風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

夕方のバスとおばあちゃんとチーズケーキ。 :: 2009/04/27(Mon)

 珍しくまだ日も明るいうちにバスに乗って帰宅。夕方近くのバス利用者は、高齢の方がとても多いことが実感できる。にもかかわらず、この時間、低床バスをほとんど見かけない。バスの運転も時間に迫られているのだろう、かなり飛ばして、駅でお客が乗ってきても座り切れないうちに急発車することもしばしばだ。

 若ければ、色々なことに適応は出来るけれども年齢を重ねて来ると、以前出来たこともままならなくなるのは誰もが同じだ。
 ちょうど後ろのドア付近あたりの座席で、日光を避けながら一人でゆったり音楽を聴きながら座っていると、年配の女性が乗ってきた。三段もある高い階段を上るのが大変そうだったので無意識にイヤホンを取って手をさしのべる準備をした。おばあさんは、乗車カードを手に握りしめて居たけれど、それがうまく機械に通せずにいるようだった。そんな状況にはまるで関係なく扉は乱暴に閉まり、バスは発車してしまった。手すりを握り締めたまま、おばあさんは不安そうに私に「これ、ここに入れるんで、ええんですわな?」と聞いた。初めて見たけれど、高齢者女性向きのバス乗車カードのようだ。でも、もう駅を出てしまったので機械に入らないのだ。「もう発車しちゃったから、あとで運転手さんに言ってみるといいですよ」と声をかけると、「そうか、おおきにな」と言って前のほうに座った。

 このおばあさんが、終点に到着すると今度はお金の支払いでまた運転手の隣で立ち往生してしまったらしい。乗客たちはおばあさんを追い抜いて降りてゆく。運転手が何やら声を荒げている。「あー!もう、また、そんなしたらあかんやんか」などと言っている。
 私はおばあさんのそばまで小走りに近寄った。乗るときにスキャンしていないのに、そのカードを無理に通そうとしたようだ。とは言え、私は運転手の男がこれ以上、彼女に偉そうな態度を取れば、持っていた日傘の柄で後ろからゴツンとこづいてやろうと半ば本気で思いながら、「270円をここに入れたらいいんですよね?」と言って、500円を両替したものの、焦るあまり、少し混乱している彼女の手から、「・・・百円、二百円、それから五十円と十円玉ふたつ、はいっ。」とお金を一緒に数えながら運転手の目の前で入れた。

 バスを降りるなり、「おねえちゃんや!」と大きな声をかけられた。
 「いま、21年か?」
 「あっ、はいはい、そうですね。平成21年です(今、何年だっけ?って父もよく聞くなぁ)」
 「はぁ、そーかぁ・・・このカード、20年って書いておったわ。間違ごうたわ。すまんなぁ」
 「いえいえ、そのくらい誰でも間違えますよ(私だって時々わからなくなる)お気をつけて!」
 「おおきに、おおきにな」

 それは実に、湿気のないからりとした声であった。
 おばあちゃん、それでよろし。別にゆっくりでよろし。まわりの人に助けて貰ったらよろし。

明日きっとまたここで。 帰宅してから何気なく、評判のチーズケーキを売る近所のレストランのHPを見ていた。お店まで夕方出かけようかな、と思いながら。チーズケーキは楽天でも買えるようだ。これは美味しそうだなぁ。でも、こんなに沢山ひとりで食べられないし・・・と思った自分は、なぜか『今度おばあちゃんちに持って行って・・・』とほんの一瞬思いかけた。あぁ、そっか。もう居なくなっちゃったんだった。そう思うと、あんなにも大往生してくれたのに急にとても寂しくなるのだった。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<あした。 | top | アイのために>>


