風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

30円不足。 :: 2010/08/27(Fri)

 昨年あたりから一緒に仕事をしている行政先の女性職員(一部男性)の人達とも大分親しくなってきた。これだけ頻繁に足繁く通っているのだから当然である。おおむね皆、自分よりも年長の方だが、自分ががどのような人間として観られているのか今日は色々教わった。想像以上にとても「観察」の対象になっていることが分かった。

 「まず、今日は、何を着て来るのかがとっても楽しみ(喋ることより?!)」
 
 「先生には見えない(・・・・)」

 「かといって、何者にも見えない(・・・)」

 「ハイジのよう」(?!)

 「喋っている時や、書いてはる文章を読むと、この人、ピシっとしてはるわ。
  賢いわ~と思うのに、時々、降りる駅を間違えたりしてはるよね(笑)」

 「ちょっと天然ボケなところがええわ(ちょっと、ではなく「かなり重度の」である)」

 「あの人が真っ白なのは、数センチの距離の日向も、必ず日傘を差しているせいやって○○課のK君が言ってたで(Kさんは、私に全然話しかけて来ない癖に、余計なところは観てるんやな)」 
  
 話は替わり、今年は学会の仕事もまわって来て、これが苦痛で溜まらない。先日、私も書類作成の一部に携わり、学会員たちに一斉郵送して我が家にも届いている筈の封書が忽然と見あたらなくなった。これは立場上、非常にマズいので、同じ学会員でもある父に「これこれ、こうゆう封筒が届いているはずだから、こちらに転送願う」と依頼。父が、その封書を管理していた!という奇跡に安堵した翌日、消えた封書は格別、捜索の必要もない場所から発見された。 
 そして、さらに本日、実家から、ご丁寧に速達で転送された封書。

 「30円の料金不足です」
 
 ちょっとずつ足りない愛おしい我が家のひとびとである。 

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<我が身を振り返る。 | top | 足下はスニーカー。>>


comment

Megさん、こんばんは。
とうとう9月になりましたね。でも何ら変わらなく暑いですね。

Megさんがどんな仕事をされておられるかはこちらのブログを読んで想像したりはしますが、でも詳しくは判らないし詮索するつもりも全然無いんですけど、

>かといって、何者にも見えない

あぁ、これが正解ですね!(笑)

小説家かな?と思った日もありました。
ひょっとして、小児科とかのお医者さん?と思った時もありました。
あるいは、デザイナー、コーディネーター、イラストレーター、アニメーター、バレリーナ、音楽家、芸術家・・・etc. なんて思ったことも。

でも、きっとどれも違うので、まぁ要するに、ティンカーベルみたいにいたずらっぽくふわふわと飛び回っているのだろうという結論に達したのでした。
(あ、すみません、「ティンカーベル」は今思いついただけです(笑))

いずれにしても、Megさんのキャラクターというのは、そういうクリエイティブな感性、確かな知識と知恵、物事の本質を見抜く力、それらを理路整然とまとめる力、そこに常人では考えられない天然ボケがミックスされた類い希な存在なのだと思うのですよ。それでいて、可愛くて美人だし(^^)

>ハイジのよう

あぁ、そうですね、髪がショートカットという点だけは似てるかも。
やっぱり、ハイジは日傘は差しませんからねぇ。いつも同じ服着てるし(笑)

そんなわけで、日焼け止めを塗りたくったのに結局真っ黒になってしまってマジで日傘が欲しいと思った今年の夏なのでありました。

  1. 2010/09/01(Wed) 22:46:37 |
  2. URL |
  3. akasaka #r5rhURPY
  4. [ 編集 ]

akasakaさん、こんばんは★

とうとう「日本人にはもはや見えないレベル」な日焼け度になりましたか(笑)
この酷暑は、もはや異常ですものね。
男性だろうと、日傘の一つも持って太陽から「身を守る」ことも
そろそろ常識になって来ると私は思いますよ!
(だいたい一日に浴びる紫外線の量は、手の甲に15分程度で十分だそうです。akasakaさんが撮影で浴びているだろう紫外線を想像するだけで私は倒れそうになります。)

>でも、きっとどれも違うので、まぁ要するに、
>ティンカーベルみたいにいたずらっぽくふわふわと飛び回っているのだろうという結論に達したのでした。

ティンカーベルは、気に入りました(*^^*)
「リボンの騎士」に私を例えた学生たちに次は「ティンカーベル」と呼んで貰えないか聴いてみます。
・・・ってまぁ、暴動は起きないと思いますが(笑)
彼らのなかには、こんな私を「とても厳しい先生」だなんて感じる者も0.01%程度はいるんですよね。
「ゼミにレジュメを用意しなさい。遅刻・欠席をしないように」と言うだけでもね(笑)
で、その手の学生が私をどう言っているかは、決して本人からでなく
人づてに伝わって来るものです。

人が堂々と本人に伝える「イメージ」は中身がどうあれ、
その人におおむね好意的な場合に口にするものですからね。
「伝えられない印象」のほうがむしろ重要だったりもします(苦笑)

>そこに常人では考えられない天然ボケがミックスされた類い希な存在なのだと思うのですよ。それでいて、可愛くて美人だし(^^)

「常人では考えられない天然ボケ」とまでは、さすがに面と向かって言われた試しはありませんが、
今日の私には、後半部分の「可愛くて・・・」の言葉しか伝わって来ませんね
・・・むははは!(→笑っておけ)

>やっぱり、ハイジは日傘は差しませんからねぇ。いつも同じ服着てるし(笑)

たまたま、その行政に呼ばれて講演に行ったときに着ていた淡いオレンジ色の
コットン・フレアースカートが、ちょっと牧場でミルクを絞るような印象だったのかもしれないです(笑)
頭に巻いた太めの白いスカーフも伴って。

akasakaさんは、どんな場所でも「一番前」で撮影する人のイメージですね。
よさこいでも、体操でも、戦場のように第一線に出てカシャッ、カシャッって
シャッターを切る孤高のカメラマン。
実は、ちょっとだけ照れ屋さんで、甘えん坊。
だいぶナルシストぶりを演技しているなかで、
真実もちょとだけナルシスト(笑)
どうでしょうか?^^ 
  1. 2010/09/01(Wed) 23:38:03 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/875-67a8c500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。