風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

我が街と、冷蔵庫がいっぱいの奇跡。 :: 2012/11/24(Sat)

 ありふれて個性の薄い我が地方都市だと思っていたけれど、暮らしてみて6年。
 行きつけのカフェは、あちらこちらに出来た。
 都会ではないので、「わざわざ、そのカフェで過すために行く」くらいが楽しいものだ。

銀杏のなかで1 この季節は、お城まわりの紅葉の美しさは息をのむほど。
 そうした景色を慈しんだり、このまちの人たちと仕事を通して繋がってみると、なかなか味わい深い。
 どちらかと言えば、「何もないですね」と実際に暮らす人は内外で話すときは割と自嘲気味。それでも、多分嫌いではないのだろうと思う。

 高知にいるときは、弾けるほどのエネルギーで、我がまちを誇っていることが伝わってきた。一方、いまのまちの人たちは控えめ。
 面白いことに外からやってきた人たちは何か見つけようとして、何だか元気。
 根を下ろす、という覚悟ほどではなくとも「ご縁がありましたので」という気持ちで接近してみるものだ。いつか、この場所からまた旅立つときは来るかもしれないけれど。
 
 こんなわがまちの大学に、来月は大船渡から講演のためにお客様をお迎えの予定。
 ドキドキしつつ、「縁が繋がってゆく」この不思議な物語にときめいて。
 ++++

 大勢のきょうだいに育ったある学生が、合同演習のたびに、色々な焼き菓子を用意してきてくれる。「食事は誰かと一緒に食べるもの」らしく、一人分だけを用意することは殆どないらしい。この数年「共食」することが欠かせない営みになっている我が研究室では、彼女がコック長である。
 ホットケーキミックスを進呈したら、先日、上手にアレンジしてスコーンとジャムを持参してくれた。ジャムは手作りのアップルジャム。学生たちは、この日、感極まる出来事に遭遇したばかり(後日、記述)。どこを押されても「感激」ボタンに触れてしまう状況だ。歓喜のまま、スコーンにジャムを大量にのせる彼らにはもはや笑顔しかなかった。後で写真を見直してこう思うった。「日本一楽しそうなゼミだけれど、これでいいのだ」。

 自分が食卓に並べるものも記録してみることに。

ディップをのせてガーリックチーズソース

 つい数ヶ月前までは「あんたは、箱を冷やしているの?」と母がしみじみ言ったように、冷蔵庫のなかに無駄なものが殆ど入っていなかった。スーパーは必要最低限のものを買う場所だった。ましてお洒落な雑貨屋で、割高感のある”ブロッコリーにガーリックを加えたマヨネーズソース”だの、お店にだけ並んでいたらよろしいと思っていたチーズ・ドレッシングソースをわざわざ買ってみるなど、あり得なかった。
 日曜日の朝ご飯 
 何よりも、
 「料理を作り始めると無心になっている」ことに気づいて、
 かなりの頻度で作り置きに勤しんでいる。
 冷凍庫は常にストック品でいっぱいだ。
 せっかくなので、すべて写真に撮り収め、
 いつも救援物資を送ってくれる母にご報告。

 「驚きました。どうしちゃったの?!」

 その驚きぶりに、びっくりした娘であった(笑)

 写真は、ある日曜朝の手抜き朝ご飯。つまり前夜のものが半分。
 茄子のおみそ汁、炊き込みご飯と、温野菜をチーズドレッシングと手持ちのソースで和えて。
 甘い黒豆ちょこっと。
 綺麗なお箸は伯母ちゃんからの頂き物です。

  1. 未分類
  2. | comment:0
<<iPhoneから投稿 | top | 温かな匂い。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。