風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

スーピー君のいびき。 :: 2009/01/18(Sun)

 ようやく終わった入試業務。

 もう、足も腰も、首も肩もごりごり凝って、頭痛もピークで帰宅する。ただ黙って、監督しているだけなのに、何故にここまで体がボロボロになるのだろう。女子手洗いで、少し年長の方々が「お金はいらない。お休みがほしい~っ」と言い合っていた。とても同感。金曜も遅くまで働いて、土日の2日、監督業務をした人が月曜の午前中から会議・・・なんて働き方は一時的に乗り越えられても、持続可能な働き方と思えない。

 さて、今年の受験生たちの様子。ほかにすることがないので自ずと観察眼が増してゆく。今年は、鉛筆やけしごむ、鉛筆削り、答案用紙、色々なものを試験中に落っことしていた。さっぱり理由は分からないけれど、今までで一番「床に落っこちたものを拾ってあげる」仕事が多かった。昨年は、必ず終わり10分前になると、毎回手を上げて「トイレに行きたい」という男子がいたっけ。
 今年の一番主を私は「すーぴー君」と名付けた。ちょうどお昼ご飯を食べた3科目目だっただろうか。椅子に座った私の目前で、試験開始後10分も経たないうちに、スーピーと気持ちよさげな寝息を立ててお眠りになった、ちょっとふくよかな男子生徒。解答用紙は見たところまだ真っ白。同時に、すーぴー君の寝息は、もうちょっとで「イビキ」に届きそうな音量でハラハラした。どのあたりまで大きくなったら、注意喚起をすべきか実際、かなり迷った。そうこうしているうちに、彼はむっくりと目を覚まし、おもむろに問題を解きはじめたが、どうやっても眠いらしく、寝たり起きたりしていた。

 それにしても、毎年、毎年、受験生たちの監督者、あるいは周辺の人々に対する「クレーム」内容は微細に渡る。たとえば隣の生徒が持ってきた時計の音が響いて気に障る。監督者が見回りで歩き回るときには、足音は消してほしい。本日はじめて聞いたのは、受験者状況報告の用紙を取りに来る人が廊下を遠くから「ひたひた」歩いてくるのが気になる。などなど。気にしないでねとしか言いようがないが、すべて厳重注意として休み時間に我々には神妙なる呼びかけがあるのだ。

ふたりで歩く。 それを聞いていた私が、側にいたオトモダチの哲学ガールに、「じゃさ、もう、歩くときは床から浮くしかないよね」と言ってみると、厳粛な場だっただけに、余計おかしかったらしく「それ、見ちゃった子のパニックぶりには責任持てないよね!(笑)」と笑い出した。「でもね、ほら。私みたいのだと霞を食って生きてるって感じでしょ?ちょっとくらい浮いてても違和感ないかも?」と私。「あー、言えてるぅ!!きゃはは」とか何とか、そんなアホな話の一つや二つして、笑っておかないともう夜まで精神力は保たない我々だった。
 帰宅時、頭が割れるように痛かった。哲学ガールには「あなたのお隣のお店で、パスタとチーズケーキ食べて帰りたーい!」と言われたが、とてもおつきあいできず、残念だった。
 
 みなさま、本当に、本当に今年もおつかれさまでした!と言っても、これからが入試シーズンの到来です。年度末に倒れないように、上手に生きましょう。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<自己責任。 | top | 理由なき>>


comment

Megさん、こんばんは。

なにはともあれ、お疲れ様でした。
Megさんの職業に関する内容については出来る限り触れないようにしてきましたし、これからもそうするつもりではいるのですが、我が家にも来年、センター試験を受ける者がおりますので、ちょっとだけコメントさせてくださいね。

今朝の朝刊に、昨日の試験の問題が記載されていました。
明日は今日のが載ると思いますけれど、僕は興味があるので毎年、少しだけ問題に挑戦してみるんです。
まぁ、ほとんど出来ませんが(笑)

で、そのセンター試験の話題を夕食のときにしてみました、息子にね。
ちょうど、昨年の期末試験で飛躍的に成績が伸びたらしい「世界史」があったので、問題を読み上げてみたんです。
すると息子は、一言「(俺に)訊くな!」でした(笑)

なに?そのやる気の無さは!
まるで、Megさんの今回の記事にある「スーピー君」並じゃんねぇ。
どうしたらいいですか?こういうときは!?
ちなみに、以前、息子に「将来、どういう職業に就きたいんだ?」と訊ねたことがあるんですが、そのときに息子は「えーっと、最初の文字が『ニ』で、最後の文字が『ト』、全部で3文字」と答えました。

