風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

キミは空を見ているか。 :: 2009/02/21(Sat)

 夕暮れにバスから観る夕空や、夜の素朴な街灯りが好きだ。
 でも、この頃そんなことを少し忘れていた。好きな筈の音楽を聴いても、あまり胸に響いて来なかった。頭のなかが「少しも空っぽでない」状態だったから、かもしれない。

 昨日、卒論発表会と追いコンが同時に終了した。
 我がゼミでは、土壇場になるまで頭を抱えた。前日に、読み上げ原稿のたたき台を具体的に提案しておいた筈なのに、その夜は全く練習もしなかったのだろうか。当日の1時間ほど前にリハーサル原稿を読むのを聞いたときは、絶望的な気分になった。時間も大幅にオーバーだし、何より他人の難解な原稿を、意味も分からずに読んでるかのように呂律が全く回っていない。
 もう何も言わずに、さくさくと原稿を修正して手渡す。『あなたの研究なのだから、よく頭で咀嚼して、絶対に人に伝えるつもりで落ち着いてスピーチすることだけを考えなさい。あと、単語の子音をはっきり発音!』と助言し、後は自助努力に任せた。とは言え、その間にレジュメ印刷を替わってしてやるなど、最後まで実際は相当なる過保護ぶりではあった。
 プロはどんな時も、本番では最低でも80点を取る。アマチュアは火事場の馬鹿力で、時に本番では、普段の120%の実力を発揮するとの話は聞いていたけれど、まさにそのとおり。本番でスピーチする姿は、まるで別人かと思うほど、歯切れ良く自信に満ちたものだった。やれやれ、よほど自分の学会報告のほうが気楽だ。ベテラン教員はきっと百戦錬磨なのだろうけれど、私はまだまだ指導した学生が発表するのを見守るほど、祈るような気持ちになることはない。

 学生も教員も互いの「修羅場」を越えて迎えるその夜の送別会の頃には、正直もう心身消耗も著しい。求められる挨拶は手短に、少しは笑いを取って・・・間違っても綿々と思い出話などしないで、と思っていても、4年生はもうすっかり感傷と感動のまっただ中に居る。4年間を振り返っての涙、涙の感謝の言葉を浴びせられると、もう弱った感情は、ぐらぐらになってしまうのであった。
 ゆうべは、さまざまな想いが過ぎり何だか、なかなか寝付けなかった。

ショートブーツを買ったのは久しぶり。 今日はまた土曜だと言うのに大学に出向く。昨日の発表会に必要だった幾つかの機材類を教務でレンタルしたのだけれど、始まる前の慌ただしさと、終わった直後の会議などに追われまくって、会場となった教室に片づけた機材一色を置いて来てしまったからだ。万が一、盗難などで失われてしまうと責任問題となる。仕方がないのでしぶしぶ出向いて、鍵のかかる研究室に物を引き上げた。
 辛い・しんどい・辛い・しんどいが繰り返されて、「あぁ、よかった・・・」「本当によかった」が時々あり、そしてまた、同じことが何度も繰り返されてゆく。

 来年の今頃、一体自分はどんな気持ちでいるだろうと、久しぶりに研究室を出たあと、キャンパスから夕空を見上げた。すると、ようやく純粋にどこか平和で感傷的な気分がようやく満ちて来るのだった。

 車庫に行く・・・の巻

 私が乗るべきは45分のバス。
 ところが、紛らわしいことに1分違いの44分のバスがやってきたので間違えて乗りこんでしまった。
 久しぶりに音楽に身を委ねて、いささかぼんやりしていると、そこは見知らぬ風景。お隣も、そのお隣もなぜかバスが並ぶ。
 
 イヤホンを外すと、運転手が不自然に大きな声で独り言を言っている。この土地の運転手って、どうしてあんなにひとりごとが大きいんだろう・・・・「ん??あれ?」
 
 「あの!!」と我にかえって立ち上がり、声をかけると、異様に驚いた風の運転手が振り向く。
 「あの!ここはひょっとして○○駅の車庫ですか?」
 
 「あー、びっくりしたやん。乗ってたん?全然知らんかった。車庫、車庫!ここは」
 「あらまぁ・・・(嘆き)。大学行きかと思って間違えました。」
 「それは、1分後やがな。今やったら走ったら間に合うんちゃうか?いや、どやろな(苦笑)」