comment

Megちゃん、職場よりこっそりこんにちは~^^

この日のような記事を読むと、日本て年寄りに優しくない国だなぁと
つくづく思ってしまいました。
(と言って外国がどんなだか知らないし、全てがそうではないと
思うのですが)
うちの母も最近バスを利用するようになって
乗り降りに時間がかかる、片手しか動かないので小銭の出し入れに
時間がかかる・・とか結構大変な事が多いようで
バスに乗る前日から小銭の確保、その小銭を出す練習などを
してるんですよ(笑)
それでもいつも利用しているバスは「ゆっくりでええよ」とか
座るまで発車しないでいてくれるとか
「今日も優しい運転手さんやったぁ」と嬉しそうに話をしてくれ
それを聞くとこっちまで嬉しくなって粗品を持ってご挨拶したく
なってしまうよ(笑)
それからそのバスに乗り合わせたMegちゃんのような気のつく
優しい人に出会ったりもするそう。
(バスから降りる時荷物を持って下さる人もいるそう)
お年寄りや身体の不自由な人や不安な気持ちの人などは
公共の場に出ると色々不自由な事がたくさんあると思うのです。
そんな人たちはきっと自分から「○○してもらえますか?」なんて
滅多な事じゃ口に出されないと思うのです。
それをまわりが気づいてあげてちょっとお手伝いが出来ればいいなと
思うのです。
Megちゃんが言った言葉。
>おばあちゃん、それでよろし。別にゆっくりでよろし。まわりの人に助けて貰ったらよろし。
とっても嬉しくて泣きそうになっちゃった^^
そういう気持の人がきっとたくさんいてくれるはずと思いたいです。
そのおばあちゃん、怒鳴られはしたもののMegちゃんの親切に
嫌な気持ちも吹き飛んだと思うわ^^





  1. 2009/04/28(Tue) 14:17:06 |
  2. URL |
  3. mico #aEmTB4nk
  4. [ 編集 ]

micoちゃん、こんばんは^^

先日、micoちゃんのブログでパスタが上手なmicoちゃんの仲良しなおじいちゃんと一緒に写っている写真を見た頃から、
夜何気なく携帯を手にとっては「みこちゃんちのお夕飯なぁに?」とか「あのおじいちゃんの立ち方、やっぱ可愛らしいよね(笑)」とか書いては消していたのです(なんか意味不明だったし:笑)
要するにこれは「ちょっと人恋しい」という気分だったのかもしれないですね(*^^*)

さて、最近micoちゃんもお母さんと一緒に車以外にバスにも乗る機会が増えたのでしたのよね。
バスを使う人は基本的に、どの地域も高齢の方や体の不自由な方が多いと思うのに、そのわりにまだまだシステムとしては不親切な社会だと私も思います。

でも、個人個人には手をさしのべるスタンバイOK!の人たちは意外と大勢いると思ったりもします・・・。
私が行き来するバスのルートは学生も大勢乗っているけれど、照れくさそうにしながらも、おばあちゃんに席を譲ったりしている青年たちの姿もチラホラ見えるよ。
ごく自然に当たり前にそうゆうことをする人が一杯いれば、みな同じように振舞うようになると思ったりするのね。

>うちの母も最近バスを利用するようになって
>乗り降りに時間がかかる、片手しか動かないので小銭の出し入れに 時間がかかる・・とか結構大変な事が多いようで
>バスに乗る前日から小銭の確保、その小銭を出す練習などを
してるんですよ(笑)

そっかぁ・・・。そんなにまでして周りのひとに迷惑かけないようにってしているのかと思うとちょっと切なくなるわ。
誰でも彼でも親切じゃないかもしれないけれど、「おねえちゃん、ごめんな、ちょっとここから○○円出して入れてくれんか?」「おにいちゃん、ごめんな、ちょっとだけ手かして~」とか声かけられたら、案外、今の若者でも(若者に限らず)喜んで親切にしてくれると思うの。

micoちゃんのお母さんなんかすごく明るくて感じもよさそうだし、むしろ声をかけられた人は頼ってくれてうれしいという気持ちさえ持つって思うんよね。誰もが居てくれてありがとうって言われたいと思って生きているし。だから、本当は、みな、できることをしたいって望みながら習慣がなかったり機会がないだけだと思うの。

だから、「~してちょうだい」ってどんどん言っても平気になるように、一言も言わなくとも、周りの人が当たり前に手をさしのべるように、私は明日からも一層、おせっかい女になろうと思います(笑)
  1. 2009/04/28(Tue) 23:11:07 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

Megさん、おはようございます(^^)

この前は、メールありがとうございました。
久々の、書き込みになります。
今日は、間違えて消さないようにしなくちゃ・・・(笑)

