風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

2012年始動 :: 2012/01/03(Tue)

 春雨の ひと日 ひと夜に 暖かく 柳桜も 色づきにけり

 「春雨に柳がいろづき桜の蕾がふらみ始めるようにゆっくりと運勢がひらけて参ります。何よりも今が大切な時期です・・・」

 初詣。この数年は、中学時代の親友と一緒に、近所にひっそりたたずむ小さな神社に出向いている。
 彼女は中学の頃、ギター部の一学年上の先輩だった人だ。だから、私のことを「めーちゃん「」と呼ぶ以外に、時々改まって「君ねー」と言ったりする。
 高校になって彼女は写真をはじめた。もともと芸術的なセンスがあった。少年のようだった当時の私を「めーちゃんを撮影したい」と言って彼女のモデルを務めたことまで思い出した。できあがった写真を観たとき、「なんだかな、このひと」と思うくらい、ちっとも良いモデルには見えなかった。けれど、それは確か、地方新聞だかのコンテストに入選したとのことだった。嬉しくはなかったけれど。思えばあれが「被写体」となる最初の体験と言える。


 お賽銭を入れて、それぞれに新しい年へのお祈りをする。
 そして、おみくじを引く段となると、友人の「この神社のおみくじの信頼性に対する疑義の申し立て」がはじまる。「ま、ま。お正月から神様の前でそんな悪口は・・・」と、私が笑いをこらえながらたしなめるのも、いつもどおり。そして、おみくじを引いたあとに、その内容に腹を立て、「なんやー!この、いちいち、くっついて来るいちゃもんは!!」と友人が神様の前で、さらに伸び伸びと悪態つくのも、いつもどおり。
 この歳になると、そういった気心知れた同士の「いつもどおりの」展開が、もう楽しくて仕方がない。
 
 私は今年も、昨年同様に「吉」を引いた。しかも文言まで昨年どおりである。この愛しき人生の禍福の両方が混ざった面白い一年にしよう。「頑張らないと知らないよ~」って感じが、かえって燃えるのであった。

 この数年は、ずっと「大吉」を引き続けた友人も珍しく「吉」を引いた。ただし、私と彼女では、内容の文言がちょっとずつ異なる。彼女のツッコミも一緒に再現(笑)
 ○失せ者。
  私:「出ないでしょう。」
  友人「出ず。探しても無駄です。(無駄ってか?探すのは私の自由や!)」
 ○お産。
  私:「お祈りすれば安し」
  友人:「あれこれと悩まずに産んでしまいなさい(え、何か悩む必要があんの?!」
 ○恋愛。
  私:「心素直に愛を告げ お祈りすれば結ばれます」
  友人:「良縁あり。ただし、その道は困難あり(これの、どこが良縁なん?!)」
 ○旅行。
  私:「お祈りをして出かけなさい」
  友人:「飛び立ってしまうがよい(逃避行か?!)」

 以上(笑)。

 初詣を済ませて、またいつものショッピングモールでお茶をする。ここで燃えたぎるように話し尽くすのもいつもどおり。いつもどおりではないのは、ちょっとずつ、この一年で互いに悩んだことや、抱えている課題が異なっていること。互いを見つめながら、助言を提示しあうときも年齢を重ねると少しずつ変わっていくものだ。
 ただただ、正攻法でまっすぐに直球を投げて来たという彼女が、そのアプローチ方法について模索を重ねつつある。翻って私は今、種々様々に求められる役割や、自分が成し遂げようとする目標との狭間でのバランスをあらゆる場面で図りかねている。それも模索する一年になるだろう。

 何はともあれ、お互いに健やかでいること。
 日もすっかり落ちた頃、やっと手をひらひらと振り合って別れた。そのときの友人は、あの中学の頃と、全く同じ屈託のない笑顔だった。そんなことが嬉しく思えた。

 元旦、二日の家族の記録は改めて。

 年賀状は何とか出せました。
 でも、大晦日を過ぎた朝方にようやく投函できた次第です。
 お年賀のおつきあいのある方々、新年のご挨拶が遅れてごめんなさい。



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<相互観察。 | top | keep on trying>>


comment

Megさん、あけましておめでとうございます。

さて、毎年この時期恒例のおみくじ談話。
なんと、Megさんは昨年と全く同じおみくじだったとか・・・!
それはそれで、すっごい確率ですよね。まさに、奇跡(笑)

>「頑張らないと知らないよ~」って感じ

要約すると、そういう内容だったのですね。
ただ、おみくじの作者的には、「全然頑張らなくてもメッチャいい結果になるからね(はぁと)」などとさすがにそこまでサービス良くは出来ないのでしょうね。
ヨサゲに見せかけて随所にトラップを仕掛けたり、悪く見せかけて実はご褒美が用意されていたりと、自分でも作ろうとしたらそういう文面にするはずだから(笑)

