風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

食べ盛りは何時までだ。 :: 2010/06/26(Sat)

 学生達とフィールド調査へ。
 調査成果は別として、四方八方、学生に囲まれてそのノリと会話を聴いていると、どうにも可笑しくて溜まらず、私はずっと笑い通しなのだった。ほかの先生たちが学生にどんな風に観られていたり、あだ名を貰っていたりなど、聞かなくとも次々披露してくれる。ちょっぴり高知時代を思い出した。冬には官舎に呼んでよく鍋パーティをしたのだ。最近では「家政婦に雇ってください!そして、バイト代を弾んでください」と冗談で頼まれても断じてシカトである。どっぷりと学生らと関わっていると、プライベート領域は死守せねばという気持ちが働く。
 
 彼らと、とりあえず夕飯を何処かで済ませて、そのあとまたフィールドに戻ることになった。
 それで、私は初めて学生には馴染み深いという「すき屋」デビューをしてしまった。近所にはないが、名前だけはしょっちゅう耳にする。興味津々でお店に入る。イメージとしては、おじさんたちが横一列で黙々と牛丼を食しているというものだったが、店内は案外広々していて、こぎれいな四人掛けのテーブルも複数ある。そう言えば、近所のモスバーガーも一度も入った事がなかったが、学生らとの調査のあとに初めて入って「店員が無駄に多いんだな」などと木訥な感想を抱いたりしたものだ。
 
 すきや。メニューを見てその安さに思わず「今日だけはごちそうする!」という私のかけ声と共に、男どもは遠慮なく「並」から「大盛り」に変更注文。女子たちも皆、体育会系らしくすかさず「サラダ追加!」と声をあげる。

kumakumakuma 「先生、お肉食べられるんですか??スープだけ、とかはないですよ?」と確認した女子が、私がまださして空腹ではなかった為に少し残した「ネギトロ丼」の器をすかさず取り上げ「くださいね!頂きます!」といって平らげた。実に食べっぷりがよい気持ちのいい女子達だ。
 そんな男気ある、頼れる女子チームのガールズトークによれば、お尻を突き出して坂道を息を切らせてぜーぜー歩いたり(我が大学は坂道が多い)、細かいことを気にして繊細過ぎたり、自分よりも体力が劣る男子は「問題外」らしい。が、我がゼミの男子チームが若干その系統にいる。女子らに「あの子ら夏合宿して鍛えたろか?」と相談されている事実を彼らは何時知るだろう。そうは言っても彼女たちは基本的に人をよく見ており親切で優しいことを私は度々感じる。

 また、うすうす感じてはいたが、私が未だに何処に行っても「全く引率教員には見えないために、現場がしばしば混乱する」という事実も自覚することにした。親しげに「先生が来てはらへんねぇ?」と言われて恐縮しつつ「は、すみません。私が先生です」という漫談なような会話は、いつまで続くだろう。ただ、私の印象は予定調和的でないほうが相手は興味を持ってくれるという点に限定すれば、このプロジェクトをする上ではメリットである。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<お願い。 | top | それがどうしました?>>


comment

Megさん おはようございます。

昨夜、「大人の休日倶楽部」から現実に戻り
今朝は少々のお疲れモードなのですが、今後のことを考えて
口が裂けてもそんなことは言えません(笑)

Megさんのブログを開いたら、あっ うちの子抱っこしてくれてると、思わず主人を呼んでしまいました。ありがとうございます。

学生さんとの楽しい会話を拝見し
娘の彼氏とその友達と飲んだ時の話を思い出しました。
「黒雲(こくうん)」と呼ばれている先生の話が出て
いわれを聞くと、単に髪の毛がクルクルして黒い雲のようだから
だそうです。

先生方も大変ですね。
素敵なあだ名がつくようにお祈りしております(笑)

娘の友達は西宮の男の子で
こてこて関西人トークで楽しかったです。
やっぱり生まれもってのサービス精神なんでしょうね。
新潟産の彼氏はちょと押され気味でしたが
親としては、そこが純朴で高得点だったかも‥‥。

朝からおしゃべりしてしまいました。

        benimasa

  1. 2010/06/28(Mon) 07:48:02 |
  2. URL |
  3. benimasa #-
  4. [ 編集 ]

benimasaさん、こんばんは。

早朝から楽しいコメントありがとうございます!(嬉)
毎朝、5時に起床されるのが習慣なのですってね??
まさにお仕事に、家事に励まれるスーパーお母さんなのですねぇ(感嘆)

しばらく、お嬢さん達の所に行かれていらっしゃったのでしたね。
娘の家に行くと、ついつい朝から掃除に洗濯と
せっせと母心を発揮しちゃうあたりは、うちの母とも全く同じです。
お母さん、ありがとう・・・なんちって今頃(笑)。

>あっ うちの子抱っこしてくれてると、思わず主人を呼んでしまいました。

あ、はい(*^^*)
Satoさんに「あのくまちゃん、連れてきてね」と願って、撮影日和に一日連れて回りました。
私が撮ってみたくて、かごバッグに顔だけ出して電車内やカフェで試しに撮ったのですが、
結局、最後に撮影して貰ったこれが一番可愛かったものですから・・・。

Satoさんが、この子を我が家にしばらく里子に出しておりますので
前から一緒に暮らしている、毛並みふさふさのクマちゃんと仲良く並んで
夜な夜なリビングでうだうだする私を2人で観ておりますね(笑)

>「黒雲(こくうん)」と呼ばれている先生の話が出て
>いわれを聞くと、単に髪の毛がクルクルして黒い雲のようだから

ええ、ええ(笑)
学生って、先生のあだ名付けるセンスだけは「天才じゃないか?!」と
思うときが私もあります!
でも、とてもとてもここに書けません!
聴いたときは、私はお腹がよじれるほど笑ったのですが。
私をなんと呼んでいるかは、もはや知らないほうが良さそうな気がしました。

>娘の友達は西宮の男の子で
>こてこて関西人トークで楽しかったです。
>やっぱり生まれもってのサービス精神なんでしょうね。

私にも何処か関西の血が流れているのでしょうか・・・
「ご出身は?」とよく聴かれるので関西人には見えないらしいですが生粋の関西人です。

どんなに頑張って講義しても、時折、学生が寝てしまうとき、ものすごく絶望します。
どうやら「どうせ喋るなら”ウケたい”じゃないか」と常々思っているようで。
どこかに虎視眈々と誰かを笑わせたい、と思っている自分も居るようです。
が!どちらかと言えば、手に負えないボケボケぶりの自分を持てあまし気味です(苦笑)

>新潟産の彼氏はちょと押され気味でしたが
>親としては、そこが純朴で高得点だったかも‥‥。

ええ、ええ。そのとおりです!
断じて「おもしろい」だけに得点をあげてはなりませぬ(笑)

よく推薦入試などの際にですね、面接をするのですが、
関西圏以外出身の先生方が仰るのですよ・・・。
「関西人以外の学生は一見、おとなしそうに見えて不利だなぁ。関西人って押しが強いから、
それだけで得だよ。でも、ボクは押しが強いだけでは点数あげないからね!」って(笑)

嬉しくて、他愛なくお返事してしまいました。
よければまた、いらしてください★
  1. 2010/06/28(Mon) 22:35:29 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/846-60666268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。