Megさんの優しさの裏側に、こんな運転手がいるなんて、許せないですね。読んでいるだけで、ムカムカと頭にきてしまいました。
バスで高校に通った以来、乗車することも殆どなくなりましたが、
その当時でさえ、急いで降りなきゃと、小銭をしっかり手に握り締めて、慌てて降りていた記憶があるのに、
声を荒げられて、お祖母ちゃんは、かなり焦ったでしょうね(><)
Megさんのようなたった一言で、人は優しい気持ちになれるのに・・・
声をかけるべきかどうか、なんて迷わずに、私もおせっかい女2になれるように、頑張ります!!(笑)

>これは美味しそうだなぁ。でも、こんなに沢山ひとりで食べられないし・・・と思った自分はなぜか『今度おばあちゃんちに持って行って・・・』とほんの一瞬思いかけた。あぁ、そっか。もう居なくなっちゃったんだった。

おばあさまが、亡くなってお葬式もして、ちゃんと見送ったはずなのに、もう傍には居ないのに・・・
ふとした瞬間に、浮んでしまいますよね。
なんでしょうね、あの気持ち。
きっと、心の中には必ずおばあさまが居て一緒に日々を過ごして居るのかなぁ・・・と。
実は、二週間ほど前、家の祖母も亡くなりました。
102歳と大往生だったのですが、
危ないかもしれないと会いに行ったときに、触れた手が、とても温かくて・・・きっときっと大丈夫!!
と、思っていたのですが、突然眠るように旅立ってしまいました。
未だに、居ないのが不思議な感じで。。。
青空と、透き通った空気が、お祖母ちゃんを感じさせるような・・・本当・・・寂しいですね。
自分のブログに書くことが出来なくて、おばあちゃんのふるさとだけ載せてしまった私です(^^;
おばあさま、チーズケーキ食べようよ~~~なんて、思われたかもしれないですよ。
私は、今度プリンを持って行こうと思います(@^-^@)
  1. 2009/04/29(Wed) 09:41:33 |
  2. URL |
  3. miho #-
  4. [ 編集 ]

mihoさん、こんばんは。

おばあさまが他界されたのですね・・・。
私の祖母も最後に触れた手はぬくもりがあって、胸の鼓動もしっかりしていました。
誰もが「これならきっとまだ大丈夫だよね」って祈るように言い合っていたけれども、
やはりお医者さんが宣告したとおりにこの世を去りました。
おばあちゃんはもう十分にがんばってくれたのだと思いました。
100歳を超えてもなお、自分たちのそばに居てくれたのかと
思うと『ありがとう、おばあちゃん』と、そう涙なくしては言えなかったのではないでしょうか。
心からご冥福をお祈りします。

祖母が他界して以来、折に触れて思い出すことが多くなりました。
生きていた頃と同じくらいに、もしかするとそれよりも多く深く。
ずっと看てきた母も、いまだに思い出すと寂しいのよって言っています。
そして、私は前に増して町で出会うご高齢の女性に目が行くようになったり、お話しする機会も増えてゆきました。
きっと、これが亡くなったひとが心に留まるということなんだろうなって感じているこのごろです。

さて、mihoさんはバス通学をされていたんですね^^
なんか制服姿の初々しいmihoさんが目に浮かんでくるようだな♪

バスにはバスの情緒ってものがあっていいと思うんですよね。
運転手さんの声がけなんかもそうですよね。
わが町でも、発車の際や、乗客をおろす際に親切に声をかけている方を見かけることもあります。
そういう人はその仕事が好きで、誇りを持っているんだろうなって思うのです。
地方都市のバスはほとんどの場合、赤字運行だとのこと。
運転手さん達は、時刻表どおりに運転しないと自分の休憩時間さえなくなってしまうという過酷な労働を強いられてそれがストレスになっている事が多いという話も聞いたことがあります。

人にやさしい町づくりをしようと思ったら、人の意識とシステムと社会が全部連動して変わっていかなくちゃだめです。ただ、箱だけ作っても人が思うように集わないのと一緒で、「上」から変わっても駄目な気がしますね。

てことで、まずは明日からもおせっかい女を共に生きましょう!(笑)
若い頃は理由もなく自意識過剰で言えずにいたり、声をかけられずにいたことも、今なら平気ってこと案外ありますよね^^(私だけかしら?:笑)
  1. 2009/04/29(Wed) 21:41:17 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/645-003da833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。