風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

なんとお呼びしましょうか。 :: 2009/03/01(Sun)

 あなたは親密で重要な他者をなんと呼びますか。
 では、人前ではどうでしょう。

 たとえば「配偶者をどう呼ぶか」。
 どう呼ぶかと言っても、互いがどう呼び合うかはさておき、第三者に対して、そこには居合わせていないほうの配偶者をどう言い表しているかに関心がある。第三者は、その人の配偶者をどう呼ぶのが礼儀として適性かという点も含めて。
 
 私の友人の一人は夫を「ダンナ」と呼んでいる。割と多い呼び方だと思う。勝手な印象としては、仕事を持ち、夫とは当然の対等さを求める女性に多い気がする。少し年長の方々で「主人が・・・」と言う表現もよく聞く。あるときは、私より一回りほど離れた女性が、夫のことを照れもなく「うちのダーリンが」と言うのを聞いたこともある。「彼」と呼ぶ人もいれば、親しい間柄ならば、名前で「○○君」というのも聞く。「夫」という言い方が最も中庸な気がするけれど、どのくらいの人がそう呼んでいるだろう。
 男性が女性の「旦那さん」でも「ご主人」でもない今、それらは時代錯誤的な呼び方でありながらも習慣的に使われているに過ぎない。そういった事柄に敏感な女性に対しては、勝手にこちらから「あなたの夫=あなたの”ご主人”」と決めつけるのもどうかと思うが、「夫は元気ですか」と言うのも不躾な気がするし、目下のところ慣例的に「ご主人」とか「だんな様」とお呼びするのが無難だと思ってしまう。本人たちに「こう呼んでちょうだい」との申請があれば別だけれど。
 
 中学生の頃、夫婦で学校の先生をしているという男性教師のほうが授業中に「昨日、うちの”奥さん”が風邪をひいてしまって・・・」と言ったのを鮮明に覚えている。「奥さん」という言い方が、あのひげ面で、不良少年たちを大声で叱り飛ばすものなら飛んで逃げていくほどの強面な彼には、ちょっと可愛らし過ぎる言い方に感じられた。呼び方はどもあれ、彼は「奥さん」を大切にしているというニュアンスが伝わった。もっとも彼の妻は日頃、奥様の名のとおり「奥まったところに」いらっしゃっている訳ではなく、彼と同等か、ひょっとするとそれ以上に外で働いていたかもしれないのだが。
 もう一人、以前の職場の同僚に、人前で妻を呼ぶとき「私の配偶者」と言う人物がいた。いかにも正しい表現だろう。だけれど、正しさが違和感を与えることは往々にしてある。

夕暮れに。 ほかに聞くのは「うちのが・・・」である。うちの何だろう?どうにも照れくさいのだろうか。あとは「カミさん」。これもよく聞く。「私の妻」とはあまり聞かないのが不思議だ。年長で気取った人はワイフなどと言う。私の父がまさにそれだ。うちでは未だに「ママ」と呼んでいる癖に。
 こんな風に、公共の場や第三者の前で配偶者をどう呼ぶかが、その人の結婚観や家族観、親密さの中身を、ちょっぴりかいま見るきっかけであるような気がして、なかなか興味深い。では、恋人をプライベートと公共でどう呼び分けるか。話はいくらでも展開するが、今日はこのあたりにて。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
<<how to work | top | あの人は今、どうしているのだろう。>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/03/02(Mon) 00:48:02 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/03/02(Mon) 10:43:15 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

こんばんはぁ、フラウさん(笑)

フラウな事実は知ってたのですがね、
あまりにはじゅかしーって思って控えましたことよ(笑)
もう書いちゃったけれど。

幼心に「ふらっ・・??ふらふーぷ??」とか
聞き耳を立てながら、電話ではお馴染みのばかに陽気な
「なんとか生きてますよ」の台詞を聞いていた私だったのですよ。

ってゆうか、今夜かかって来た父の電話ヘンやったよ。
(いつもヘンだけれど)
「あー、おとーさんだけどな」って言わないで
自分の名字名乗ってたよ?
かしこまって「○○と言いますが」だって。
なんで娘に名乗ってんの?
  1. 2009/03/02(Mon) 23:46:39 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

もとくん、こんばんわー^^ フラウ?なんでしょう?フラウ・ボゥではないか。
さてさて、オイラは人に話すなら、相方でしょうなぁ。。。細君も使ってみたい言葉だなぁ でも、しばらくそんな言葉つかってないぞ ムムム
もとくんの家族は仲がよさそうでいいなぁ。連絡取り合っているんだね。ブログでつながってるなんていいな~ オイラも実家に帰って寿司でも連れって行ってあげよっかなぁ(徒歩10分だけど...)
  1. 2009/03/03(Tue) 00:53:29 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

kenちゃん、こんばんは~。

ちょっと最近、柔軟をさぼり気味だったら、
もう肩がゴリゴリに凝って辛かったので
今夜は丁寧にやりましたよぉ^^

細君!
いやぁ、文学のかほりがしますな(*^^*)
同世代が使っているのは聞いたことがないけれど(笑)

うちの母はですね、主婦仲間でミクシーをやってるみたいなんですよ。
でね、オフ会なんぞにも数回参加してらしいんだよね。
でも、私には殆ど何も教えてくれないので、こちらは一方的に観られる側なの(笑)
そのくせ「お母さん最近ね、ひきこもり老人なの・・・」とか神妙に言っとります(笑)
父は、我が家の女たちの様子を全く知るよしもございません。
それは、彼が自らの宇宙に暮らしているからであります。

けんちゃんは、実家まで徒歩10分ですって??
近いね!そこまで近居することについては、
おうちを買うときの誰かの条件だったの?
そんなに近いとおうち帰ったら、お母さんがけんちゃんち掃除してたり、とかない?学生じゃないからないかな。

あ、フラウってのはね、ドイツ語で「奥様」とか
そんな意味じゃないかな・・・知っても言わないようにね(笑)
  1. 2009/03/03(Tue) 01:02:17 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/612-ec5de59c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。