風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

赤いボーダー、ピンクのカメラ、若葉色の音。 :: 2009/06/03(Wed)

 低床バスから降りてきた二人連れは、一人のおじいさんと介助者らしき女性だった。介助者の女性は、おじいさんの身内の方かどうかは分からないけれど50歳代くらいの女性。おじいさんのその腰はだいぶ曲がっていて、80歳代も半ばかと思われた。彼はゆっくりと、けれど確かな足取りで、女性に手をつながれて降りてきた。
 ぱっと目を引いたのは、おじいさんの洋服だ。赤と白の太いボーダーのTシャツに真っ白のパンツを合わせて、頭にはベージュのハンチングを目深に被っていらっしゃる。よく見ると、介助者の女性も何気なくカジュアルで品のよい格好をしていたので、コーディネートはこの女性によるものなのかもしれない。
 お年を召してあのような洒落た格好をしている人は、この町ではあまり見かけない。とても素敵だなぁと思って、手をつないで遠ざかってゆく後ろ姿を見ていた。女性は、時折立ち止まり、耳の遠そうなおじいさんのために手のひらに文字を書いてあげているようだった。はっとするほどの鮮やかさと、人の手の平というぬくもりが同居している二人の姿だった。
 私も父が老いたら母と一緒に可愛らしい洋服を選んであげて、あんな風に手を引いて歩くのだろうか。そんな日はとても遠い気がするけれど、きっと刻々と近づいてはいるのだ。

 さて、母がカメラを買い換えた。5年ほど前に発売されたixyを持っていたのだけれど、この頃、映した写真に奇妙な線が入るのだとか。この際だから買い換えればよいと思って、とにかく「見た目」のみを基準にして選んだのがこちら。http://cweb.canon.jp/camera/ixyd/510is/index.html
 シックなゴールドがいいんじゃない?と勧めてみたところ、「ううん。私はピンクにする!」と言うので、そのまま即決、注文。すでに母の手元には可愛らしいピンクの新しいカメラが届いている模様。カメラが新しくなっても写真が上手になる訳ではないけれど、日常にウキウキすることが一杯あるのはよきこと。

 近頃、とても気に入っている曲。
 HALFWAY(Salyu)
 
ローカル線の終着駅。 この人が歌う「to U」に圧倒されて色々検索しているうちにたどり着いた一曲で、何よりこの楽曲がこよなく好きだ。何が琴線に触れるのだろう。ガットギターの素朴な音色。彼女のかすれた低音の歌声、突き抜けるような透明な高音域。私の日々にもあったのだろうか、なかったとしても何故だか自然と心がふるえる青きあの日。「あの」と表現されて描かれる日々はみんな懐かしくて輝いて見える。歳を重ねて嬉しいと思えることの一つだ。
 この曲を、もし色で例えるならば、若葉色だろうか。
 6月。自転車で若葉色の木々のなかを、たちこぎしながら突き抜けてゆくような気持ちで。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<いいトコ、悪いトコ | top | 文化交流。>>


comment

Megさん、こんばんは。

お母様は新しいIXYを買われたのですね。
どんなのかなぁと思ってリンク先を観てみましたが、広角28mmから使えるオシャレなデザインのカメラじゃないですか!
しかも、ピンク。きっと、お母様にピッタリですよ(^^)

実際ね、普通に使うのならIXYが一番です。
扱いやすく画質も良く、デザイン的にも優れていますよね。
だから、壊れるまで飽きずにずーっと使えるし、なにより、楽しく写真が撮れますよね。

>日常にウキウキすることが一杯あるのはよきこと。

ですよね!実は僕も今日、新しいカメラが手元に届きまして(笑)、さっきまで説明書を見ながら設定とかしてたんですが、仰るように日常にウキウキすることが一杯あるのはよきことだよなぁとかつくづくそう思ったりなんかしちゃったわけで、おかげさまでまた買ってしまったという少しの罪悪感がすっかりどこかへ飛んでいってしまった今日この頃なのでございます(笑)
  1. 2009/06/04(Thu) 20:28:08 |
  2. URL |
  3. akasaka #r5rhURPY
  4. [ 編集 ]

akasakaさん、こんばんは^^

はい、うちの母は新しいIXYを手に入れましてご機嫌です。

>広角28mmから使えるオシャレなデザインのカメラじゃないですか!

そうなんですよ!広角28mmの意味は母には関係なさそうですけれど、「何があるかわからないから、人生は、楽しいときは楽しんでおいたほうがいい」とか何とか言ってましたね(笑)

>壊れるまで飽きずにずーっと使えるし、なにより、楽しく写真が撮れますよね。

そうですね。
ミクシーで主婦仲間同士、ささやかな会話を楽しんでおるようです。
そこにちょこっと載せる写真があればいいなってスタンスですよね^^
でも、毎日「今日の話題は何にしようかな」と思いながら過ごすと、
ちょっと日常を見る目が変わっていいと思います。
目下、お花を食べちゃうナメクジの退治法で盛り上がっているとのことです(笑)
ナメクジは撮影しないと思いますが・・・。

>実は僕も今日、新しいカメラが手元に届きまして(笑)

ん?

