風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

一途に。 :: 2013/05/26(Sun)

 iPhoneを紛失した。
 まだ、一年と少ししか使っていなかったのに。

初夏1 先週、思うところあって、夕刻から夜にかけて日々「歩く」ことに励んでいた。Odaさん風に言えば「根性」のために。真横を駆け抜けてゆく足取りの軽いランナーの背中が眩しかったけれど、急に走ると、もう翌日は歩くこともままならぬ体力しか今の自分にはないだろう。それでも、iPhoneアプリで計測して9キロ以上の距離を、日々、てくてくと歩いていた。今思えば、駆られたように一途に歩いていた。

 「一途」である方法や対象は、ほかにも幾らもあった筈だけれど、とにかく懸命に歩いていた。その間に、そうなることは初めから決まっていたかのように、忽然と「彼女」は姿を消した。折り返し地点で、彼女が画面上のアプリで示していた「55分」を見つめたのが最後の別離であった。
 彼女は警察にも届かず、検索機能にもひっかからなかった。翌日の朝、早々に開通を止めた。
 以前から、幾つか不具合な現象が増え続けていた。イヤホンジャックにイヤホンが入らない、入力切り替えが、どうやっても速度が上がらない。挙げ句、アラームは、かけた2分前に鳴り始めていた。これほど具合の悪さを訴えているのに病院(アップルストア)にも連れてゆかずに、だましだまし使ってやろうとしていた私に愛想を尽かしても無理はない。

初夏2 そんなこんなで最新機種を手にすることになってしまった。この後、また面倒が待っていたが、新しいものは何につけて気持ちはよい。偶然にも、先日注文していたApple TVも届いた週末。
 それにしても、手持ちの様々な機器はどれも宝の持ち腐れだ。持っている能力の数パーセントしか発揮させていない。彼らを使いこなせれば、もっと暮らしが彩られることだろう。一方、モノが増える度に(モノだけではないかもしれない)自分の管理を超えたシンプルな暮らしから遠ざかっていくような気持ちにもなる。ちょっと新しいことにはトキめいたほうがいい。回避しようとする志向性も相変わらず強い。彼女が行方を眩ませたことは、災いを福にするまで、まぁ、頑張りたまえという事なのかもしれない。増え続けるケーブルの類にさえ、うんざりしても。
 コンディションが少しずつ戻るなか、絡まってしまった糸はもうそのままに。そこから、僅かにでもくぐり抜けてでも前にゆこう。そうした気持ちを求めて、ただ淡々と当面は歩こう。

 折しも、OdaさんがソニーのCMのために書き下ろした楽曲が、今夜限りフルバージョンで聴けるというので珍しく用意周到にテレビ前で待つ。キャッチフレーズは『この国の本能は、美しいに、一途だ』
 美しい映像と共にシンプルで、祈りのようにも聞こえる歌声が届いた。すっと。心を研ぎ澄まさせるような。息を止めて聴いた。

 「君がいるから・・・」

 隣人のこと、遠くに暮らす人のこと、思い出すな。 

  1. 未分類
  2. | comment:2
<<気まぐれに。 | top | 安心でないことと、希望と。>>


comment

9キロ、というのは結構な距離ですよ?
健脚自慢の人でも歩き通すには、ちょっと覚悟して出ないといけないでしょう。
「一途」にもホドがあります(笑)

それでも、ひたすらに歩くという行為は(ジョギングもそうですけれど)いいですね。
何がいいかって、足を運べば間違いなく前に進むということ。
他のスポーツと違って、逆転されることも振り出しに戻ることもないというところ。
努力に結果が比例して、裏切られないから。

SONYのコマーシャル、私も見ました。美しいCMでしたね。

>祈りのようにもきこえる歌声

映像は和の風景ですが、小田さんのあの曲はまるで賛美歌のようだと思いました。
かつてクリスマスの約束で早稲田のグリークラブが歌った「この道を行く」に少し感じが似てますね。

4Kテレビという商品には懐疑的ですが、あのCMは素晴らしい。
あ、Apple TVは私も欲しいです。
  1. 2013/05/28(Tue) 13:20:57 |
  2. URL |
  3. nanori #jnRiruIs
  4. [ 編集 ]

nanoriさん、こんばんは。

お返事すこし遅くなりました。
コメント、たいへんに嬉しかったです♪
なぜならば、私はnanoriさんがジョギングをされていることや
その理由に触れられていたとき、とても共感していて、
この記事を書いたときも、そのことをずっと思い出していましたので。

>足を運べば間違いなく前に進むということ。
>他のスポーツと違って、逆転されることも振り出しに戻ることもないというところ。
>努力に結果が比例して、裏切られないから。

何故、自分が一生懸命に「歩く」ことを始めたのか
説明をして頂いたような気持ちになりました。
今の私は、ただただ足を前に出す練習ですね。

実は、iPhoneを紛失した直後は、絶望的な気分で
その9キロ超えの距離をまた戻って探しに行きました。
散々歩いたあとの自転車が重いったらなくて・・・(苦笑)
しかも、橋を二つも超えるアップダウンの激しいコースで、自転車のほうがしんどいという。
もうちょっと現実的なウォーキングをしようって、そのとき思いました(笑)

それにしても、生活のなかで確実に歩く「時間」を天引きするのって、
なかなか難しくて、実は職場~自宅までの道のりを
靴を履き替えて歩いているのですが・・・。
nanoriさんもお忙しそうなお仕事のなか、どういった工夫をされているのでしょう。

>映像は和の風景ですが、小田さんのあの曲はまるで賛美歌のようだと思いました。

あぁ、これも同じです!
私も聖歌を思い出す、と知人に向けて感想をメールしました。
「間」(余白)を感じてほしい、と珍しく小田さんが楽曲について説明されていましたね。
静かな湖に、一つの音、一つの声が降ってくる。
一層、静寂の美しさが際だつような、そんな「天の声」に私は聞こえましたが。

「この道を行く」は、小田さんがいつの年だったか、 Life Sizeの終盤に、
小田さんが一人で淡々と弾き語りをしているバージョンがこよなく好きな私です^^
  1. 2013/05/30(Thu) 19:19:11 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。