風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

似てしまう。 :: 2011/09/30(Fri)

 4回生たちが卒業論文の成果状況をプレゼンテーションする第2回目の合同発表会が目前に迫っている。
 我が研究室のゼミ生たちのほとんどが今頃、火が点いて奮闘しているらしい。8月は忙しくてちょっと「放牧」していたら(つまり「自主ゼミ」を推奨していた)、もう全然間に合わないんじゃないの?という状況で必死になっているあたり、自分とそっくりで苦笑いも出来ない。そんな折、ある学生からこんなメールが届いた。

 先生、こんにちは。
 ボクは今日一日、学校のパソコンで、パワポの製作に格闘していました。
 その結果、自分なりに「とってもステキな」ベースが出来たと思います。
 ・・・中略・・・
 うれしさのあまり、これだけ先に提出します。


羊のめーちゃん、クマちゃんのママになる。 うれしさのあまり?(笑) 普段から私の言葉癖と言うのが多々あって、それが学生たちにニュアンスも含めてそのまま伝染しているなと思うことがよくある。それが、ちょっとコワイことだな、と思うこともある。
 ほんの一例だけれど「焦点化」などといった言い方。研究室に入り立てで誰もそんな言い方はしない。せいぜい「○○くんは何がしたいんか、わっからへん」である。でも、気がつくと彼らがもうずっと前から馴染みのある「自分の言葉」のようにして使っている。
 さらに、もっと日常的で、冗談めいた私の言葉づかいのほうが記憶に刷り込まれるみたいだ。学生のメールを読み、先日のゼミで確かに言ったことを思い出した。「こういった部分はね、プレゼンでいちいち全部説明しなくても、注釈に落としておいて、質問があれば説明を加えるという、とってもステキな(へっへっ)裏技があるのよ」。言われた彼は、内容よりもその言い方がツボだったのだろう。
 
 それにしても、本来、たどり着くまで辛い筈のことも「あぁ、ここまで出来た。よしっ!」と、ちゃんと嬉しくなれるのは健やかである。ついでに「嬉しいから、もう先生に送っちゃおう」と他者への共感を求められるのも、幸福でいられる素晴らしい資質だ。もちろん、想像以上にあれこれ指摘されて、あとから「くそーっ、あいつめ」などと思うのでしょうが。
 
 ところで、ひな鳥の諸君。私の話し方の「親鳥」は、もう誰だか知っているだろうね。


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<君たちは、なかなか立派かも。 | top | 回想。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/1004-48e2ce54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。