
 何か新しいテーマや意義を見出さないともう続けていくのも億劫になりそうだ。

 ふと、「そう言えば手術を受けたのは何時だっけ」と思ったところ下書き状態にしているこのブログ記事を振り返った。もう7年も前だと確認をする。「そうか、そうか2005年だったな」と。そう思えただけで無くしたものを見つけたようで安堵。書くことは経験の物語化による気持ちの整理であって「記録」という要素は重視していなかった。でも、役立つのは案外「何時何をしたか」の記録の方だった。
 
 まっすぐ見つめる。 Satoさんや自分の目で選別された形ではあるが過去の自分の姿にも再会する。写真はどう撮ったかより、どれを選んだかも含めて表現である、と誰か写真家が言っていたっけ。そうして過去に選ばれた自分の姿に「こうやって歳を重ねたのね」と、ひっそり声をかけたりして。
 かねてから一つ、やってみようと思っていた試みは「制限ある文字数のなかで日記を綴る」こと。際限なく言葉を重ねる自分の書き癖。すなわち駄文。読み返す気にはならない!

 職場で広報の委員をしている。先日、学部をアピールするパンフレットづくりにあたり、180字のみで、ある講義の特色を紹介することになった。全体を象徴する見出しもつける。第一校は、情報は網羅しているが文章の繋がり方に無理があってスッキリしない。客観的意見も求めつつ、二度目に推敲した文章には「ポイントが分かり、過不足なく分りやすく収まった」感触が持てた。表現を工夫し、より伝わってインパクトのある言葉選びのセンスも持てるなら、それにこしたことはない。
 
 条件や制限、フレームは沢山あるほど書きやすいし、優れたものが出来ると言ったのは三谷幸喜の論だったと思う。そうした訳で、今後は千字以内で自分でも読み直す気に多少はなりそうな日記を目指し、再スタートなり。 

スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

お兄ちゃんという存在について。 :: 2012/05/05(Sat)

 かなりの夜更かしをした朝、まだ眠っていると早朝に知らない番号からケータイに電話がかかる。
 留守電を聞き直すと、いとこの兄であった。数時間前にパソコンのメールでつらつらと「iPADが実家でネットワークに繋がらない」と相談したところだ。電話を貰うのは、初めてのこと。そもそも、番号やアドレスは非公開な人なのかと思っていたが、「よければこちらにお願いします」と自分のケータイアドレスや番号を伝えておいたのだ。
 「あ、Sやけどね、起きたらかけ直して」とおおらかに留守電の向こで語っていた。驚き半分、寝ぼけたまま直ぐにかけ直すと「今日の午前中にそっち行くわな」「えっ?今日、わざわざ来てくれるの?いいの?」「うん、午前中やったら時間あるし、行くわ。10時か11時くらい」と言われて、大急ぎで飛び起きた。

GW2 ひとりっこで育った私が「おにいちゃん」と呼んで慕っていた歳が近いほうの兄。小学生の頃まで近所に暮らしていた。でも、ちょうど私が中学生になる前に近隣の街に引っ越していった。4歳上の兄からは、私のもとに色々な「おさがり」が舞い込んだ。今でも使っているクラシックギターはその一つ。あの頃、年上男子の文化的影響は相当大きかった筈だ。兄がいなければ小田さんの音楽に出会うのも、もっと後年のことであったろう。
 
 成人してからは祖母の家で一年に一度会う程度になる。彼ときたら青年期以降は、もう極端なほどに無口な人になっていたので、祖母の家に集まっていても、ごろりと部屋の隅で横になっていると、そこに居たことさえ分らなかった時もあった。
 ところが、結婚をし、小さな娘を持つようになった兄は、世に言う立派な「イクメン」パパとなったようだ。同時に、すっかり親戚づきあいもよい、気易いお兄ちゃんになった。我が実家の側に暮らしていることもあり、母達のパソコンやネットワーク・サポーターになってくれている模様。娘の私よりずっと気軽にフットワーク軽く、ほいほいと、ちびっこの娘を連れて来てくれているようで何とも感謝すべきことだ。

GW1 ところで、人は新しい自分に変わりたいと願うならば、「意識」改革などではなく、とにかく人間関係と、住まいと、時間配分を変えよと言われるらしい。兄の場合は結婚し、パパになったことでそれら全ての条件をそろえた訳だ。変わったというより元々持っていた資質が私たちにも見えるようになっただけかもしれないけれど。
 しかし、殆ど喋らない寡黙な人物が、「ほらほら~、アンパンマンの顔をしてごら~ん♪」「mちゃーん、いないいないばぁのダンスをしよう!!」と子どものために歌い出す兄は、もう「別人」と言ってもいいほどの変わりよう。大人になってから、新しい特性を加えた人と「出会い直す」ことは、本当に楽しい。今のお兄ちゃんが断然、素敵。メールアドレスも交換して貰って私にはまた、いざと言うときに頼りに出来るかもしれない「お兄ちゃん」が出来たのだ。
 ちなみに、私はこれまでとても多くの人に「お兄さんがいるでしょ?」と聴かれることが多かった。
 実は、あまり覚えてはいないけれど私は小さい頃は、たいそう兄に可愛がって貰ったらしい。「ボクね、めーたんに何でもしてあげるよ!」なんて言っていたとか。母が兄のことをとても好きで、可愛いのも分る。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。