風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

ゆらゆらしよう。巻き込まれよう。 :: 2012/10/04(Thu)

 今より、もっといろいろなことに積極的に、そして目標に近づく努力ができるような人になりたいな。

 と、平々凡々とした私はよく思う。
 「そう思っている」などと書いている間は、まずもって実現しないことも知っている。
 本屋で自己啓発本に手を伸ばしているうちは、何も変わらないのと同じだ。

 毎年、初詣で願うことは「目標達成!」よりは、「辛い試練も、最低でも、乗り越える努力ができる自分でありますように・・・」だ。自慢ではないが、ネガティブ思考を敷いて自己防衛をはかるタイプである。だから、似たタイプのひとを観ると、あらまぁ自分を眺めているようだ、と困ってしまう。反対に、どこまでも前向きな人には「ふつう」の精神状態であれば少々怖くて近づけない。でも、ごくごく希に「あのとき、どうして、あれほど思い切れたのだろう?」と後から思うときがある。

 『成長を伴う変化とは、嵐に巻き込まれたあとの状態を言う』

 今よりずっと”下っ端”だった頃、かつての同僚が多々の雑務や「はっきり言って何だか分らんぞ??」ということを、それでもやらねばいけない状況になったときに、「後から思えば、だいたいは、巻き込まれるような感じで成長してきた」と発言した。これに、たいそう感銘を受けたのだった。

 ラブ・ストーリーは突然に。人生を大きく変えるような物語も、自分だけで作り上げるのではなくて、嵐のように突然巻き込まれてゆくものかもしれない(よ?)。

 おまけ。
 「・・・という話を聞いて感動をしまして」と、嵐の格言を述べた当人に数年も経った頃に伝えたところ、
 「へー!それ、誰が言ったの??」と覚えてもいなかった。
 巻き込まれて成長していった人は、留まっていないということか。

 
 ゆ~らゆらと水草のように漂い、揺れている今の状態も、悪くなくて好き。
 すごい嵐に次に巻き込まれたくなるまで、「好き」だと、あちらこちらで思いながら生きよう。
 

  1. 未分類
  2. | comment:2
<<風は明日へ吹いてく。 | top | 後半戦はじめ。>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/10/12(Fri) 07:42:15 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

benimasaさん、コメントありがとうございました!

私は本日、一つだけ研究会報告を終えてよれよれと戻って参りました。
いやはや、無事に終わったので安堵です。

まだ締め切り飛ばし中や(:これは今夜ケリをつける予定です)
締め切り迫る!の仕事(来週には目処をつける・・・つけないとマズイ!:苦笑)
がありますが、まぁ、集中力も続かないので少しだけ休憩します。

少しパソコンにメールさせてくださいね★☆

めぐ
  1. 2012/10/13(Sat) 22:21:01 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。