風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

ローカル線に乗って。 :: 2009/05/13(Wed)

 昨年7月、体調を大きく崩した。少し自分の体力を過信したのかもしれない。授業は度々休講にするわけにいかないし、とにかく治癒せねばとの想い、最終的には誰でもいいから、この苦しさを解消して欲しいとの気持ちで、内科~胃腸科~婦人科~心療内科、片端から病院を巡回した。
 婦人科には、不正出血があったのを機に行く気になった。女医さんのいる病院をわざわざ探して行った。そのときに、今から約4年近く前に手術して摘出した「卵巣のう腫」がまた小さく再発していることを聞かされたのだった。
 けれども、腫れはさほど大きい訳でない。今は経過観察で十分、最初は数ヶ月後に、そのあとは半年ごとくらいにチェックしておきましょうと言われた。けれども、結局、このたび、一年近くも検査を延ばしての再検診であった。結果は幸いにも、昨年とのう腫の大きさは変わらず。少々右側の下腹部が腫れていような自覚症状があったので、もしや「大きくなっている」と言われることも多少覚悟したが、「その症状は腸だと思うわよ」との所見で、お腹の張りや痛みを緩和する漢方薬を処方された。日々の暮らしにおける「気がかり」と呼ぶべきが棘が胸から消えた。

 その婦人科には昨年はタクシーで行き来したのだけれど、今年は最寄駅を調べて電車に乗って出向いた。そうしたら10分の1程度の値段で済むのだ。ともあれ、この町にやってきて以来、はじめてローカル線に乗った。切符も何処で買うのかわからなくて人に聞いた。
 田舎町をゆくワンマン列車。目的地までたった3駅。なんだかすこし懐かしい風情・・・と、ぼんやりしていると、降りるべき駅を通りすぎちゃった!扉が開かないので待っていたら、なんと発車してしまったのだ。その駅では一番前の車両しか扉が開かないそうだ。どうしてかしら。誰もいない無人駅に降り立ち、「また、いつものことさ」と思いながら反対方向に戻る電車を待った。
 さて、無事に一駅戻って私は悟った。地図を持っていた。おおむねの見当もついていた。しかし、なぜか間違った方向に歩きだすのが自分だ。途中、やはり間違っているような気がして、何かの測量をして風情の作業着を着たおじさんに道を聞いた。「あぁ、わたしもここの者じゃないから、わからんけどね、多分、こっちじゃなくて、あっちの大きな道ちゃうか?」と反対側を指をさした。
 おぉ、そうかそうか。きっとそうだよ!と確信し、なんとか無事に病院に着いたのだ。もう夏のような陽気だったので小鼻に汗が滲んでいた。こんなに一生懸命にてくてく歩いてやって来るのは、全然病人らしくないなと思った。
 
 診察後、足取りも軽く駅に向かって歩いていると、前方からプップーとクラクションの音。見ると、さっきのおじさんであった。「おーい、ちゃんと見つかった?!」と大きな声で聞いてくれたので、にっこりと微笑んでお辞儀した。おじさんはそれを確かめる、安心したように軽くうなづいて片手をあげるとブーンと走り去った。いい人でよかったな。
ローカル線 そしてまた、のどかなローカル線に乗り込んだら、まるでおとぎの国みたいな可愛らしい内装の車両だった。高知では「アンパンマン列車」が有名だったけれど、どこも一生懸命に工夫しているんだな。帰り道で、今日はちゃんと検診を受けてきた記念にシュークリームとチーズケーキを買った。貰ったばかりの漢方の胃腸薬を飲んでから、二つともぺろりと平らげた。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<青春は何度でも。 | top | 恩師へのてがみ>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/05/16(Sat) 02:50:32 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

鍵コメさん、こんばんは。

きっと鍵コメさんなら、こちらのローカル線にも乗られたことがあるんじゃないかな・・・。
この週末、ふたたび、ちょっと様子をうかがいに、どの駅でも下りられる「往復チケット」を手に
ぶらっと出向いてきましたよ。
そのときの写真、この記事にちょうどいいから載せちゃおう。

>前しか開かない理由は単純です。
>無人駅・ワンマン運転とくれば
>運賃の収受が可能なのは運転手のみ。
>つまり彼の手/目の届く扉以外乗客を降ろせないからです(笑)

ええ、そういうことなんだろうなって思っていました。
一度経験すればもう間違いませんね(笑)

わが町には、情感ある風景はほとんど見当たらず、つまらないなって思っていましたが、
はじめてこんなローカル線に乗ってみて、短い時間ながら小旅行気分を味わえました。
そうそう、一眼レフカメラを持った鍵コメさんみたいな方々もいっぱいお見かけしましたよ。
  1. 2009/05/17(Sun) 18:23:19 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/655-b09492d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。