風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

明日はどんな天気かな。 :: 2010/02/25(Thu)

 気づけばもう2月も終わりだ。人生史上で最も忙しい毎日を送っていると思う。

 あまりにも「あー、しんどい、しんどい」と嘆いていたら、しょっちゅう研究室を出入りしたり、出張先にもいそいそ友達とくっついて来る学生たちが、「せんせー、そんなら僕らに仕事振ってくださいよー」と言ってくれたのである。その瞬間、「え?嬉しい。ほんとー!?」と全部言い終わる前に、ばさっと資料を渡してしまった私であった。
 大学生にもなると猫ちゃんよりずいぶんとマシである。勉強はあまりしないし、いちいち青臭い発言につきあう必要があるが、情報機器の扱いは長けているし、それなりに主体的に取り組む姿は甲斐甲斐しいものである。「むさいメンズ2人(私は言っていない。勝手に自称した)」で、ちゃかちゃかと多少、雑ではあったけれども仕事してくれて、とても助かった。
 昨年立ち上げたとある地域プロジェクトに、そんな風にちょっと時間と気持ちを持てあまし気味の学生らをも参加させている。そして、そのまま彼らを対象地域に連れ回し、卒業研究に結実させて行こうと決めた。今年は、大勢ゼミ希望者がいるらしいので、この際、テーマを一つに絞って指導することに決めた。
 ほどなく「せんせー、俺ら、もう学生チーム作りましたぜ。メーリングリスト作りました」とやる気満々報告が届く。おそらく、今の彼らは楽しくて仕方がないサークルのノリで、おそらく私は、強力なサポーターが出来たノリで今だけが蜜月の時かもしれぬが、とりあえずは、双方が幸福になる構図である。

 ちなみに、彼らのサークル的ノリなチーム名は「め★組」と言うらしい。私を公に呼び捨てやろうという魂胆ね。
 人数が若干多めの女子たちに、男どもを仕切ってリーダーシップを取るように助言する。男子は女子の前では2倍、働くらしいので。こんなに忙しいのだもの。時々面倒くさい思いもするけれど、若いのと一緒に「おー、やったね」と言い合えるような楽しい日常も持たねば、と思うのだ。

 ここ最近の「よかったことだけ」記述するリスト。

 ・タクシーに乗った。きっかり1200円足りなくなった。
  カードでは払えないと言う。運転手さんがいい人でお金を立て替えてくれた。もちろんお金は後日、返したが、お礼の気持ちで、そのひとを個人的に3回お呼びして来て貰ったらとても感謝された。
 
 ・タクシーに乗った。マンション近くの大きな病院名を告げた。「それって・・・知らんわ」と言われて、てっきりまた意地悪な運転手だと思い、「では○○駅まで」と行き先を変更した。降りるときに意外な展開が生じた。
 「道を知らんのはわしが悪い。堪忍やで。お金はいらん!」と言われてびっくりした。本当に払わせてくれなかった。
 
 ・夕方近くにバスで出勤するときに、出張帰りの学部長に遭遇。「お、どこ行くねん?」「大学・・・ですが」「ほな、一緒に乗っていこうや」と言ってタクシーに一緒に乗せて貰った。ハイヤー出勤である。
 
 ・タクシーに乗った。いつも小型にしてほしいと電話口で言うばかりか「登録」までしているのに、性懲りもなく大型車がやってきた。これで4度目だった。頭に来て「小型の料金で行ってください」と言ったら、運転手が恐縮して本当に、小型料金未満で乗せてくれた。

 こんな風に相変わらず、タクシーばかり乗っているということだ。自宅から、魂を半分置きざりにして、体だけ無理矢理這い出して行くような毎日なので無理もない。でも、もう一ついいこと。春からお給料はちょっと上がるだろう。
 もうすぐ春が来るんだな、本当に・・・くっきりとオリオン座が輝く夜空を毎晩見上げて帰宅している。
 きっとこの春も、桜空をぼんやり空を見上げていたりしると、後ろから「なんか見えるんすか。人には見えんもんがっ」とつっこんでくる相手は学生たちのような気がしている。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<取材拒否 | top | つかの間。>>


comment

タクシーMegさん、こんばんは。

残念ながら真央は銀メダルでしたね。
トリプルアクセルを2回(合計3回)も成功させて、銀メダルではありましたが、後世に残る歴史的快挙だと思いました。

さて、もうすぐ3月ですが、Megさんは相変わらずお忙しいようですね。
タクシーだとバスに比べればかなりコストが掛かりますが、少しでも体力を温存するためならば、むしろ良いのかも知れませんね。
結局は、仕事をする上で一番必要なのは、体力と健康ですから。
横柄で乱暴な運転手もいますから、上手に利用することだと思います。

忙しいと言えば、僕も忙しくなってきました。
暇なときはバカみたいに暇なのに、少し忙しくなると途端に仕事がどんどん舞い込んできます。
それはそれで僕の場合は収入に直結しますから嬉しいことなんですが、3月になったらあれとかこれとかしなくちゃっと思っていたことがこの忙しさで少しずつ難しくなってきました。
だけど、この3月後半には数日旅に出ようと思ったそれだけは、必ず実行したいと思うのでした。
  1. 2010/02/26(Fri) 21:07:26 |
  2. URL |
  3. akasaka #r5rhURPY
  4. [ 編集 ]

akasakaさん、こんばんはー。

まだ明日の準備で仕事中です。
珈琲も飲み干したのでブログを読みに来ました(仕事しろって?:苦笑)