 「・・・・」

 タクシーを使うほど急いではいない。次のバスまでの半時間をファーストフード店でコーヒーを飲みながら、持って来た非常勤先のレポートを基に成績をつけながら時間を潰した。
 
 先日はもっと致命的だった。

 飛行場を間違えた 
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<ごろごろする日。 | top | 旧友再会(高知編)>>


comment

こんばんは、Megさん♪

お仕事大変そうですね・・・疲労困憊の様子を拝読するに
華奢なMegさんが倒れるのではないかと心配になります。

ところで高知にいらしてたのですね!
お会いしたかったです~残念
またいつか会える日を楽しみにしています♪
  1. 2009/02/22(Sun) 18:06:04 |
  2. URL |
  3. はちきん #9Whxxgu2
  4. [ 編集 ]

はちきんさん、こんにちは。

ちょうど今、高知新阪急ホテルに滞在した時のレポートを書いていました(笑)
ちょっと、いいお部屋が取れたので、あれは居心地よかったなぁと回想していました。
そちらに暮らしている時は、新年会や謝恩会などでよく利用したのですが
宿泊の機会は初めてでした。
そんな訳で私は先日、3日間ずっと市内に居たんですよ^^
はちきんさんなら、私を見かけたら絶対におわかりになりますよね(*^^*)
友達曰く、私はもうブログで見かけるまんまらしいので。

きっとまた行く機会があると思いますので、そのときはお声がけしますね。
お上手で美しい高知の風景写真のなかの遠くのほうに
「帽子のおんな1」とか「傘さす女2」とかのエキストラとして登場させて頂いたら光栄だなぁ・・・(笑)
  1. 2009/02/22(Sun) 18:57:59 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

飛行場を間違えた?
やることがデカイよ、Megちゃん!(笑)
私だったらパニくって動けなくなるかも^^;;

新しいショートブーツ、とても素敵です!
Satoさんとこで細かいとこまでハッキリ見たけど
ステッチの効かせ方がお洒落だよね!
どんな洋服に合わせて履くの?(難しそうなので質問です^^)

忙しい時を過ごしてるようだけど時々はじっくり休んでね。
気分が悪くなるほどゴロゴロはよくないかもしれないけど(苦笑)

夕空って帰りたい気持ちと帰りたくない気持ち、両方させてくれるよね!(結構乙女)
  1. 2009/02/25(Wed) 15:51:51 |
  2. URL |
  3. mico #aEmTB4nk
  4. [ 編集 ]

micoちゃん、こんばんは^^

>飛行場を間違えた?
>やることがデカイよ、Megちゃん!(笑)

一番最後に、控えめに薄~く書いたのに直球で反応ですね(笑)
でね、「間違えたの二度目やねん。。。」って言ったらのけぞる?(笑)

私も一瞬、真っ白になりましたよ。
相当、絶望的な気分になったけれど、まずは先方に電話。
事情を話してから空港で朝一の飛行機を取り直して、
次に大阪で泊まるホテルを予約。
行ったり来たりして無駄に疲れたけれど、何とか事なきを得ました。
海外だったらこんな事があったら大惨事だけれど、
高知と大阪ってかつては散々飛行機で行き来したので、ほとんど電車感覚に。
で、当時の名残で伊丹と関空を間違えましたの
(←全然、言い訳になっとらん)。
母に話したら「またぁ?あははは」って悠長に笑ってましたよ(「子育てに成功していない」母・・・)。

新しいブーツ観てくれてありがとう!
これは、絶対にmicoちゃん好みでもあるなって思いました(*^^*)
合わせ方??うーん、確かに難しいね。
この靴っていわゆるアンクル丈より、もうちょっと長いの。
買ったときは茶系の膝丈ワンピ+厚手タイツ+ベレーによく合っていたので気に入ったんだけれど。
最近は、濃いインディゴのバギー・ジーンズに合わせたりしています。
靴の甲しか見えないけれど、ブルーと黄色の組み合わせが好きだから^^

>夕空って帰りたい気持ちと帰りたくない気持ち、両方させてくれるよね!(結構乙女)

そうそう。
micoちゃんてなんて、上手いこと言うんだろうね・・・。
  1. 2009/02/25(Wed) 21:21:16 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/605-a79e7780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。