風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

気まぐれに。 :: 2013/12/08(Sun)

 11月とある日2あれが終われば、これにケリがつけば。もう少し心やからだが波に乗り切れたら。
 そんな素晴らしく完璧な日は、待っていても、まずはやっては来ない。日々、言葉はあふれてくるけれど、こうした場所に刻むことばは何がふさわしいのかちょっと分らなくなる。それでも、気まぐれというきっかけに乗る。
 
 先日、整形外科に行った。ほとんど掛かった経験がない場所だ。朝、起きると右の中指間接が赤く腫れあがってウィンナーのようであった。やたら痛いし。とくに負荷をかけた訳でもないのに、なんじゃ、これは。
 これまでは、明らかに「あの時に負担がかかった」と自覚した上で痛みがあっても放っておいた。すると、半年くらい痛みが残ったり、治っても間接が太くなったり、カクカクした違和感を残したままになったりした。
 
11月とある日 何でもない日も「想い出」という目印に撮っておく。これからも続くのだろう。

 
 人の手や指は、そのひとの人生を色々な面から映すものなのだろうなぁ。
 
 ところで、診療時間外であったにもかかわらず対応してくれたのはとても温厚そうな話し方ではあるが、とぼけた、おじちゃん先生だった。
 
 「寝ている間にぶっつけたんと、ちゃうんかぁ?」
 「一応、検査だけしとこや。な?レントゲンとリウマチの・・・ほれ、あれ。・・・おーい、○○さーん、血はどんだけ採るんやっっけ?チェック項目は、あれと何やったかいな?」
 「あんた、細いけど採血、大丈夫?」(一体、どれだけ大量に採血するのかと思った。)
 「湿布はしといてな。固定されるし。え?_パソコン使っていいか?あかん。片手で打って。」

 レントゲンで骨に異常なしと聴いたのでもう半分は平気な気がして、助言はまったく守らず、湿布をしたままパソコンで大量のレポート添削をした。ストレス解消に、ギターのアルペジオ早弾きを練習してみる。ギターは問題外だが、指を固定していたほうが、キーボード打ちは負担が軽くなる気がする。

 原因不明で痛む指を見つめて憂鬱になった朝から三日目、すでに腫れはおおむね引いている模様。おそらく「寝ている間にどっかぶっつけた」んであろう。
 ちなみに診療時間より半時間も遅れて赴いたため、「預かり金」なるものを5千円置いて帰った。電話で検査結果を尋ねる案は却下。また今週、あの先生に会いに行く。「何も問題ありませんね」という一言を確認し、レントゲン+血液検査の代金を支払うのだ。
 

  1. 未分類
  2. | comment:0
<<あたためよう。 | top | 一途に。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。