え?なんだろうなぁ??と考えていると、「答えは『ニート』でした」と笑ってました。
でも、本気っぽい感じもしました・・・。

そういうのは困るんです。
どうしたらいいと思いますか?(ToT)

ところで、

>じゃさ、もう、歩くときは床から浮くしかないよね

なるほどぉ、だから今夜は、ぱっと見、意味不明なブーツの抜け殻みたいな写真なんですね?
でも、これは床から浮いていると言うより透明人間ですよね(笑)
しかも、CGが発達していないころの何十年も前の古い映画に登場するような透明人間(笑)

それはともかく、頭痛だそうですから、今夜はぐっすり眠って下さいね。
では、おやすみなさい。
  1. 2009/01/18(Sun) 21:45:06 |
  2. URL |
  3. akasaka #r5rhURPY
  4. [ 編集 ]

akasakaさん、こんばんは。

頭痛も薬を飲んだら少し治まってきました。
典型的な血流の滞りですね。

先日、お嬢さんが成人したかと思えば、今度は坊ちゃんが大学入試ですか!
それなのに、おっとさんの精神年齢は7歳だんだもんなぁ・・・
あ、27歳だったかな?(笑)

>僕は興味があるので毎年、少しだけ問題に挑戦してみるんです。
>まぁ、ほとんど出来ませんが(笑)

今日は、理科や数学でしたから是非、明日やってみてくださいね^^
ちなみに、私は超文系なので問題を見もしませんでしたけれど・・・(笑)

>昨年の期末試験で飛躍的に成績が伸びたらしい「世界史」があったので、問題を読み上げてみたんです。
>すると息子は、一言「(俺に)訊くな!」でした(笑)

こうゆうときは、どうしたらいいかって??さぁ・・・(笑)
大学4年くらいになって私がインタビューする機会があれば、
きっと上手く聞き出せると思うのですが(笑)

別にやる気がない訳じゃない、とは思うんですよ。
ただ、高校2年生くらいの多感な年頃の男子がですよ、一般的に
「これはね、お父さん。ボクが思うにさぁ、あーで、こーで・・こうなんじゃないかな!(きらりーん★)」なんて絶対に親しげに話しませんよ、普通は。
だから、とてもフツーの現象ですね(笑)

>息子に「将来、どういう職業に就きたいんだ?」と訊ねたことがあるんですが、そのときに息子は「えーっと、最初の文字が『ニ』で、最後の文字が『ト』、全部で3文字」と答えました。

なんかね、そのユーモラスな答え方って言うんですか?
まさにakasaka2世の血筋って言うんでしょうか、
そう思わずにいられません(笑)
二人は、とても似ているんじゃないでしょうか。
要するに「まだ何になりたいのか、見つけられない」ってメッセージはちゃんと伝わりますよね^^
深刻に言うんじゃなくて、彼なりにお父さんを苦くかもしれないけれど、笑わせるような言い方を採るあたり可愛いじゃないですか。

以前に何度も書きましたけれど、私が延々と学生生活やっていて、一体何時自立の目処がつくんだろうと思っていた頃、ふっと母が「めーちゃん?○歳までに出てってね」ってサラリと言った・・・ですよ!(笑)
母性ってのはね、一般的に「すべてを包含」すると言われるわけですが、その象徴のようだった母が「出てってね」と笑顔で言った言葉は強烈だったようで、
まるですり込みされたようにインプットされて、その言葉通りになりました。
と言うわけで、まだまだ心が柔らかいうちに、親御さんは意外なあの手、この手で子どもをその気にさせてみましょう!って言っても子どもは親が想う通りになんて、絶対になりませんが・・影響は受けるのです、良きにつけ悪しきにつけ(笑)
子育てはギャンブルです・・・(と誰かが言いました)。

うーん。それにしても、akasaka2世が来年度はもう
私の学生みたいな年齢になるんだなぁ・・・この間、中学生の頃の写真を観た気がするのに!なんてこった!!(笑)

>だから今夜は、ぱっと見、意味不明なブーツの抜け殻みたいな写真なんですね?

そーです、これが「ひたひた歩く」にぴったりの写真だと思って(笑)
ってゆうか、これ、物語風に撮ろうとしたけれど、むちゃくちゃ難しくって。
何度も電気つけたり、消したり、消したり、つけたりしてね。
次回、またアイディアを変えて再挑戦します!
  1. 2009/01/18(Sun) 22:15:10 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/591-c8386b7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。