風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

自分で決める幸せ。 :: 2009/06/30(Tue)

 先日の日曜は、朝から気づけば食事もせずに夕方にかけて、それこそ戦場のような仕事場にこもり、夕方、中央郵便局に急いだ。一区切りつけた夜は、高揚したまま眠れず。ずっと手つかずだったデスク周りから書類を片づけ、散乱した洋服の整理をし、それでもまだ眠れないので薬を飲み、久しぶりに小田さんの「クリスマスの約束」を聞きながら布団にもぐりこんだ。

 「ひこうき雲」を歌った年のものだ。心からしみじみとして、ほろりとした。小田さんのおしゃべりが楽しくて気づくと、もう午前3時を回ってしまっていた。

 翌日、寝不足のなか授業をする折り、何となく私の心のなかに小田さんの残像があり、小田さんが私の頭に降りてきたように感じられた。学生に対して冗談を言う口調も、どことなく小田風になっていることに気づく。ちなみに私が授業中に冗談の二つや三つを言うのは、関西人だからとか、学生からのウケ狙いとかではなく、単純に自分が気分よく授業するためという趣味的な問題である。
 「今日は教室の外が騒々しいですね・・・。ま、今日は一斉ゴミ出し日ですからね。ガタガタ音がしても皆、あんまり気にしないで・・・。気にしないと言えば、私は高校の頃、よその学校に借りていたコントラバスを階段からゴロゴロっと落っことしたことがありましてね・・え・へへっ、今だから言えることすが、なんと、それを黙って返してしまったという・・・(笑)」といった感じだ。
 「といった感じだ」と書いても分かる人はきっと誰もいないだろう。が、私の友人で小田ファンの大学教員は「授業んときは、絶対、シャツかジャケットの袖をまくってやってます。小田風です!」と嬉しそうに報告して来るわけで、ファンとはこうした当事者同士しか分からない極めて不可解な存在なのである。

海辺まで行く。 今日は日頃、それほど沢山話す機会もない友人たちからメールなどが届く。
 短い軽いノリのもの。長い長い近況報告。ちょっと涙ぐむほど感動的なもの。どれも嬉しいものだった。それぞれの人たちが自分の人生に向き合って、複雑さを抱えながらも真摯に生きていると思うだけでなんだか勇気づけられた。さして辛いことがあったわけでもないのに「心が疲れている」と日中、自覚していた私は窓を開けてうんと伸びをした。
 しあわせであるかどうかは自分で決めることだ、と改めて思うのであった。 

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<お辞儀をする。 | top | オオカミパパ、オオカミママ。>>


comment

もとくんこんばんわー(^-^) おつかれみたいだね~ オイラもちょっと今日はきついなぁ 寝不足はがまんできないんだけどね(^o^;
やりたいこととやらなきゃいけないこととかがいっぱいでさー 思わずお掃除ロボを買ってしまいました(^-^) もとくんも無理しないでね まだ弱ったからだにはインフル油断できないからね
  1. 2009/07/03(Fri) 22:43:13 |
  2. URL |
  3. ken #-
  4. [ 編集 ]

kenちゃん、こんばんはー。

いやぁ。。。先週末はいったん終えたのだけれど、
今週後半は、さすがにきつかったねぇ(苦笑)
ゆうべあたりから「あ、そろそろ危ないな」って思いながら
教壇に立ったらもう思い切りネジ巻き上げていくからなぁ。

kenちゃんは眠いの我慢できないもんね(笑)
駄目だよ。いくら最初にやる気満々でも一番全席で眠られたら
先生、はっきり言ってへこみます(笑)

>思わずお掃除ロボを買ってしまいました(^-^)

お掃除ロボって案外男性に人気あるらしいね^^
けなげに働いて可愛いらしいとか。
使い勝手はどう?
床に沢山障害物があったら、さすがに威力は発揮しないよね?
と言うことは最低でも床や絨毯の上に置いたものは片づけないといけないんだよね(苦笑)
  1. 2009/07/03(Fri) 23:08:33 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

こんにちはMegさん。ご無沙汰しておりました。お元気ですか。
Megさんのショートカット拝見しました。
とてもお似合いで可愛いですよ(⌒_⌒)

「小田風」というMegさんの言葉で、
自分の小田風は何かな?ってあらためて考えてみました。
小田さんの着ているような白いジャケット持っていませんので、
ジャケットの袖はあまりまくることはありませんが(笑)、
仕事でいろいろ若い人と話しているときに、
“君の人生が二つに分かれているぐらい大事なことだよ”
酒席で、“時の旅...そんな人生をたしかに終るためにはね..”
披露宴のお祝いの言葉に、
“両手の中に湛えている大切な二人の愛をこぼさぬように” とか
気づかないうちにそんな言葉を使っているときがあります(笑)
そして、いちばん小田風なのは、35年聴き続けて耳にこびりついている
オフコースやソロの小田さんの曲を歌う時は必ず彼の歌い方になってしまいます。
小田風でなく、まるで 「小田さん」 そのものが沁み込んでいるようです。
     ↑と...かってに思っているだけかも(笑)
  1. 2009/07/04(Sat) 11:51:53 |
  2. URL |
  3. Megjician #Z9ngXE6s
  4. [ 編集 ]

Megjicianさん、こんにちは★

ゆうべはお返事しそびれて失礼しました。

おかげさまで、忙しいなか何とか日々を過ごしております^^
この頃、朝方になると仕事の夢ばかり見て寝苦しいのですが、
こんな時代にすべき仕事を持つことができ、
やりがいが感じられるというだけでも幸せなことだと思っています。

>Megさんのショートカット拝見しました。
>とてもお似合いで可愛いですよ(⌒_⌒)

まぁ、嬉しいお言葉、ありがとうございます^^
先日誕生日を迎えたので、こちらで一杯写真撮ってるひとに
「ねーねー。私はもうすっかり立派に熟した大人の女よ!」
と言ったら何故だか大笑いしてましたが(笑)

>「小田風」というMegさんの言葉で、
>自分の小田風は何かな?ってあらためて考えてみました。

コアなファンであれば何かしらの強い影響を受けている筈なんですよねっ(笑)
ふむふむ、それで・・・・?

>“君の人生が二つに分かれているぐらい大事なことだよ”

愛をとめないで~、ですね^^

>“時の旅...そんな人生をたしかに終るためにはね..”

「時」「人生」「たしかなこと」は小田ワールドの真骨頂ですもんね!

>“両手の中に湛えている大切な二人の愛をこぼさぬように”

「ありがとう、いつもいつも♪」と歌い出したくなります(笑)

そうそう、ちょうどゆうべ、小田さん×佐野元春氏の対談が
NHKで放映されましたがごらんになりましたか。
小田さんが死ぬ前に愛する人に伝えたい言葉は
「やっぱり・・・ありがとう、だね」と照れることもなく言ったのがとても印象的でした(*^^*)

>小田さんの曲を歌う時は必ず彼の歌い方になってしまいます。
>小田風でなく、まるで 「小田さん」 そのものが沁み込んでいるようです。

はい、私の頭上に降臨したのも「小田さんそのもの」であった気がしましたし、
女性の私でさえ小田さんの歌を歌うなら「きっぱり、語尾は短く。さしすせそは美しく。
”が”は必ず鼻濁音」と思うまでもなく自然にそう歌ってしまいますものねっ♪
一度、元・コーラス部のMegjicianさんが歌う姿も拝見してみたいものだなぁ。
  1. 2009/07/05(Sun) 17:53:13 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/682-efb33542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。