風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

終わる。始まる。願う。 :: 2011/10/29(Sat)

 15分ダンシャリ。実際はもうちょっと時間をかけてしまうけれど、今日はデスク横の書類箱に手をつけた。昨年、とある学会で会計を担当した頃のものだ。最後の処理で絶望的に合わなかった。母をも巻き込んでノイローゼ気味でやった。それでも、何とかすべての書類を次年度担当者に送り、今年の学会も無事に先日終わった。
 手元に残っているのは何度も書き直した書類や膨大なメモや封筒といった残骸。もう全部捨てていいんだ。ちらちらと見える各所に刻まれた数字やちんまりした自分や母の文字。苦笑しながら、僅かに懐かしく、微かに愛おしく思った。
 
 10月のカレンダーを少し早いけれどめくった。時はすでに、どんどん自分を追い越してゆく感はあるけれど。
 
 震災後、半年に渡った小田さんのツアーが先日、千秋楽を迎えた。来年、新たに東北地方のツアーを残して。個人的には、あの日以来、桜が散ってしばらく経った頃あたりから、とてもとても小さく決意したことがあった。恥ずかしいくらいに些末なことだけれど。でも、それが周りの人たちに出来る自分のほんの僅かな貢献だとも思った。
 
 今回のツアーでは、豊田、岡山、神戸、大阪と4公演に参加することができた。無理をしてでも出向かずにいられなかった。その温かい声が、胸を刺す歌が、力強くステージを駆け回り躍動する姿が、まるで今の日本を背負っているかのようにさえ見えたその存在のあり方が、気持ちを奮い立たせた。3.11以来、小田さんは常に、いちばん辛い人たちを見ていた。小田さんは時を刻みながら、ひたすらに遠くにいる人々を想い、駆け続けた。

新しい物語。 仕事で定期的に会議で会っている人が、再会した私が元気そうで安心した、と言ってくれた。昨年、まるで折れてしまいそうな危うい気配が見えた時期があったらしい。何か変わったのだろうか。仕事はむしろ器量を超えていくような気がしているし、体重も増えないし、自己効力感をもたらすような素敵な出来事も特に経験していなかった。自分では何がどう違うのか、分らなかった。
 ただ、何があっても、春からこの日まで、各地を走り抜けてゆく小田さんを感じながら動き続けられた。私のちいさな人生も、じたばたしながら案外と面白く、心にはずっと、空みたいにコロコロと様々な色が描かれた。
 リセット願望の強さは、きっと果たせない成長願望の裏返しなのだろう。月が変わる前は今でもささやかに願うように呟く。「ここからまた小さく一歩」。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<決別と再会と。 | top | 間違っても、何度躓いても。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/1014-1c2a5efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。