風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

君はどうなの? :: 2009/07/25(Sat)

 ハラスメントを関する学生の相談に対応する委員なったばかりの同僚と、バスで一緒になり、相談窓口の対応のあり方について色々話す。相談にやってくる学生には、話すだけで良いという者もいれば、全面的に解決に向けてのバックアップが必要な者もいたり色々だけれど、案外、「ひとまず聞いて貰いたいだけ」の学生は多いというのは経験的にも分かる。
 彼は、「でね」と続けた。「報告書を書くときにだ。ぼくは果たして十分に彼らが話したかったことを聞けたのかな、と自問する。ぼくのほうが沢山話しすぎたんじゃないかと。状況は把握出来たけれど、気持ちのほうはどうなのかなって」
 「わかる、わかる」と私は大きく頷く。次元は少し違うが、仕事でした面接調査のあと、後からテープ起こしをすると、時に、むしろ自分のほうが相手よりも言葉数が多い事実が否めない。カウンセリングではなく、対等な関係を前提に、聞き手と話し手の間に何らかの相互作用が生じることを期待しているので、全面的に傾聴のみに徹する必要はないのだけれど、相手が長く言いよどむと、「○○っていう感じかしら?」と言葉を足したり、断片的に散った話を「つまり、こうゆうことでいいですか」と確認するための言葉に加え、自身が感じたことを伝える言葉数も多い。「あ、そうそう。そうゆうことです。まるで翻訳機みたいですね!」と言われて少し苦笑する。相手が独自につづる言葉を引き出せなくてはと思う。

 語弊をおそれずに言うと、ほとんどの「インタビュー」においては、インタビューする側が主役になってしまいがちなのだ。引き出したいこたえは既に自分のなかにあり、相手のなかにそれを探している。その人物が、どんなことを考えているのかを本当に知りたければ、彼らに誰かの「インタビュアー」になって貰うのがいいかもしれない。聞かれて答えるより、何かを聞き出そうとするときにこそ、そのひとの価値観なり考え方が透けて見えるのかもしれない。

スワローハットに黒い日傘。  たとえば小田さんは、人にインタビューされるより、彼がホスト役を演じる時のほうが何だか面白い。ゲスに投げかける質問の中身から「へぇ、小田さんってそんなことに興味があるんだなぁ」と、人となりの断片的に感じたりするのだ。小田さんは、自分がインタビューされる最中に時折、「で、君はどうなの?」と返したりする。真実は分からないけれど、そのような彼には時として「君の考える遡上に乗るかどうかは考え中だ」という姿勢を感じる。
 「君はどう?」という言葉には、インタビューされる側とする側の固定的な関係をニュートラルな地平に戻す作用があるような気がする。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ひとりっこ。 | top | 滞納問題。>>


comment

こんにちは Megさん。 お元気ですか(⌒_⌒)

小田さんがかつて♪Yes-No をつくったとき、曲ができたのにタイトルがどうしても思い浮かばない。
レコーディング当日になってもまだ決まらないまま、TVドキュメンタリ(若い広場)の撮影があり、
若い人たちと話し合っている間もずっと考えていたそうです。
番組の中で司会者に何か意見を求められて、そんな状態の小田さんは、
話の内容がよくわからないまま、とっさに “で、君はどうなの?”と、うまくその場をとり繕ったそうです。
で、そのときに、す~っと、♪Yes-No というタイトルが天から降りてきたそうです。
まさに、君はどうなの Yes? それとも No? の問いかけがタイトルに結びついた...

Megさんのログ・タイトル “君はどうなの?” をみて、
そしてログを読んでいるうちに こんなことを思い出しました(⌒_⌒)
  1. 2009/07/26(Sun) 16:48:24 |
  2. URL |
  3. Megjician #Z9ngXE6s
  4. [ 編集 ]

Megjicianさん、こんばんは。

おかげさまで、大きく体調を崩してしまうこともなく
この夏を迎えております。
ただ、最近では一番体重が少ないんですよねぇ。。。
高カロリーのアイスクリームとか毎日食べています(苦笑)

小田さんの「Yes-No」の曲タイトルが生まれた話は、面白いですよね^^
その番組って何かのディベートだったのかな。
それにしても収録中とは言え、ずっと別のことを考えていられる小田さんって色々な意味ですごいですね(笑)

確かこの頃って、ヤスさんが脱退することが決まっていたんですよね。
小田さんは、オフコースをこれからどうするのかという決断を迫られていた時期で、Yes-Noの狭間にずっと居たのかなと思います。

人生は「選択」の積み重ねだって言いますけれど、
ほんとは後になってから「こっちの道ってYesだった」と言えるような人生をゆけるかどうか、なんだろうなぁ・・・なんて。
  1. 2009/07/26(Sun) 22:50:06 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/703-c09a63c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。