>残念ながら真央は銀メダルでしたね。

いきなり「真央」って・・。
親戚の子どもみたいな呼び捨てをしちゃって(笑)

今日、帰宅してからニュースを観ました。
SPが終わったあとに、上手に出来た!と思わずぴょんぴょんと跳ねる愛らしさが
彼女の素顔だと思います。
今日のインタビューでの泣き顔も赤ちゃんみたいでしたね。
本当にどれだけ悔しかったかと思います。
日本国じゅうの人達が同じように瞳をうるうるさせてあの会見を観たかと思いました。
(そんな彼女に今のお気持ちは?などとアホな定型質問をしなければならない
インタビュアーも悲しかったことでしょう)

キムヨナに負けたことより、自分の最高の演技が出来なかったことが
悔しくて溜まらなかったと思います。
そんな純真で一途な真央ちゃんの人間性はとても魅力的で、大好きです。
トリプルアクセルを見事に3度も決めたこと、それでも「悔いが残る」と自身の負けに
涙を流しながらも真っ直ぐに向き合った強さが本当に素敵でした。

キムヨナはやはり、あらゆる意味でトータルに素晴らしかったと思います。
私は、彼女は神懸かり的な世界一の、しかも美しい演技をしたと思います。
一体あの若さで、あの際だった洗練をどのようにして身につけたのでしょう。

でも、不思議ですね。あの2人が並ぶと体型はそっくりなのに、
キムヨナが滑るとより華奢で繊細に見え、真央ちゃんは実際よりも大きく力強く見える気がします。
個性が際だってきた彼女たち、これからも目が離せないですね^^
そうそう。安藤や鈴木選手も入賞を果たし、世界観のあるのびやかな演技に感動しました。

もうこれでおやすみなさい、と言ってもいいような気が(笑)

えっと・・。

タクシー乗車はもう今は仕方がありませんね。
このワーク・バランスをどうにかしないうちは。。。。これが目下の最大の悩みです。

akasakaさんもお仕事が忙しくなって来ましたら体調に留意して頑張ってくださいね^^
ご旅行の予定も是非叶いますように!
  1. 2010/02/27(Sat) 02:34:00 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

Megさん、こんばんは。

いよいよオリンピックもオシマイですね。
最後になってスピードスケートで女子が銀メダルを獲得して、結局今回は金メダルは一つもありませんでしたが、締めくくりとしては良かったですね。

さっき、エキシビジョンを観てましたが、今回のフィギュアで僕が最も感動したのは、フィギュアのペアとアイスダンスでした。
愛を囁きながら踊っている二人の様子がとても美しく、ペアでは女性を投げ飛ばしたり、投げ飛ばされた女性が4回転ぐらい廻ったり、ジャイアントスイングをしたり、軽々と女性を片手で持ち上げてアクロバチックな演技もあったりして、色々なワザにも惹きつけられました。

Megさんはきっとすごく体重が軽いでしょうが、僕だったらMegさんを片手でなんて持ち上げられないっス。とても無理。
あれはどうやって持ち上げてるんでしょうね。
あ、でも、おんぶなら僕にも出来るかな。そういう新ワザに挑戦しましょうか(笑)
  1. 2010/02/28(Sun) 21:21:33 |
  2. URL |
  3. akasaka #r5rhURPY
  4. [ 編集 ]

akasakaさん、こんばんはー。

私もゆうべの再放送でエキシビジョンを観ましたよ!

実は私は少し前まではぺアってあまり興味を持っておらず、
観る機会も少なかったのですが、
数ヶ月前にフィギュアのペアを取材したドキュメンタリーを観てからは、「ふたりの人間(男女)が互いを鏡のように共鳴しあいながらダンスを創り上げる」という独特のプロセスに魅せられました。

自分だけとの闘いともまたちょっと違うんですよね。
彼らに夫婦や私生活でも恋人同士というのが多いというのも分かるような気がします。

今回ゆっくりとテレビで観覧しましたが、ペアならではの見応えって確かにありますよねぇ!
中国の選手なんて、まるで雑伎団から出てきちゃたみたいな人達でしたが、アクロバティックな身体能力と芸術の総合力に感激してしまいました。

エキシビションでは、ずらりと彼らがリフトしながら登場する姿が圧巻でしたね^^

>Megさんはきっとすごく体重が軽いでしょうが、僕だったらMegさんを片手でなんて持ち上げられないっス。とても無理。

えーーーっ!たった40キロしかないんですよ?
ひょいって持ち上げてくださいな。
ひょっとするとakasakaさんの半分くらいじゃないですか?(笑)
え?そこまではおっきくない??

>おんぶなら僕にも出来るかな。そういう新ワザに挑戦しましょうか(笑)

昔ね、学生時代に私より小柄だけれど、ちょっと横幅のある後輩が、ある時、じーっと私のことを見つめて・・・「うん。できそうやな」と呟くと、「せんぱーい、ちょっと先輩のことお姫様だっこしてみますぅ」と言うなり、ひょいと私を持ち上げたことあるんですよ!?

おんぶ、だなんてあまっちょろいです!(笑)
今夜からウサギ跳びと腹筋をして、いつか片手でひょいに挑戦してください!手乗りめぐ、に挑戦です(←いったい何のために:笑)
  1. 2010/03/01(Mon) 20:20:49 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/800-d0e606ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。