風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

卒業まであと少し。 :: 2012/01/22(Sun)

 本屋に久々に立ち寄る機会があった。我が町では、まずまずの大型書店である。
 
 とある英語雑誌が置いてあれば買って帰ろうと、真っ先にレジに向かった。レジ横のパソコン前にいた若い女子スタッフに本の題名を伝えて書店に置いてあるかを尋ねる。パソコン検索すれば、商品が「あるかないか」が判るまでは30秒と見込んだ。無いと判れば長居する用事もない。
 ところが、探して欲しいと伝えると「えーーーーっと・・・」と言い出して、何故か宙を見つめている。その時点でもう良くない予感がする。隣にいた男子店員が、こちらも見ずに「検索したら?」と冷たそうに声だけかける。手を貸す気配がない。お客の前でその態度はいかなるものか。
 
 「あぁ・・」と言う彼女がパソコンキーボードを打つそのたどたどしい手つきや、要領を見ているうちに「絶対にこの子には見つけられないだろな」と確信する。結局、上司らしき男性がわざわざやってきた。検索画面を3つほどいじった挙げ句に「えーっと。うちには定期購読の雑誌は置いてないんで・・・お取り寄せでしたら来週以降の・・・」と悠長に言い出した。「いえ、もう結構です」と言ってしまう。インターネットで探し出せれば明日にも到着という昨今である。
 
 ところで、「しごとがしてある」という言い方があるらしい。さりげなく、”気の利いた工夫”がこらしてあること。その仕事の成果を受け取った人に「あぁ、助かったなぁ」とか「心が温まるなぁ」とか「なるほどなぁ」といった+αの気持ちを残すもの。たぶん、仕事への誇りや人間愛。そういった人と一緒に仕事したいと思うならば、自分がそんな人でいなくちゃいけないんだな。それが、新しいことを相互の力で生み出すための基礎力だと思う。

 ちなみに探していた本は、想像どおり、インターネットの検索で容易く注文出来るサービスが見つかった。人がわざわざ関わるサービスの意義は、ますます問われる時代だ。機械の隙間を人が埋める時代。だからこそ、人が十分に頼りになった時には謝意を伝えること。世の中のよい循環を願う。近頃は我が学生たちのためにそう願う。




  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<泣くのは早い。 | top | 相互観察。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/1040-8b0f9774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。