風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

有言実行なるか。 :: 2011/11/21(Mon)

 「みんなで遠足」を、学生らが本当に嬉しそうに、いそいそ企画したので、カメラ持参の記録係として参加する。

 海外でもなければ、まして念願の温泉でもない。街の中心部からほんの数駅ほど離れたところに、「こんな広大なアスレチックジャングルがあったのか!?」と思うほど立派な広場や遊具を備えた、初めて赴いた公園。遊具はあるが、つまるところ「巨大な野山」である。
 「お弁当よし、おやつよし、ボールよし、バトミントンよし、ピクニックマットよし!」と指さし確認しながら、指折り数えて、二十歳を過ぎた若者たちが「この日を待ちに待っていた」ほど楽しみにしていたそうだ。折しも気温が急激に下がったが、広場に到着すると、すでに上着を脱ぎ捨てて、とにかく子犬並に広場を駆け回る。アスレチックには目に付く片端からよじのぼり、滑りおりて、大騒ぎ。なんとも・・・健やかな人たちか。

 山岳写真隊の皆さんの気持ちが1ミリだけ分ったのは、「カメラ(と日傘)を持って一緒に上って行くのは大変だ!」という当たり前の事実。
 けれども、そんなことは後から思ったことで、あれだけ弾けた笑顔をずっと見つめていると、何故かハッピー過ぎて感極まってきそう気分にさえなる。気づくと300枚を超えて撮影をしていた。カメラは、ほんの数日前に箱からやっと出した、半年以上も前に購入したSONYのαシリーズのデジタルカメラだ。簡単だから初ムービーにも挑戦。カメラ任せでも、お天気と被写体が抜群によかったので、気取りのない写真が沢山撮れた。何だかとてもしあわせ。


 遠足の締めには、我が自宅からそう離れていない「本当は教えたくなかったカフェ」を紹介する。
 若者よ、珈琲の味なんて本当にわかるのかい?そう思ったけれど「あぁ、この珈琲、抜群に美味しい~。ケーキ・・・・あぁ、うますぎる」とため息混じりに味わい尽くしている彼らを観ていると、何だかお腹がいっぱいになって「私のカフェ・ロールいる?」と半分、分けてあげた。あっという間に方々からフォークが伸びてくる。ふと、この屈託がなく個性的で、それでいて、とても協調的なこの人々との出会いも何かの人生の偶然であり、奇跡でもあったのだなと思う。
 
 先月くらいに「自宅をカフェみたいな心地よい空間に」という半年に一度、思い至っては断念する病気に再び掛かったので、ついつい学生に、「卒論のめどがついたら我が家で女子会を。。。」と言ってしまった。こちらは半分くらいの気持ちでも、あちらはかなり本気である。女子会の意味を理解しているのかいないのか、多分、男子も「A男じゃなくて、A子です~」と言って、どさくさに紛れて来そうな気配がする。

 昔は、よく女子たちを呼んでお鍋を囲んだものだ。今はもうこの大所帯が全員来たら入りきらないと思うけれど、慕って来る子に「いらっしゃい」なんて声をかけることが出来て、しかも、部屋に招いたら、「わたし、もう、ここに暮らしたいです!」なんて言われるほどの素敵部屋になったら・・・うしし・・・と、誇大妄想を抱きながら今夜も15分だけダンシャリをして腹筋をして寝ようと思うのだった。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<モノ・ヒト語り。 | top | 相棒、愛想をつかす。>>


comment

こんにちは。

Megさんが教え子の皆さんを愛おしいーと思っているのが
ブログからもこの写真からもよーくわかります!!

そしてこのお嬢さん方(♂含む)がMeg先生のこと
だーい好きというのも。

女子会楽しみですね。
美味しいお鍋を囲んでガールズトーク盛り上がってくださいね。
もちろん女装のボーイズも歓迎してあげてくださいね。
  1. 2011/11/22(Tue) 17:24:37 |
  2. URL |
  3. benimasa #-
  4. [ 編集 ]

benimasaさん、こんばんは!

コメントありがとうございます。

今夜もまたまた学生らと「課外実習」って言うんでしょうか、
地域に繰り出して遅く戻りました。

昨日、彼らはあんなにはしゃいでいた癖に、今日の講義では若干、ウダウダしてましたね~。
楽しい一日から急に現実が戻ったのは私も同じなのですが。
「せんせい、ぼく、足がもう筋肉痛です・・・
(あれだけはしゃげば当然じゃ!)」とか
「なんかぁ、冷たい風にあたってあたし、風邪ひいたみたいで
(自ら、上着を脱いでだよね?!)」とか
色々言ってましたが、みっちりと講義してやりました(笑)

>女子会楽しみですね。
>美味しいお鍋を囲んでガールズトーク盛り上がってくださいね。
>もちろん女装のボーイズも歓迎してあげてくださいね。

実は女装しなくても、端から女子に馴染むボーイズなんですけれどね。
そうそう、うちは男子のほうが家庭的なことを率先してやります。
遠足に手作りお弁当を作ってきましたからねー、男子君は。
反対に女子は場を仕切れて、意思決定も早いという特徴のチームです。

しっかし、この写真くらいの人々ならばまだ大丈夫そうですが、
マックスの人数になると外でご飯したあと、せいぜい、我が家ではお茶ですかね^^;

いずれにしても、この日は楽しい秋の想い出づくりが出来ました。

benimasaさんのお嬢さんが毎年、夏休みにはお友達を大勢連れて戻って来られて、
ご夫婦で最高のもてなしをされていますよね。あれを見ていて、なんて素敵なのだろうって思っていました。

私のゼミ生たちも、実はこの写真の少しご年長に見える社会人学生の女性(まるでそう見えませんが還暦です)をたいへん慕っており、この方が、学生の遠足のために色々ご尽力くださった模様。
当日も手作りパンをお持ちくださったり、魔法瓶いっぱいに美味しいお茶を用意してくださったりと。

私は実際、何もせず言われるまま行っただけですが、年齢も性別も世代を超えてお互いがひたすら
関わり合うことに「嬉しい・嬉しい」を発揮しあう様子を見ていたら、
何だかこの上なく幸せな気持ちになってしまったのでした^^
出会った親子連れの4分の3が、”お父さんとちびっこ”という組み合わせだったのも
現代育児の模様として一つの発見でした。
最後は、そのお父さんにちびっこも一緒に記念撮影を(笑)
  1. 2011/11/23(Wed) 00:46:58 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/1019-6d334f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。