>仰るように日常にウキウキすることが一杯あるのはよきことだよなぁ

んんっ?!

>おかげさまでまた買ってしまったという少しの罪悪感がすっかりどこかへ飛んでいってしまった

んんんんっ?!?

何をまた買っちゃったんですかーっ!
その罪悪感ぶりを見ると、コンパクトデジカメなんて可愛らしいモノじゃなさげですね(笑)
なぁに?一眼レフカメラ?

今、うちのテーブルにはSatoさんが置いてったカメラのパンフレットが。
宮崎あおいちゃんとリリーフランキー氏がモデルになって色々撮影されているやつです。
最初はぼんやり眺めていたんですが、ずっとテーブルにあるので、
ようやくその「ウリの機能」とやらをこの前よく見たんですが、
なるほど、フォトショップとか使わずに一台で色々異なった雰囲気の撮影ができるわ、
タテヨコの比率も色々選べるわ・・・あれってどこのなんてカメラだったかなぁ。

あ、そうそう、そこに掲載されていたカメラストラップがまた可愛いんですよ!
それなら私でも買えるくらいの値段なんですけれどね。
それはともかくもうすぐ私、お誕生日ですよー、akasakaさーん。
電動歯ブラシの先っぽは要りませんからね(*^^*)
  1. 2009/06/04(Thu) 21:02:09 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

Megさん、akasakaさん、こんばんは。

80代半ばで、赤いボーダーに真っ白のパンツとベージュのハンチング。
うわぁ・・・(驚)
なんて、お洒落なんでしょう~~~~~☆
私も、そこに居たら、Megさんと同じように、
ず~っと後姿を追っていたでしょう(^^;
私の住んでいる町は、田舎なので、みんなが振り返ってしまうかもしれませんね(笑)
とても素敵です・・・☆

私の仕事場は、落ち着いた和食店なので、お年寄りの方がよく来られるのですが、
心が温かくなるような光景にたくさん出会います。
外れてしまったお祖母ちゃんのコートのボタンを、
お爺ちゃんが直してあげていたり、
一番美味しい部分を、お互い相手にあげたり・・・
デザートを一緒に食べたり。
あんな風になれるといいな・・・
と、思うことが、最近、多くなりました。
親の年齢や、自分の年齢が、一つ一つ大きくなるにつれ、
自分に置き換えて考えることが、本当に増えましたね。
あぁ・・・歳をとったのだなぁ・・・と、つくづく思います(笑)

  1. 2009/06/04(Thu) 23:23:39 |
  2. URL |
  3. miho #-
  4. [ 編集 ]

mihoさん、こんばんは♪

「黄色~黄緑~緑~青 カラシ色」が私も好きです!
mihoさんとはきっと色のセンスや趣味が似ているに違いない。
(↑先にこれが言いたくって:笑)

さてさて、我が町も住んでいるひとが「ここは田舎やしね」と
自称するほどなので、完全無欠な田舎町なんでしょうが(笑)
場所を限ればオシャレさんが集まってるものなんですね、どんな町でも。
我が町では、シネコンとショッピングモールなどがくっついた唯一の場所があるんですが、
そこに行けば、1階の書店にはちょっと今らしいファッションに身を包んだ女性たちが
お隣のスタバでお茶していたりします。

でも、私が降りるバス停では目の前が百貨店にもかかわらず何となくさびれた印象でね。
そこに真っ赤なボーダーのおじいちゃんですから、それはそれは目立っていましたね。
でも、素敵な目立ち方でした^^

mihoさんはお仕事しながらも、お客さんたちのことを温かなまなざしで見ていらっしゃるんですね・・・。
きっとそこは私が行っても、とても居心地がいいお店じゃないかなって想像しました(*^^*)
そんなところがいいなぁ。

>親の年齢や、自分の年齢が、一つ一つ大きくなるにつれ、
自分に置き換えて考えることが、本当に増えましたね。
あぁ・・・歳をとったのだなぁ・・・と、つくづく思います(笑)

そうなんですよね。
最近ね、とくに父が本当に歳を取ったんだなぁと感じる出来事が多くて
以前からそうだけれど、色々な些末なことにパッとは反応できないんですよね。
で、色々重なったときに、ついつい本人に「もう、お父さんはおじいちゃんになったんだから、
これからはそういう気持ちで接していくことにする」って労り宣言したら、
「なにを、えらそーに!」とえらく気分を害したらしい、との母の情報でした(笑)

いつまでも若く見られたい!
これは誰にとっても普遍みたいですね^^
まぁ、うちの父は若い女性から10歳以上若く見られたいっていう尋常じゃない欲望ですが、
うちじゃ、「ママぁ、髪、洗ってくれる~?」とか言ってますしねっ(あらら、言っちゃった:笑)。
  1. 2009/06/04(Thu) 23:59:43 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/668-3d51a000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。