風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

クリスマスイブ。 :: 2008/12/24(Wed)

 先だって、大阪ライブに赴いた翌日は心斎橋で待ち合わせてアメ村あたりを少しだけぶらりとする。
 もう何年も来た記憶がないけれど、さして変わった様子はないようだ。むしろ活気は薄れているような気もした。今は、若者たちの居場所も、もう少し広範囲に分散しているのだろう。かつては、アメ村と言えば、若者のサブカルチャーの発祥地、混沌とした喧噪、個性的なファッションに身を包んだ若者のたち、とにかくディープな印象があり、何となくその界隈を歩くのであれば普通の格好では雰囲気に負けるような思いこみさえあった。でも、何時頃からか、ともすればそんな排他的な印象は薄れ、新たに出来たファッションビルにあった映画館に、母を伴って出向いたりもした。

 久々に来てみても別段、何て言うこともない。自分が十分過ぎるほどに大人になったせいか、普段から大勢の若者(割と地味な学生ではあるけれど)を相手にしているせいか、ひょっとすると前日ライブの5万人の大群の迫力を実感したせいか、突飛なファッションの若者たちを見ても、店から流されるちょっとやかましい音楽が聞こえても、気後れするようなこともない。 
 むしろ、ちょっと離れたあの近辺の百貨店の周辺をぐるり歩けば、それなりのお金を注いだファッションに身を包む20代後半から50代くらいの女性たちに巡り会える。そういった人々を見ると、あぁ、自分が暮らす街とは、そこが違うんだなぁと実感するのだ。

 私が一番最初にアメ村に行ったのは、確か高校1年くらいの頃だ。当時、放課後になると、自宅から近所の図書館に通っていた。そこで、学校の宿題なんかをしていた私は、やがて毎日、同じテーブルで出会う青年に気付いた。我々はだいたい、夕方から閉館近くまで居た。しばらくして、閉館を告げる音楽が流れ出す頃、私たちは少しだけ口を効くようになった。ある日、私が、持っていたキャンディを「食べる?」と言って差し出した。
 その青年が、はじめてアメリカ村に連れていってくれたのだ。二つ歳上だった。そのときのアメ村の印象が、「ちょっと物騒で、大人な感じ」だったのだから笑える。彼はアーミー・ファッションを好んでいたようで、そんなお店にいきなり連れて行かれたせいもある。
 その彼とは知人以上の関係には至らなかった。そもそも、私に、あまりそういう気持ちはなかった。ただ、スケートにも連れて行って貰った。彼は、小さい頃から父親の影響でスピードスケートをしているらしかった。「弟のほうが勉強もスケートも優秀だから、おやじは弟びいきなんだよ」と言っていた。ちょっと淋しそうな印象だった。彼はきっと、いい人だったのではないかと思う。
 一緒に何処かに出かけたのはその二回きりだったと思う。もしかすると、だ。私の若気の至りで、好意を寄せてくれた彼の気持ちを、ちょっとだけ振り回したのではないかと、ほろ苦く思い出された。

クリスマスの約束を観ましょう! 小田さんがご当地紀行で、「ボクが初めてデートしたのは、ここじゃないかと思います・・・照れくさいですな・・えへへ」と、ご当地紀行で訪れた、とある動物園で話していた。小田さんの初デートと言えば、恐らくは40年くらい前の話なわけで、それでもやっぱり恥ずかしいんだなと微笑ましく思う。
 
 今夜は、クリスマスイブ。
 授業はようやく終了した。まだ今年を振り返るゆとりはない。最後の最後になって懸命に走っている。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<ただいま大掃除、の逃避中。 | top | さよならは言わない。>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/12/25(Thu) 16:06:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

メリークリスマース
今日のクリスマスはどのようにお過ごしですか?仕事かな?
僕は一日だらだらしてて、その割りには今はもう眠いです。

>持っていたキャンディを「食べる?」と言って差し出した。

アメちゃんで誘ったらお礼にアメ村なんですね。なるほどぉ(笑)
さすが大阪人ですよね(笑)

で、そのアメ村というのはアメリカ村のことですか?
名前しか知りませんが、アメリカっぽい何かがあるのでしょうね。
ちなみに、東京のアメ横は「アメリカ横町」ではないです。

>スケートにも連れて行って貰った。

へぇ~、スケートなんてロマンチックじゃないですか。
実は先日あるスケートリンクに行って来まして、明日もそこに行って撮影するんですが、若いカップルが多かったですよ。
ただ、基本的に皆、下手でした(笑)
僕は若い頃は浅田真央並にスイスイ滑れましたからね、下手なカップルを見るとつい指導してやりたくなります。
だけど、下手なカップルほど仲が良さそうなので、それはそれで羨ましいいです(笑)

Megさんもきっと下手だったのでしょうね。それで、そのスケートが得意の彼に手を引かれて仲良く滑っていたのでしょうね。
転んでお尻を強打したりなんかすると、彼は優しくそこを撫でてくれたりしたんじゃないですか?(笑)

>好意を寄せてくれた彼の気持ちを、ちょっとだけ振り回したのではないかと

あぁ、そうか。手を取って滑ったり、転びそうになったときにキャーとか言いながら彼に抱きついたりしてその気にさせてしまったのですね。
おまけに、一度転んだらツルツル滑って立てなくなって、彼に抱っこされたりしたんでしょうね。
・・・そんなことをされたら男はイチコロですよ。これからは気を付けましょうね。

