風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

前髪問題と、くまちゃんず。 :: 2012/06/06(Wed)

 一月前に前髪だけ少しカットするとすっかりパーマ感が落ちて扱いづらくなった。「コテでちょっとだけ巻いてあげてたらいいですよ」とお兄さんに言われる。「コテ?くるくるドライヤーじゃ駄目?」と反応すると「えっ?!コテを持ってないの?(女子にあるまじきという顔つき)」と言われた。
 そこで、人生初の980円電池式コテをドラッグストアで購入。髪なんか巻いた経験ないし、なーんか上手に出来ないし、時間もかかるし、面倒くさいし、もう長さも限界だし・・・・えーいっ、今日こそ仕事を早く切り上げて美容室に飛び込もう!!と思った朝、はじめて反対方向から巻けば分けたい方向に髪が癖付くのね、と判明。案の上「仕事を早く切り上げる」なんて芸当は出来もせず。週末まではおもちゃみたいなコテを使って前髪と格闘するのだ。

 我が家の撮影協力隊「くまちゃんず」を紹介。

 みこっくま。シロクマくん。たぶんオス。岡山県出身。
 赤い首輪がポイントである。
 
 円らな瞳にかぶさるほどの「毛並みの良さ」が飼い主に似ている。
 頼りなげにクネクネして人を癒やすのが、とても得意。そう、安心毛布のように。
 撮影時には、瞳が見えるようにと毛づくろいされるのが常である。

 このシチュエーションで抱かれた彼はいささか戸惑い気味で「・・・・ボクはどないしたらええのん?」と、カメラマンを見つめている。


ピンクま。 ピンク色が基調の手作りくまちゃん。ジェンダーは不明。大船渡出身。
 脚をきちんと折って座ることが出来る優秀なひと(クマ)。鼻先などを突かれているけれど、すっきりしたスマイル・キープが出来る飼い主よりもずーーーっとしっかりした人(クマ)である。

 よく小児科併設の耳鼻科や歯医者などに可愛いぬいぐるみが置いてあるのを見て、あんな子どもだましが子ども(ときに大人)に通用するだろうか、痛くて怖いのは拭えないぞと疑っていたが、ないよりはずっと心強いことが最近になって理解できる。

 
 おだっくま。 おだっくま。彼は下町出身だが、おぼっちゃんである。
 昨年の小田さんツアーのグッズ。「いいよ、いいよ、別に欲しくないから」と言ったのに、結局、我が家にやってきたおだっくま。 大量生産・大量販売につき、値段の割には作りもいささか雑な感じ。この子はちょっと口元が歪み気味。いつも言いたいことが上手く言えない小さな男の子のよう。
 保護せねばならぬ気分がかき立てられるので困ったものだ。いつもはシロクマ君の膝上でぬくぬく生きている。そんなんじゃ社会の荒波を渡ってはいけないのよ、可愛い子には旅をさせるべきだと思っている飼い主のデニムのポケットに入って移動中。

スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | comment:4

増やすこと、減らすこと。 :: 2012/06/03(Sun)

 もっと能率よく仕事がしたい。

 そして、苦しまずに、ゆとりを持って、できれば楽しくやりたい。

 全く楽しくないのかと言われると、たぶん、かなり楽しい想いもさせて貰っていると思う。
 手をかけている学生たちの成長。彼らは私の仲間である。
 
 講義は90分ものあいだ自由に自分の裁量で進行できる学生と作るステージ。
 研究は知りたいことを知る発見の術である。
 それ以外の雑務が沢山あることは否めないけれど、皆が多かれ少なかれやっていることだと思う。
 
 でも、やはり・・・時々、どうにも「しんどい」と思う。
 つまり、沢山の次元にまたがる仕事を思い通りに遂行するには、全く力不足だということだ。

 さて、増やすか減らすか。
pinnknoaiphone 足りないのが私自身の能力と器量なので、思い切って等身大で楽にできるレベルまで仕事の質を少し下げるか。けれども、足りない器量を補うのは沢山の経験に尽きるため、今の自分の器量のままでこなせる仕事をしているようでは、ずっとこのままである。
 このごろ、沢山、失敗もしている私だ。
 社会人生活をすっかり10年も過ぎた私が、新人会社員たちの「失敗は働いている証拠」という言葉に勇気づけられたりして。
 当面の目標はもう少しゆとりを持つために、ゆっくりでも「こまめ」であること。
 「ため込まない精神生活」としてのダンシャリ。
 時間配分のみなおし。合理的スキルをもう少し身につける。
 
 
 ところで、斜めに分けている前髪。
 右に流すか左に流すか。見せるおでこの量はどのくらいか。パーマのかけかた。
 案外、印象が変わるものなので、ささやかな事かもしれないけれど、楽しく考えてみたいと思う。
 
 もう少し余裕をもちたいね。
 

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。