と言う僕は、今日、三嶋大社に初詣に行ってきました。
お詣り後、いつものように毎年同じ熊手を買って、おみくじを引きました。
結果は、「吉」。Megさんと同じですね(^^) 自分としても最も引きたかった運勢です。

ただね、内容的にはちょっとどうしたものかと・・・

毎年正月にその年の自分へのテーマを決めて、それを出来る限り気にしながら一年を過ごすのですが、今年の自分へのテーマは「攻め」にしました。
その「攻め」というのは「攻撃的になる」という意味ではなく、迷っていたり躊躇していたりするときに早めの一歩を踏み出そうとか、常に積極的な自分でいようとか、考えているばかりでなく行動に移そう!というものなのです。
そういうテーマを今年の自分に掲げました。

ところが、おみくじの冒頭に書かれていた言葉が「果報は寝て待て」だったんですよぅ(^^;
一つも「攻めるが吉」と書いてないどころか、攻めるなんて以ての外!と言わんばかりに、「急がば回れ」とか「焦りは禁物」だとか、こっちの考えをすっかり見透かされたかのような文面で、一生懸命に考えた今年のテーマにいきなりダメ出しをされてしまいました(笑)

いったい、僕はどうすれば良いのでしょうか・・・教えて、Meg様(ToT)

と言うわけで、今年もまた一年、お世話になります。
よろしくお願いいたします(^^)
  1. 2012/01/06(Fri) 20:48:01 |
  2. URL |
  3. akasaka #r5rhURPY
  4. [ 編集 ]

akasakaさん、あけましておめでとうございまーす!

私は先ほど帰宅しまして、今はジャンクフードをバリバリとちっこい怪獣のように食べています。
これからまだ一仕事なので奇妙なテンションですが(笑)楽しくお返事させて頂きます★

この季節にはakasakaさんと初詣とおみくじのお話をしなくちゃねっ。

>それはそれで、すっごい確率ですよね。まさに、奇跡(笑)

そうなんですか?(笑)
私は「この神社はひょっとして昨年のを使い回しておるのか?!」と一瞬、疑いましたが、
友人は毎年毎年、何だか味わいのある異なった内容のおみくじを引いています。
私は余程、自分が「現状はまだ続くよ、どこまでも。でも、時々楽しいよ」な運勢と闘うのだな
と覚悟しましたね(笑)

私はこの数年は、どことなく「大吉」を引きあてる気配はまるで感じないです。
「吉」くらいが一番、「あなた次第よ」って言われている気がして
新年としては「そうだな、やはりそうだ」と改めて思い至りましたね。

>ヨサゲに見せかけて随所にトラップを仕掛けたり、悪く見せかけて実はご褒美が用意されていたりと、
>自分でも作ろうとしたらそういう文面にするはずだから(笑)

何だか非常にakasakaさんの人柄が滲むおみくじになりそうで、面白いです(笑)
「自分で作るならば」って発想自体が新鮮でした。
そうですね、運勢は自分で作るものですね、本来^^

>毎年正月にその年の自分へのテーマを決めて、それを出来る限り気にしながら一年を過ごすのですが、
>今年の自分へのテーマは「攻め」にしました。

akasakaさんの昨年のテーマは何だったでしょう。
「攻め」か、それに近いような言葉を聞いたような記憶が・・・。
いつも「攻め」の印象だから。あとで読み直しますね(笑)

ふむふむ、で、

>「急がば回れ」とか「焦りは禁物」だとか、こっちの考えをすっかり見透かされたかのような文面で、
>一生懸命に考えた今年のテーマにいきなりダメ出しをされてしまいました(笑)

神様は、見透かしていましたか?(笑)

でも、懸命に「攻め」ても構わないのではないでしょうか。
だからと言ってすぐに成果に結びつかなくても焦ることはないよ、って言ってくれている気がします。
いいときも悪いときも努力はしておきなさいね。
そうすれば、次第に願いも目標も叶うでしょうってことで
しごくまっとうな道を説いているようですね。

というよりも、akasakaさんはどちらかと言えばアグレッシブな行動派と言いますか、
動いて運をつかみ取ると言いますが、私にはそういうイメージがもともと強いです。

実は私は「急がば回れ」「急いては事をし損じる」って新年のテーマに定めようかな?
って思っていたんですよ。でも、おみくじには「いつまでもさぼっていたら出遅れて、
良い成果は出せませ~ん!」みたいなことが書いてあるんですよぉー。

と言うことで、多分、私とakasakaさんのそれぞれが考えた「新年のテーマ」を交換すると、
それぞれに個々に引いたおみくじ内容とちょうど一致しそうですよね(笑)

何はともあれ、今年も一年、できれば楽しく参りましょう。
どうぞよろしくお願いします★☆★
  1. 2012/01/06(Fri) 23:35:18 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/1038-133d236b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。