>ボクが初めてデートしたのは、ここじゃないかと思います

初めてデートした場所って憶えているものなのですね。
僕はどこだったっけかな?たぶん、名古屋に映画を観に行って、その後に初めてマクドナルドに行ったような気がします。
映画は、チャールトン・ヘストン主演の「十戒」でした。モーゼの物語です。
4時間の超大作でしたが、それを観ている間、彼女の手をずっと握っていたかったのですが、恥ずかしくて何も出来なかった十五の春でした。
  1. 2008/12/25(Thu) 21:40:19 |
  2. URL |
  3. akasaka #r5rhURPY
  4. [ 編集 ]

鍵コメちゃん、こんばんは^^

いやはや、慌ただしい時間を過ごしていた
私のクリスマスイブに素敵なプレゼントをありがとう!
これで、来年も、うちのリビングのある一画だけには
素敵空間を持つことができます(*^^*)
印刷が昨年、一昨年に比べると一層綺麗に見えたのだけれど
プリンターを変えたりしたのかしら??

鍵コメちゃんは、年末はお忙しいようですね^^
おうちで思い切り酔っぱらっても、ひとりじゃなくて
「あらあら、この子ったら・・・」って見守ってくれる人がいるので安心だよね。
私はそういえば忘年会に一度も出ていないですねぇ。
つい先日ある方々に誘って貰ったときには、
小田さんのライブに行っちゃったんです・・・。

私のクリスマスはあの夜と、今夜の11時半から放送される
「クリスマスの約束」を観るので十分なんです♪
  1. 2008/12/25(Thu) 21:56:03 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

akasakaさん、Merry christmas!

今年は、クリスマスに替わる華やか気分を先日の小田さんのライブでちょっと早めに満喫してしまいました・・^^ライブの前後は授業やら調査やらと忙しく、世間的なクリスマスのノリにはもう全く着いていけませんでした・・・。

こんな私にわざわざ今年も変わらずカードをくれたり、メッセージを送ってくれた友達には心から感謝。来年は、自分もそういう人でありたい、です。
今夜はケーキもチキンもないけれど、今夜放送の小田さんの「クリスマスの約束」を楽しみに待っているところですね♪

>アメちゃんで誘ったらお礼にアメ村なんですね。なるほどぉ(笑)

いやいや(笑)私が持っていたのは、アメちゃんじゃなくて、
あくまで「キャンディ」です。
何が違うって??
そんなことは、自分でよく考えなさい!(笑)

>そのアメ村というのはアメリカ村のことですか?
名前しか知りませんが、アメリカっぽい何かがあるのでしょうね。

アメ村とは、心斎橋にあるアメリカ村のことですね。
アメリカっぽい何かがあるか・・・と言われれば、そうですね、ある壁面にアメリカっぽい落書きがあるのが有名ではありますが、ひょっとすると大タコ入りのたこ焼き屋のほうが有名かもね(笑)

>Megさんもきっと下手だったのでしょうね。それで、そのスケートが得意の彼に手を引かれて仲良く滑っていたのでしょうね。

えっとですね。私が初めてスケートに出向いたのは中学の遠足の時でした。
それまで、一度も行ったことがなかったんです。
親が連れて行こうとも思わなかったようで・・・クラスで「行ったことない人いますか?」って先生が問いかけたときに手を挙げたのが私しかいなかった、ということをはっきり覚えています。

でもね!私ってやはり運動神経が抜群にいいんですね。
ただの一度も転んだりしませんでしたよ?それまでローラースケートはすいすい滑っていましたからね^^
同級生がステンとコケたりする間を初めてにもかかわらず、大喜びでスイスイ滑っていました。
したがいまして、高校になってから行っても同じことです。
人の手を借りる必要なんて、なかったですね。

でも、その彼は勝手知ったるスケートリンクで、思い切りいいとこ見せたかったのだろうと、と思います。すってんころりんの私に手をさしのべたりしたかったかもしれません。・・・うーん。ひょっとすると一回、いや二回くらいは、可愛らしくその手を貸して貰ったかも(笑)

>転んでお尻を強打したりなんかすると、彼は優しくそこを撫でてくれたりしたんじゃないですか?(笑)
>転びそうになったときにキャーとか言いながら彼に抱きついたり
>一度転んだらツルツル滑って立てなくなって、彼に抱っこされたりしたんでしょうね。

なるほど。それが男子(って言うかakasakaさん)の暴走して止まらない妄想なわけですね!!(笑)
あーあ。私は、当時全くそういうタイプの女子ではなかったんですよ(今もたぶん)。
でもね、そんな風に周りから観たらただのアホみたいに
きゃーきゃーはしゃいだりするのも一度はやってみる価値はありますね・・・バカップルってやつですね(*^^*)

>4時間の超大作でしたが、それを観ている間、彼女の手をずっと握っていたかったのですが、恥ずかしくて何も出来なかった十五の春でした。

手も握れなかった・・・素敵な思い出じゃないですか^^
そんな初々しい時代もあったのですねぇ。
でもね、精神的には今も当時とそんなに変わってはいないんでしょうね、akasakaさんって(笑)
  1. 2008/12/25(Thu) 22:16:54 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/574-9de4add5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。