風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

灯台下暗し。 :: 2009/05/07(Thu)

 この連休後半は予定どおり実家ですごす。相変わらず父が超マイペースで生息していたが、今回はあまりそのペースに巻き込まれまいと心に決めていた。3月に数日帰省した折は、すっかり父と共に昼夜逆転生活を送り、ごく最近になるまでペースが戻らなかったのだ。今回は、夜更かしもほどほどにして、朝は午前中を目安に起きることにした。
 いつになくよく眠り、母が作った料理をバランスよく食べていると、帰省前にはどうしようもなく敏感になっていた肌状態もおおむね治まり、一時期少なすぎると思われた体重も少々戻った。
 仕事やプライベートスペースの「巣」である自宅を離れて実家ですごす感覚は、地上を離れて飛行機で数時間過ごす感覚となんとなく似ている。なんだか諦めがつくのだ。家じゅうのお気に入りを持っていくわけにはいかないし、一人で過ごす自由きままを極めた生活もいったん脇に置いておくのが帰省。地上を離れたら、もうそこからで出ることは不可能。ゆえに、かえって迷いなく合理的な選択をするのが飛行機。たとえば、よく眠るとか文献を読むとか、静かに音楽を聴くとか・・・。
 
 さて、我が家の人間たちはそれはそれはよく喋る。もっとも、互いに一番よく話すのは自分ではないと考えているが。とりわけ父の話は長いのに加えて、その落としどころがよくわからないことが多い。何かの考え事の最中に独り言を言っている、と思っておくほうが精神衛生上はよいのかもしれぬ。
 「ねぇ、○○と△△って言うと、語感の響きはどう違うと思う?」などと唐突に聞かれる。仕方がないので、ひととおり答える。答えるが、「うーん。そうかなぁ」などと、いつまでもあーでもなく、こーでもなくと相対化しているから一向に答えなどない。こちらはなぜその質問がなされたか知りたい。しかし、それについての言及はない。もう長く関西に暮らしているのだから、起承転結、ぼけつっこみ、オチのひとつくらい学んでもらいたい。ゆえに、最終的には多少苛立ちを感じながら「それで、オチはなんなのよ?」などと聞くはめになる。すると「ん?会話を楽しんでるだけだよ」などと言う。父よ、あたしは全然、楽しくないねん。

リコー  こんなこともあった。かつての自分の部屋に布団を敷き、青いチェックのパジャマを着て、お風呂上りにごろごろしながらネットサーフィンをしている母と雑談していると、「おい、めぐみ~」と父が扉を開けた。「ん?」と思っていると、父が「あれ?めぐみは何処に行ったんだ」と言って去っていった。まさか布団の柄とパジャマのチェック柄が混じると私が見えないのだろうか。なぞであった。「お父さん、見えてないの?」と母に聞くと「そ、見えてないの」と何でもないように答えた。

 翌日、また母と布団の上でごろごろしていると、「おい、めぐみ~」と父が探しにきた。すると前日と同様「まったく、ふたりとも何処行ったんだ・・・」とつぶやきながらまた去って行った。つまり、自分の視界に映るものしか見てないのだ。おそらくは奥の机に座っているイメージで、まさか自分の真下に転がっているとは思わないのだろうが、おそろしい近視眼である。
 大丈夫なのか、とーさん!

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<母の日、ごくたまに父の日。 | top | あした。>>


comment

Megさん、こんばんは。

数日雨が続きましたが今日は快晴でしたね。(ていうか、こっちは)
明日は外での撮影ですので、賞味期限切れで効力の無くなった日焼け止めを仕方なく塗って臨みたいと思います。

さて、

>まさか布団の柄とパジャマのチェック柄が混じると私が見えないのだろうか

所謂、保護色という奴ですね?あ、擬態かな?

ちょっと話しは変わりますが、最近TVでやってるんですが、写真とかでだんだんどこかが変化していくってのがありますよね。
背景だったり服の色だったり。

あれね、僕は全然判らないんです、いつも。
何度見ても判らない。集中して見てるつもりでも、さっぱり判らない。
もちろん、あとで「あぁー、そこかぁ」って判るんですが、かなり変化していてもそのときは見つけられないんですよね。
Megパパもそんな感じじゃないですか?
鈍感とかじゃなくて、見ている視点が凡人とは違うんですよ、我々は(笑)

ところで、今日の写真は素敵ですね。
そのまま、デジカメのカタログに載せられるほどコンセプトが明快で垢抜けていてとてもいいですよ。
トリミングの仕方もいいです。

こういうコマーシャル的な写真も面白いですね。
顔が写っていなくても、女性の綺麗な指だけでそそられるものがありますよ(^^)

  1. 2009/05/09(Sat) 21:14:22 |
  2. URL |
  3. akasaka #r5rhURPY
  4. [ 編集 ]

akasakaさん、こんばんは~。

こちらもいいお天気ですよ^^
でも、私は何処へも出かけずに論文モードで相当にウニウニしているので
思わず窓を開けて「みなさーん、私はここにいますよ~」とか小さく叫びたくなりました(笑)

まずは、こちらの話題。

>賞味期限切れで効力の無くなった日焼け止めを仕方なく塗って臨みたいと思います。

akasakaさん・・・日焼け止め、食べてるんでちゅか(笑)
賞味期限って(笑)
そんなんだから、丈夫な歯も痛くなるのかも・・・うひひv-398
で、日焼け止めくらい新しいやつを買いましょうね!
ハッセルなんとかを衝動買いする前に!!

>写真とかでだんだんどこかが変化していくってのがありますよね。

そうそう、見つけようとするだけで脳には「アハ効果」があるってやつですよね^^
ちょっと前になにげなくテレビ観ているときは、なんでもないくらいによく見えたんですけれど、
なんか不思議とあれですね・・・タイミングによっては全然わかんないです。

>Megパパもそんな感じじゃないですか?
>鈍感とかじゃなくて、見ている視点が凡人とは違うんですよ、我々は(笑)

そっか、akasakaさんも父と同様に凡人じゃなく変人だったんですね(笑)

>そのまま、デジカメのカタログに載せられるほどコンセプトが明快で垢抜けていてとてもいいですよ。
>トリミングの仕方もいいです。

私はトリミングしただけです(笑)
あとちょっとシャープにしてみました。
これは、Satoさんが「このデジカメ買いました」的レポートに使いたかった写真であろうと思われます。
多分、お洒落な感じに撮りたかったと思うのですが
結果はたいして気に入らなかったみたいで・・・
そのまま放置されていたので勝手に使っちゃいましたよ(*^^*)

>顔が写っていなくても、女性の綺麗な指だけでそそられるものがありますよ(^^)

今度、akasakaさんが何か撮るときに手モデルのバイトしてもいいですよ^^
そうだなぁ、お礼にハッセルブラッドを貰おっかな(笑)
それがダメならば、ハッセルブラッドで実物より100倍きれいに撮影される権利を頂くってのでもいいです^^
  1. 2009/05/09(Sat) 22:40:19 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/650-c1c98531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。