風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

ヘルプ・ミー! :: 2009/12/22(Tue)

 とても長い時間、職場にいることが多くなった。土曜日も朝からふたこま連続で講義をしてその後も夜まで働くと、日曜は全く何も出来なくなった。そのつけが月曜日にまわり、ランチまですっ飛ばして気づけば夕方だった。授業中のテンションは著しく高い。ふたこまもすれば体から脂肪が殆どそぎ落とされてゆく。ずっと体重は増えない。
 
 この春から、県や市町村、民と繋がりながら自身の研究との接合をはかっていくような大きな仕事をはじめた。急激に仕事量が増えたのはそのことにも依る。人々の納得を得るための企画書を練り、「これをやります」「ついては予算をつけてください」と申し立ててまわり、あちこちに話をしにいき、要するに何でもやるプロジェクトの旗振り役になった。労力はほぼ限界に達していて、来年度以降はちゃんと学生アルバイトを見込んで予算を使おうと思っている。
 自分がこういった役割がとりわけ向いている人間かどうかなどは検討しなかった。ふたを開けたらそういうことになっていたのだから。
 
 私は悟った。たった一人ではこのプロジェクトの成功はあり得ない。ちゃんとした「専門家」になりたいと思ったら、ジェネラルな力が要求されている。そういうことだ。
 それにしても、事務や行政を相手にした「オキマリゴト」は面倒で分からないことだらけだ。一度経験してみれば楽だが、はじめてで分からないのは当然だ。論文の書き方は学んで来たけれど、県の長に向けた書類のひな形など私は知らない。
 学生には「分からないことがあればまずは自分で調べてみなさい」と言う。でも、今の私は職場の真ん中でこう叫びたい。

 『私のことを助けてください!!』

 分からないことがあれば、すぐによく知っていそうな人に頭を下げて聞く。「恥をしのんでうかがいます!これこれを教えてください!」と大きな声で叫ぶ。そんな事も知らぬのか、馬鹿者がと思われてもよい。今から知ればいいのだから。そして、言ってみるものだ。案外、「よっしゃ、まかせとき!」と言わないばかりに教えてくれる人もちゃんといるのだ。

 外と繋がるために方々からのメール対応をする合間に授業の準備をして、ハイテンションで授業をする。さらに合間に学内紀要の校正をして・・・今日一日、私は何か実りある仕事をしたと言えるか。一日が終わると悲しくなってしまうことがあった。最終バスで一緒になった研究者が「ネイチャーに投稿したんだ。でも、落とされた。あれから2年経ってようやく○○って雑誌にアクセプトされたんだよ」と嬉しげに語っていた。羨ましかった。つい先週頃のことだ。「私はどんな人間として、どんな風に仕事をしたいのか」と問いかける。
 けれども、明日も歩きださずにいられまい。
 先週の日曜には研究会に行く。饒舌になる自分。よし、私は私だ。
 そして、また戦場に戻って来る。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<女同士のクリスマス・イブ。 | top | 空みたいにさ。>>


comment

「助けてくれ~」は、天に叫べばただの悲鳴。反応がありそうな
相手を見定めて、助けてほしい対象をすっと差し出せばれっきと
した依頼だし、コミュニケーションだし、プロジェクトを前進さ
せる原動力になる。「まずは自分で調べ」て何を助けてほしいの
かを明確にする作業は大切だからね、学生への指示とあなたの
叫びは同じ線上のできごとだと思うよ。

>「今日一日、私は何か実りある仕事をしたと言えるか」

 ほんとにそんな風に思える日があるね。「何してたんやろ?」
が嵩じて「おれ何したいんやろ?」と自問し始めると、不意に
哀しくなることもあるなぁ。ぼくはぼく、まじめに仕事してるん
だから、ええとこをきちんと自己評価しようや、という思いと、
何らかの「結果」を残さへんかったらいくら頑張ったって言い
張ってもあかんやろ!という思いと、半分半分。歩きながら、
たまにふと立ち止まって考える、というようなことを繰り返すしか
ないように思えるね。おたがいがんばりましょう。
  1. 2009/12/23(Wed) 04:59:36 |
  2. URL |
  3. た #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/12/24(Thu) 15:57:50 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

せがたく、こんばんは。

今夜は終電とタクシーじゃないコースで帰宅できた?(笑)
帰宅の道々飲んだくれて、途中で「我とはなんぞや」とか呟いていない?

私はですね、今日はとてもすぱっと決断をしまして、
夕方には仕事を全部放置して(残りは皆、明日やる覚悟)
友人と一緒にイブの夜の食事会に出向いてきました!^^
よく考えたらゆうべは悩み事があってよく眠れず。
でも、今はひたすら眠いだけで気持ちは元気よ。

>「助けてくれ~」は、天に叫べばただの悲鳴。
>反応がありそうな 相手を見定めて、助けてほしい対象をすっと差し出せばれっきと した依頼だし、
>コミュニケーションだし、プロジェクトを前進させる原動力になる。

ほぉー。かっこいいね(笑)
まぁね、本当は言えば誰でも何でもやってくれる訳ではないし、
完璧に無視されることだってあるわよ。
ただ、声に出さねば全く誰からも助けては貰えないということで
頑張ってみております。

>ええとこをきちんと自己評価しようや、という思いと、
>何らかの「結果」を残さへんかったらいくら頑張ったって言い
張ってもあかんやろ!という思いと、半分半分。

よく分かるわ、その気分(苦笑)
せがたくの「お仕事日記」の部分は、ほとんど私の気分を代弁していると言っても過言ではないよ。

「結果」とは・・・本来は遠い先に振り返ったときの軌跡みたいなものだから長距離ランナーみたいな気持ちで行こうよ、みたいな気持ちとそんな悠長なこと言ってていいのか、もう明日にでも成果を出していきたい、みたいな焦りの気持ちとの交錯。

ま、でも、現実は自分の歩みで「一歩一歩」しかないのよね。
  1. 2009/12/25(Fri) 00:20:53 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

鍵コメちゃんへ

メリークリスマス!★
いつもそんな風に気にかけて貰ってどうもありがとう!

カレンダーは昨年や一昨年のものもずっと大事にしています。
どれも好きだから、カレンダー機能は無視して(笑)
気ままに好きな写真のどれかが私んちのリビングに^^

私なんぞまだ年賀状のね、の字にまでたどり着いていない有様。
こんないつも自分のことでいっぱいになってしまっている人間を
それでも想ってくれたり心配してくれたりする
おねえちゃんの存在にとっても感謝をしています。

ずっと変わらずそこにいてくれたら、私は嬉しいのです。

あ、今日の私は仕事もテキトーにすっ飛ばして夜は
訪ねてきてくれた友達とディナーデートをしました^^
  1. 2009/12/25(Fri) 00:28:30 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/773-2cb98160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。