風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

紛らわしい。 :: 2009/11/05(Thu)

 何だか日が落ちるのもすっかり早くなったよねぇ、ぐりんちゃん。
 もう真っ暗になっちゃったよ。でも、あんたのシマシマはなぜ、こんな闇のなかでもよく見えるんだろうね。ひょっとして発光してるの?
 赤い傘の下 
 あはは。そんな訳ないよね。はぁ、今日も疲れちゃったなぁ。昨日なんかさ、90名近くいる広い教室で2コマも続けて、うろうろ動き回る講義なんかしたら、もう2コマ目は一時間でぶちっと電池切れちゃってさぁ・・・。
 ね、ね。ところで、「小麦粉」のことをメリケン粉って関西付近でしか言わないんだって。知ってた?まぁね、私は沖縄人と大阪人のハーフだし、色々な意味でバイリンガルだから小麦粉でもメリケン粉でも異存は全くないよ。しかしだね、「スコップ」は園児が使うもの、「シャベル」はおっきくて道路工事などをしているおじさんが使うものってのは、譲れないなぁ。


 「フツーはその反対だから、通用しないよ。気を付けてね」だって!得意げに言ってたよ。スコップ使うのがおじさん?それって、へんだよねー。
 ん?あれれ?ぐりんちゃん、なんかご機嫌悪いの?今日は、にゃんとも言わないじゃない。つれないね。ねー、ねー。たまには私も愚痴も聞いてよ。いつも構ってあげてるでしょ、たとえ君が、うねうね地面に這うミミズに夢中で、私の話なんか途中から眼中になしって時でもさ、温かいまなざしを注いで来たし。

 ・・・・。
 あなた、もしかして、ぐりんちゃんじゃないの?!

 あら、失礼しました。
 なんで、いるの?
 いえろちゃん(瞳が黄色)は、この界隈の主じゃないやん。
 それで我関せずな顔していたのかぁ。はぁ、そうか。もういいわ、帰るから。


 ・・・・・・お見送りもなしなのね。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<クリスマスに欲しいもの。 | top | 手紙。>>


comment

Megさん、こんばんは。

メリケン粉って関西の言葉だったんですね。
僕は子供の頃からその呼び名は知っていますので、たぶん名古屋でも使うとは思います。
ただ、僕らが普通に小麦粉を呼ぶときは「うどん粉」って言いました。
強力粉とか薄力粉とか関係なく、うどん粉です(笑)

それと、スコップとシャベルですが、園児が使うのがスコップ、と言うよりも、要するに片手で使える小さい奴ってことですよね。
で、シャベルはそれの大きい奴で、足で踏んで穴を掘ったりするんですよね。

>フツーはその反対だから、通用しないよ

へぇ~、そーなんですか? そーだっけ??
僕はMegさんと同じで、小さい方がスコップなんだけどなぁ。

・・・と疑問に思ってネットで調べてみると、東日本と西日本とで逆になるようですね。名古屋は西日本と同じですね。
と言うか、東日本・西日本というより、やっぱり名古屋が日本の全ての基準だと思いますよ(^^)
  1. 2009/11/08(Sun) 20:27:18 |
  2. URL |
  3. akasaka #r5rhURPY
  4. [ 編集 ]

akasakaにゃん、こんばんは。
(ネコ語は解せますか?あ、無理?では、人間語を使います:笑)

ではまず、「メリケン粉」と「小麦粉」と「うどん粉」について、です。

先日、母が「あら、この家、メリケン粉もないのね」って言ったときに、あぁ、違和感は全くないけれど、なんとなく久しぶりに聞くような気もするな、と思ったものです。とすれば、関西でもある世代以上の人が当然のように使うのでしょうか。よく分かりませんが。

ウィキペディアによれば(ちなみに学生には、レポート書くとき、ここから引用してきては駄目!と言いますが:苦笑)、小麦粉とは『うどん粉、メリケン粉ともいう』と記されていますね。

「メリケン粉」という呼び方は関西などでよく使われている、と説明され、その違いは、

■うどん粉:国内で生産された小麦をうどん粉と呼ぶ
■メリケン粉:外国産の機械製粉された白い小麦粉という意味で使用
※日本に輸入された頃 "American" が「メリケン」と聞こえたため

だそうですよ。

でも、

>強力粉とか薄力粉とか関係なく、うどん粉です(笑)

なんちゅー、こうざっくりした括りなんでしょうかね、名古屋ってのは(笑)
まぁ、いいと思いますよ。
関西人は、さつまあげのことを絶対に「てんぷら」と言って譲りませんしね!
これで、いーのだ(笑)

>要するに片手で使える小さい奴ってことですよね。
>シャベルはそれの大きい奴で、足で踏んで穴を掘ったりするんですよね。

そうそう!
それでこそ、スコップ&シャベルの正しい認識です(私のなかでは)

でね、Satoさんに「大きな穴を掘るときの車”シャベルカー”って言うじゃない?ってことは大きな仕事するのはシャベルじゃない?」って言いますと「なんかさぁ、足で踏んづけて使うのはシャベルでいいらしい・・・」と、また曖昧なことを。
さらに母にまで波紋が及び、「小さいのは業界では移植ごて、って言うらしいよ。大きいのはスコップでもシャベルでもいいんだって」と言ってきましたので、もう好きなように使いましょう!(笑)

>東日本と西日本とで逆になるようですね。名古屋は西日本と同じですね。

名古屋はまぁ、発想も行動も関西ノリに通じるものがありますものね(きっぱり)。

>と言うか、東日本・西日本というより、やっぱり名古屋が日本の全ての基準だと思いますよ(^^)

エスカレーターでは、皆が右にも左にも好きなほうに立ってしまうという辺りに、確かに「中庸を保つ」といういずれのイデオロギーにも偏らない独自性を感じます(笑)名古屋では急ぐときは階段ってことでしょうけれどね^^
  1. 2009/11/08(Sun) 20:52:52 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/753-ff087969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。