風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

お話を聞きましょう。 :: 2009/07/16(Thu)

 「闘いましょう!」というのは、最近になって、進路やゼミ配属の相談に度々やってくるいわゆる議論好きな明るい青年が言い残して言った言葉。何とどう闘っていいのか分からないという相談で、結論が出た気はしなかったのに、その決めぜりふは何だろう。というのは余談ではあるが。
 これまで出会った学生のなかでは最も博識で専門書もせっせと読み、様々なボランティアだの地域活動に参加し、信じられないくらいに学内外にネットワークを持つ彼が、何故に数回の講義を受講しただけの私に話をしにやってくるのだろうと当初は謎であった。
 話は聞けば聞くほど、何故私なのか分からない。学内には懇意にして貰っているらしい、彼の学びたいことに接近した専門性を持つ教授達は少なからず居るようなのに。

カフェでオーレ。 ただ一つだけ思い当たることは、私が彼の話を興味深そうに聞くせいではないか。同じ大学に居ながら、他領域の先生方とその専門性に触れる話をする機会はまだ滅多にもてない私にとって、彼の話の多くは、彼が関わっている長年に渡って研究を成し遂げた、それも相当ユーモラスな教員たちから刺激を受け、学んだ事柄ばかりだからだ。先人たちの問題に対するアプローチの仕方や人となりに関心を持ち、あれこれ質問をするために、彼をさらに饒舌にさせてしまう。あともう一つ、私が、何かとよく笑うせいかもしれない。「合コンを画策しているが一向に実りません」だの「髪が薄いのが深刻なんす。どないしょましょ」など、内容はどうでもよいが、いちいちその言いっぷりが私には可笑しいのだ。

 彼をよくよく観察していると、「ん?ちょっと待って。本当にそれでいい?」と私が素朴に差し挟む、批判には至らない疑問を言葉にしているとき、明らかに目が泳いでいる。次に口を開けるタイミングをずうずしながら待っているのだ。でも、まぁ、ひとまず私でよければお話を聞きましょうか。私、本質的には話したがり屋で、聞き上手ではないのかもしれない、と時々思うのだけれど。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<白いポット。 | top | 他己紹介。>>


comment

笑顔で興味深く自分の話を聞いてくれる。そんな人に親近感を抱くのは、自然なことのように思います。聞き上手というのは、余計なことを言わずにただただ自分の話に聞き入ってくれる人なのではなく、自分の持ち出した不思議なテーマに沿ってたくさん話しかけてくれる人、ということが言えるような気がします。その博識な人が、めーちゃんの「話を興味深く聞く」ところに親近感を抱いている人なのだとしたら、私もきっと同じ人種ですよ。私は、博識な人ではなくて、たしか仙人か何かだったかと思いますが、仙人もせいぜいそんなものなので・・・。
  1. 2009/07/19(Sun) 21:31:29 |
  2. URL |
  3. た #-
  4. [ 編集 ]

たくちゃん、こちらのコメントもどうもありがとう^^

>聞き上手というのは、余計なことを言わずにただただ自分の話に聞き入ってくれる人なのではなく、自分の持ち出した不思議なテーマに沿ってたくさん話しかけてくれる人

なるほど、そうだねぇ^^
「うんうん」と共感してくれるだけで嬉しいこともあるけれど、そういえば最近こんなことがあったんだけどさぁ、なんて話をどんどん広げてくれて、最終的に、自分の持ちかけた話がたとえ些細なことであっても、その話を共有した我々にとっては「無意味じゃなかった」と思える気持ちにさせてくれたら誰だって嬉しいよね。

まぁ、だけれど、誰に対しても何時でも聞き上手でいられる人なんて居ないからね。そのときのコンディションとかタイミングとか、色々影響する。だから、こちらが話したいなぁと思うときは、上手くお話を聞いてくれそうな状況にありそうな人を選び取るための嗅覚みたいなものが、実は必要なのかなと思いますね。

経験から言うと、私自身には、そうした嗅覚が特別には優れてはいないけれど、私に話を聞いて欲しい人は、ちゃんとかぎ分けて来る(笑)
たくちゃんは学生の頃は若き仙人だと思っていたけれど、(笑)段々大人になって下界に降りてきましたな。でもさ、当時、てがみなどに綴られた哲学的思考が今、仮に現実化されていないとしても、ものごとを相対的にみてこの社会を生き抜くには、はおおいに必要な知識なのだと思うだよね・・・このごろはとくに^^
  1. 2009/07/19(Sun) 23:08:24 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/698-8e1bf1c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。