風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

5月を迎える。 :: 2012/04/30(Mon)

 幸いにしてまた新しい緑の季節が誰にも等しく巡ってくる。

 4月に出会ったささやかな「新しい何か」の箇条書き。仕事以外編

 ●自分のモノマネをする女の子。
 「先生の真似は超ウケます」と言われた。
 
 ●新しい座布団カバー、枕カバー、ランチョマット
  座布団カバーは4枚を洗濯しては使っていたが、買い換えに至っては10年弱ぶりと思われ、なんてこったい!家の数点の「布物」が新しくなるだけで、結構な程度に気分も一新。

Gw1  ●iPhone のボイスメモ機能+朗読
 ずいぶんと前に仕事で、とある公文書を声に出して読んでいる私の側にいた人物がうつらうつらしはじめて、「そんなに頭に入って来ない読み方でしょうか(苦笑)」と聴いてみると「いや、正直、声のトーンが居心地がいい」と言われて意外に思う。
 ふとした興味が沸いて「朗読」というのがしてみたくなった。「本読み」と言えば、記憶では小学生の頃。「好きな本を持ってきて同級生に聴かせる」という授業で、自分の番が来ると周囲がしんと静まりかえって聞き入ったことがあって、あれは「もしかして私って上手なのか?」と勘違いさせるのに十分だった。勘違いには早々に気づく訳だが、母も長く朗読ボランティアをしていたこともあり、ちょっとやってみたい気分になった。
 携帯のボイスメモ機能に短い小説を自由に録音してみる。誰も聴いちゃいない。ナレーターになった気分で心をこめて読む。

door  聞き直してたいそう驚いた。頼りなく、いまいち滑舌が微妙なか細い少年のような声が、一応は一生懸命に読んでいるが、何故なのか眠る前にこれを聴きなおしていると、ほんの3分くらいで眠くなるではないか。
 一方、「表現しながら読んでみる」行為自体は、意外にも楽しかったことと、その聞き直しには睡眠作用があることを発見。眠る前の習慣にちょっと続けてみようか。同時にこのアプリが実はとても優秀であることに今更気づく。もうボイスレコーダーなんて要らない!
 
 ●瞑想+ゆるゆるヨガ
 体育の女性教員の方に少しだけ教わっている。教訓は「呼吸もポーズも何もかも時間をかけてゆーーっくりと長くする」こと。その間、自身を外から見つめるらしい。ポーズを作ることは目的ではない。目的に達するという欲望からも離れる。自律神経がほぐれてくると自分の場合、ほろろんと涙がこぼれる。風のそよぐ音に耳を澄ませば自然と呼吸は深くなる。

 こうして書き連ねてみれば、それほど積極的に新規なものに出会おうと努力していない自分の日常も、今日と明日は全く違う一日であり、必ず新しい何かに出会っているという素敵な事実がわかる。退屈な人生なんてありませんね。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<お兄ちゃんという存在について。 | top | 他愛のない話。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/1063-4c837a3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。