風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

君は空を見てるか。 :: 2009/10/25(Sun)

 私の講義の一つを、車いすを使って日常生活を送る学生が受講している。私は彼のチューター役でもある。と言っても別に何もたいしたことはしていない。日常的に、学内にいる彼の存在を気に留めるようにしているくらいだ。それでも、それまではさして気に留めなかった学内の段差や、低床バスの便数の少なさなどが気になるようになった私は、近々要望書のようなものを書くだろう。
 先週は、その車いすの彼とは別に、ある別の障害を持っている学生を迎え入れた。 過去、留学先で大きな事故に遭い、長きに渡る入院と、懸命なリハビリ生活を続けたあとに復学希望を出している男子学生だった。

 脳に少しの障害が残ってしまったものの、強い復学希望を尊重し、学部全体でのサポート体制を敷いた。 実際会ってみると、彼はとても人なつこい印象の人物で 「先生、帽子がよく似合いますね」と、挨拶は余裕に満ちていた。また学校に戻って来られたことに心底喜びを感じている様子に見えた。
 彼はその日一日で、4コマもの講義に出席を果たしたらしい。 今はなんとしても復学を果たすことが彼の生き甲斐で、 将来はふるさとで同じ障害を持つひとの力になりたいそうだ。 復学シュミレーション期間の最後となる私の講義中、彼は積極的に挙手し、真っ直ぐにこちらを見つめて発言をした。 ボランティア学生と専門職の人が万全の体制で3名付いていたが 何の問題もなく講義を終えられた。

 私はいつも以上に努めてきちんと、混乱のないようゆっくりめに話すようにした。そうした心がけを実行することは、思うに、ほかの学生にとっても好ましいことだったに違いない。 時折合わせる視線に彼との疎通を感じていたが、途中には「何か聞き取りにくいことは?」、最後には「わかりにくいことはなかったですか?」と聞いた。彼は 「わかりやすいです。とても楽しかったです」と言ってにっこり笑った。
 
 授業中、彼は「僕は、留学先でお世話になった人たちに もう一度お礼を言いに行きたい」と話していた。命に関わるような大けがを負い大変な想いをしても、 前向きで明るく、知的好奇心に溢れている。生きる意欲に満ちた非常に魅力的な青年だった。 私だけではなく、彼の強さとしなやかさに、他学生の多くも少なからぬ感銘を受けたことと思う。
  日頃、学生諸君の様子にはため息をつくことも少なくないが、 率先してサポートを引き受け、そのことに喜びを感じている学生らの存在と共に、温かさや多様性が確保されたムードのなかで講義が出来たことが嬉しかった。こうした機会をきっかけに、サポートに関わった教員、学生たちが、皆ともにお互いに笑顔で「ありがとう、ありがとうね!」と労いあっている様子をあちらこちらで目にした。
 
 人はただ、日々の生活を放棄せず何とか生きているだけでも十分じゃないかと思うことがある。でも、得難い多くを求めてしまう。そこが人間の苦しさと人とおしさでもある。それぞれが、自分以外の誰かからの、強烈な承認や愛、自分の存在価値を求めながら人生という旅をしている。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<顔は洗って寝よう。 | top | 岸田くん。>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/10/30(Fri) 22:35:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

鍵コメさん、こんばんは。

以前にも何度かコメントをくださいましたね。
お元気で過ごされていましたか^^

パリからこちらをご覧頂いているんですよね。
そんな遠方にお暮らしの方が、私や、私と関わる人々の日々
つれづれを、何かの想いを持って受け止めてくださるなんて、
とても感動的なことです。

> 得難い多くを求めてしまう。何かを失ってみてはじめて、得難い多くのものより大切なものがあったことに、我々は、気付かされるのかもしれませんね。

挫折のない人生には、きっと成長はないのだと思います。
(もっとも、出来ることならば、大きな挫折はしないで生きたいと思うのが人情ではありますけれど)
今年のお正月には「どんなことがあったとしても乗り越えられる自分でありますように」とお参りに行ったときにはお願いごとをしましたが、ほんとうは「成長の糧としての試練を与えてください」と言わねばならないのかも、しれません。

>そのくやしさ、やるせなさ、といったものが昇華して、力強い何かに変わっていくこと、期待したいと思います。

そうですね。彼ならばきっとそれが出来ると信じています。
たった一度しか会っていませんが、その瞳の輝きは忘れがたいものでした。

> Megさんの、教え子で、パリに遊びに来られる方がいらっしゃれば、ワインでも呑みながら、これまで見てきたもの、感じてきたものを、次世代の若者に伝えていきたいと思います。

学生よりこの私が先に留学したいと思ってしまいますが(笑)、
万が一、学生がお世話になるようなことがありましたら、
どうかよろしくお願いしますね(笑)
  1. 2009/10/31(Sat) 01:42:26 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/748-85605e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。