風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

関西人は本当にヒョウ柄が好きかどうかは別として。 :: 2009/12/25(Fri)

 「可愛いヒョウ柄の帽子を見つけて欲しかったのですが、我慢しました。大阪でヒョウ柄ってあまりにもベタすぎやろ!と思って」

 以前の職場でとても懇意にしてくれた同僚の女子が、このたびお気に入りのアーチストがライブを大阪でやるということで、四国から遙々とやってきた。という旨のメールが冒頭の一文と共に午前中に飛び込んできたのだ。
 ついてはせっかくなので、「ひょとしたら会えるかなー」というニュアンスを、こちらが仕事中だろうという配慮から、遠慮がちに漂わせつつ「大阪って浜村淳のポスターがいっぱいですね!」とか「本当にどこに行ってもヒョウ柄が売っています!」などと楽しいレポートを炸裂させていた。
 浜村淳なんてそんなに見かけたっけなぁと返信すると「大阪人にはもはや空気なんですね・・・」だって。

 そんな彼女に「ヒョウ柄帽子は、これ東京で買ってんと言っておいて、四国で被れば中和されるんちゃう?(←なにが?:笑)」といった冗談メールを飛ばして遊んでいると、しばらくして本当に「励まして貰ったので買っちゃいました」と言ってきた。彼女はきっと関西でも生き生きと暮らせそうである。そういえば学生時代を東京で過ごした彼女は「あの人らの「へぇ・・・そうなんだ・・・」って反応に、はじめは耐えられへんと思いました」と言っていた人だ。「なんでなんで?ほんでほんで?それで、どないしたんよ?」と言わないのは何故なんだ?、と。
 そんな訳で、この週末は、ちょっとだけ足を伸ばして可愛いヒョウ柄の頭を拝みに出向いて来ようと思う。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<たしかなこと、ひとつ。 | top | 女同士のクリスマス・イブ。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/775-ff22b88d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。