風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

タロウと併走。 :: 2009/06/15(Mon)

 先週、ドアを全開にして風を通していたら、不覚にも「ゴ」を招き入れてしまった。私の研究室はテラスの扉と、階段踊り場の正面に位置するのだけれど、テラスからの吹き抜ける風に流されるようにして、私の研究室にヤツは紛れ込んでおった。こちらに来てから、こうした経験は初めてだったので、心で「ぎゃーーーっ」と絶叫した私は、それでも果敢に退治に挑んだ。一秒でも、ヤツと一緒の空間に居続けることを想像するだけでも卒倒してしまいそうだったからだ。
 どちらかと言えば(きっと)小さい方だし、動きも(たぶん)今ひとつ機敏でない。自分に言い聞かせて油汗をにじませつつ、背後からしのびより、ふるえる手にはティッシュの10枚重ね。えいっっ!しかし、一瞬のことで逃げられたうえ、最もよからぬことには、隣の実習室に扉の隙間をぬって逃げ込んで行った。それが先週末のことである。
 部屋には食べるものはいっさいない。どうかどうか何処かに消えてくれと祈りながら、ホウ酸団子などを買って行くのを忘れたので、私は週明け早々、「ゴ」が歩いたかもしれぬ床におののきならがら、雑務の多さに帰るに帰れない一日を過ごした。

 実は、私の研究室とさほど離れていない場所に「調理実習室」があるのだ。着任して間もない若いN女史は、「あいつが実習室に出るんですよ!!!ゆるせませーん!」と憤慨し、すさまじい勢いでホウ酸団子を置きまくった。その結果、周辺の部屋では、お亡くなりなったままひっくり返っている姿がたびたび見受けられるとかで、そのあたりの実習室にたむろする学生諸君から苦情があり、やつらを「つかみ取る」何かを買ってくれとせがまれた。私はお金は出してあげるから「買ってきてちょうだい」とせがみ返した。学生に対応する係をしているが、まさか「ゴ」退治に奔走することになるとは。

 本日の話題が「ゴ」で終わるのは、心底いたたまれないが、まだ続きがある。とある年配の方に「全部、発音するだけで身の毛がよだつので、ゴ・・・としか言わない」と告白すると、「あらぁ、おもしろいわね。この界隈ではね、彼らのことを、タロウって呼ぶみたいだわよ」と、一瞬、耳を疑う話を聞く。
 男性陣は、やつが現れると「あぁ、タロウだな」とまるで季節の風物詩でも見つめているように慈しんで傍観しているのだと言う。女性陣は「タロウよ!!早く退治してっ!」と叫ぶらしい。本当の話なのだろうか。
 
 私はお隣の飼い犬を遠くからそっと「タロウ君」と呼んでかわいがっていたのに、あまりにショッキングな話だ。明日からは彼のことは「ジロウ」と呼ぶことにしよう。だって、アレと同じニックネームだなんて悲劇としか言いようがない。

 と言うことは、昨年、バス停に向かう階段をダッシュしているときに、ふと目をやると私の隣を同じようなスピードで併走していたあいつも「タロウ君」なのか。そんな風に呼ぶと、もしかするとちょっと可愛いかもしれない・・・なんて、誰が思うだろう!!!

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<変化を求めるとき。 | top | I'll survive!>>


comment

Megさん、こんばんは。

なるほど、奴が出たのですね?
それにしても、

>油汗をにじませつつ、背後からしのびより、ふるえる手にはティッシュの10枚重ね

それはひょっとして、普通に元気なそいつを掴み取ろうとする作戦ですか?
ティッシュ10枚重ねとは言え、いきなり手で?(笑)

僕もティッシュで取ることはありますが、そう言うときは前もって丸めた新聞紙で叩いた後とか、殺虫剤でやっつけた後とか、「ほとんど動かない状態」のときなんですけど、Megさんは全くダメージの無い元気な奴を「いきなりティッシュで」という荒技を使うんですね(笑)

それは僕はかなり抵抗ありますよ。だって、ティッシュがあるとは言え、手の中で動いている感触があるじゃないですか(^^;

ところで、この時期になると、コバエも出てきますよね。
あいつら、一匹潰したと思うと、すぐに二匹目が表れたりして、キリが無いです。
そこで、TV CMでお馴染みの「コバエがホイホイ」を買ってきました!

セットして観察していると、様子を伺うようにしばらく周りを飛んだりしていまして、そのうちにホイホイの容器に止まります。
そーっと中に入って嬉しそうにゼリーを吸い始めるわけですが、気が付くと動かなくなってました(笑)
あれね、結構効き目がありますよ。たくさんのコバエが罠に掛かって、あれ以来、我が家の食卓領空は侵犯されてないです。
Megさんも、コバエに困ったら使うといいですよ(^^)
  1. 2009/06/17(Wed) 21:05:40 |
  2. URL |
  3. akasaka #r5rhURPY
  4. [ 編集 ]

akasakaさん、こんばんはー。

ホウ酸団子を買って来て帰宅したばかりでございます・・。

さて、この記事をアップしたあと、
「あー、なんでこんな嫌いなヤツのことに執着した
記事を書いちゃったんだ」と少し後悔しましたが(笑)
今夜もそのおぞましいお話で盛り上がろうとしている、
と言う非常に矛盾した私です(苦笑)

>ティッシュ10枚重ねとは言え、いきなり手で?(笑)

弱っていた上、意外と小さかった。これは事実であります。
私だってシューって殺虫剤ぶっかけたかったですよ!
でも、用意がなかったんです。
新聞紙もあいにくなかった(涙)
それに新聞紙で叩くのも嫌だ!
本当は何もしたくありません!
私の居ない(目にも生涯入らない)何処か別の世界で
生きてくれれば殺すつもりも毛頭ありません。

だんだん分かってきましたが、この記事を書いた理由は
「行動はしたんだってば!でも、逃げたの!」と誰に向けてか分かりませんが、
弁明したかったのでしょうね。
逃げるよね?・・・逃げるかな?・・・あっ、やっぱり逃げた~。
そんな感じです(泣)
明日、ホウ酸団子置きまくります。

ちなみにakasaka家ではコバエも居るんですね。
幸い我が家では見かけませんが、
ちょうど、先日Satoさんが「コバエ取りを使ってみたい」
とか何とか熱く語っていたような気が・・・
面白いように取れるらしいからその快感を味わいたいとか。
(↑虫系の話はあまり耳を傾けていないらしい:笑)

>Megさんも、コバエに困ったら使うといいですよ(^^)

あー、もー、ゴの次はコ?!
毎日を問題なく暮らして行くってなんて面倒くさいのー。
と思いながら生きる私は髪を切っても
全然フットワークが軽くならない堕落した人間です(苦笑)
  1. 2009/06/17(Wed) 21:50:14 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/674-ac02d7f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。