風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

あの人は今、どうしているのだろう。 :: 2009/02/28(Sat)

 「彼」はおもむろに、教室に入ってくるなり、黒板の端から端までを使って大きなぐねっと曲がった楕円を描いてみせた。
 『これはな、ミトコンドリアや!』と言ったのを聞いたのが、彼の第一声である。

 「彼」とは、私が中学2年の頃に出会った新任の理科教師だ。大学を出たばかりの正真正銘の新任教員。学生時代はラグビー部員だったらしく、がっしりとした身体つきだったけれど、心はガラスように繊細で純粋だった。明らかにそのやる気は何をしても常に空回りしていたし、最も多感で最も意地の悪い時代を過ごしているまっただ中の中学2年の女子たちには、これ以上ないほどにうっとうしがられた。正義と公正を貫こうとし、何か発言するたびに男子からの失笑と反感を買った。どうやっても生徒に気持ちが通じないとなると、あるときは教壇をひっくり返して教室を走り出してしまうことも一度となくあった。おやおや、どうしたことかと思って窓からグラウンドを見下ろすと、しょんぼりと三角座りをして膝に顔を埋める彼の姿。彼は、ベテラン教師に背中を叩かれながら、慰められていた。廊下で、中学2年の女子と本気で喧嘩していたのも度々見た。
 
 私としては「もう痛々しくて見てられないなぁ」という印象だった。だから、たぶんあるとき、何か言ったのかもしれない。たとえば「もうちょっと肩の力を抜いてみたらどう?」とかそんな風ななことを。だから彼は少なくとも私を、自分に敵意のない貴重な生徒の一人だと思っていたのかもしれない。いっとき、ぼそっと、「ええねん、オレな、もうこの仕事アカンかったらトラックの運ちゃんでやっていくわ」と打ち明けられたこともあった。それが、担任をしている生徒に漏らす言葉だろうか。
 もう一つ思い出されるのが、授業中の思い出話である。何故、彼がそんな話しをしようと思ったのかは知らない。「ボクは学生のとき、家庭教師をしていた女子生徒にチョコレートを貰ったことがありました。でも、先生はな、それがあまりにも大切に思えて1年以上も食べることが出来なかったんや」・・・。純朴を絵に描いたような青年だった。

春めいた演出でギターを弾く。しかし、寒い。 そんな純朴、そして破天荒な「教師」と名のつく人に出逢ったのは、それが最初で最後だった。でも、何故なのか、未だに当時の中学の先生たちのなかで年賀状だけではあるけれど、繋がっているのはその先生だけなのだ。何の根拠もないけれど、彼は、今では生徒にも後輩の先生たちにも大いにに慕われるよきベテラン教師になっているような気がしてならない。
 自分が教育現場に就職するとは当時、夢にも思っていなかったけれど、今こうして自分の学生たちの教育実習などにご挨拶に向かったりする機会ができると、現場の先生たちを見るたびに、彼のことを思いだしてしまう。

 一度、会いに行きたいな。そして、色々な話をしてみたいと思える。
 
 もっとも、向こうが歓迎してくれるとは限らないけれども。
 もう一つ思いだしたことがある。彼は、「○○(私の名前)!お前って、ぺこちゃんに似てんな(笑)」と言ったやつだ。大学の頃に「君って、スヌーピーに似てるね」と軟派な英語教師の言われたことを思うと、私は中学から大学はまだ容姿はいささかか人間的ではなかったという事になる。しかし、今はすっかり大人の女性なった私である(本当か)。 

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<なんとお呼びしましょうか。 | top | ごろごろする日。>>


comment

Megさん、こんにちは~。

こちらでは少しご無沙汰してました。

なんだかとても素敵な話だと思いました(^^
昔って、熱い(暑苦しい?(笑)先生ってたくさんいましたよね。
よくゲンコツで頭叩かれたりしました(^^;
でも、そういう先生って生徒に好かれてました。
思い出に残ってるのも、そういう先生だけなんですよねぇ。

その若かった先生は、今は歳をとって少しは生徒の心を読めるようになって、でも熱い心は失くさないですばらしい先生になってるような気がしました。

今の時代、親がとてもうるさいですから、先生達も教えるのが大変でしょうね。
僕が子供の頃に、殴ってでも悪い事は悪いと教えてくれた先生に感謝してます。
今の親達ってなんであんなに体罰体罰って大袈裟に騒ぐんだろ。

騒ぐ事で、先生はなんにも教えられない状態になってるような気がします。
事務的に勉強だけ教える、みたいな。
僕らの時代って、勉強だけじゃなかったですもん。
他にもたくさんの事を教えてもらいました。
何が悪い事なのか、何が良い事なのか、とか。

そりゃ今の子供達も勝手な事ばかりするようになりますよね。
痛みもわからないから変な事件も起きるようになったんじゃないかなぁ、って思います。

そんな風に最近は思ってたので、本当にええ話やぁ、と思いながら読ませて頂きました(^^

PS
前回のMegさんの写真、とても素敵でセクシーなんですが、ドキドキしすぎてコメントできませんでした(笑
ブーツの丈と足を出すバランスがとても良いですね(^^
あ、mihoちゃんが、
「Megさんはあんなセクシーな格好しちゃだめ~~~!可愛らしくて妖精みたいなのじゃないとだめ~~~!!」
って言ってました(笑
  1. 2009/03/01(Sun) 12:00:14 |
  2. URL |
  3. kei #-
  4. [ 編集 ]

keiさん、こんばんはぁ。

keiさんって、きっとよい先生たちに巡り会って来られたんだろうなって思いました^^
成人しても「学校の先生なんて・・・」って言う人たちって決して少なくはないなか、
それは、何だか私たちの希望でもあります。

>昔って、熱い(暑苦しい?(笑)先生ってたくさんいましたよね。

keiさんの周りにも居ました?暑苦しい先生(笑)
私の中2の担任は、見ているこっちを「あなた大丈夫なんですか」ってハラハラさせる、
それでいて暑苦しい人だったかも。
でも、感情を見事にコントロールして平坦な先生よりも
未熟だけれど人間の感情をあまりに、ありのまま見せつけた意味で、
中学生の心に何かしら、大きなものを刻んだかもしれませんねぇ。
大人と、青年の間くらいに居たような人でした。
私が今日に至るまで忘れがたいのは、
彼のその後を知りたいという気持ちがずっとあったからだと思います^^

>今の親達ってなんであんなに体罰体罰って大袈裟に騒ぐんだろ。

体罰には基本的には私も反対です。
むしろコントロールされて計算された体罰のほうが何となくコワイ。
かつて中学時代にお産を控えた(もうそれほどには若くはなかった)女性の美術教師がいました。
馬鹿な男子生徒がふざけて授業中になんと彼女の足をひっかけて転ばそうとしたのを見たことがあったんですね。
彼女は、バランスを崩して倒れそうにはなかったけれど幸いにして大きな怪我はありませんでした。
が、もう有無を言わさないタイミングで、その子の顔を思い切り叩きました。
私は彼女の行動を支持します。教師だって人間であること。
お腹に赤ちゃんがいる人のことは無条件に周りが温かく見守るべきこと。その男子生徒がしたことは赦されざること、圧倒的な一発でした。
それは生徒にも伝わったのでしょう。下を向いて黙っていました。

現在の現場(学校)の先生たちも、ほとんど多くは
親御さんや子どもの間で格闘しながら
本当によく頑張っていらっしゃるように思えますよ。
子どもを育てるのは親や教師の役目ばかりじゃないので
皆で手を取り合わないとね^^

>前回のMegさんの写真、とても素敵でセクシーなんですが、ドキドキしすぎてコメントできませんでした(笑

あら、そうだったのですか?(笑)
本人には全くそんなつもりがなかったんですが・・・。
敢えて書くのは恥ずかしいのですが、バレリーナ的な風情にはならんものかと。
でも、いつも同じ被写体だし・・・撮られながらマンネリになりがちなので、
たまには印象が違う写真になるのは自分的には歓迎ですね^^

mihoさんは、私のことを妖精さんだと思ってくださっているんですね!(*^^*)
それはね、きっとmihoさんの心が妖精なんです。
本当は、私は時々小悪魔e-277にも変身するんですよぉー・・・うはは(笑)
  1. 2009/03/01(Sun) 19:01:16 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/610-ea59b24d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。