風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

我が身を振り返る。 :: 2010/09/02(Thu)

 事務からの通達。私が担任(数年前から大学にもかかわらず、ゼミ教員以外に各学生に担任がつくようになった)を引き受けているとある学生が、「前期の授業料が未納ゆえに、すぐに保護者なりに連絡して状況を把握して報せよ」とのこと。さもなくば除籍になってしまう、と。数日前に連絡を受けたが直ぐに対応できずにずっと気がかりだった。

 当人の学生とは色々と縁があって単なる表面的な仲よりは少し深い。こういった場合、親に連絡するほうがいいのか当人に「どうなっているのかな?」と聴いてみるのがいいのか迷った末、単刀直入に保護者のほうに研究室から連絡を入れた。 
 
 幸いなことにすぐに連絡はついた。別に恐縮して頂く必要もないのだけれど、わざわざ連絡をさしあげた割には悪びれる雰囲気は微塵もなく、保護者からはこちらの心配とはかなり剥離のある悠長さで「振り込み用紙をなくしてしまって探しても見あたらなくて」と関西独特の砕けた様子で打ち明けられた。つまり支払う意志はあるということだ。「そっち(大学)に新しい振り込み用紙取りに行かないとダメですかねぇ」と聴かれたので、「いえ、再発行を事務に依頼して郵送できるのではないかと思うので、聴いてみます」と言って電話を切った。「そうしてくれたらありがたい」と言われた。「申し訳ありません」とは言われなかったと思う。もっとも、私が謝られる立場でもないので構わないが、正直、面倒であることには変わりない。このような事柄は日常的に一つではないので、多々、積算されてゆくとストレスとなるのだなと思う。
 事務に事情を話す。そもそもこちらに事務から送られてきたメールには、学生の学籍番号、連絡先、保護者の連絡先のすべてが明記してある。学費未納学生の担任に一人ずつこのようなメールを書いたのだろう。事務の女性は「あぁ、郵送は出来ないと思いますねぇ。契約室まで取りに来て貰わないと・・・あと、契約室にすぐに発行してくれるか聴いてみないと・・・」などと言うので、「そうですか。それで、私がその事を改めて保護者の方にお伝えすると同時に、私から契約室に再発行をお願いするわけですか?」と聴くと、「あ、ではこちらで契約室に聴きます」と言われた。

 しばらくして、その事務の女性から「学生本人に、本部3階にある契約室まで再発行の振り込み用紙を取りに来て貰うように保護者の方に連絡を済ませました」と言ってきた。「そうですか、ありがとうございます」と言って電話を切ったが、何となくあらゆることが「これでいいのだろうか」とスッキリしない気分になった。

 と言うのも、その学生は、実は普段、車いすを使って学内を移動している。夏休み中で講義もないだろうに、大学まで出向き、3階までわざわざ用紙一枚を貰いに行くのは大変ではないだろうか。こうした場合、私が取りに行って郵送してあげてもよかったのではないか。あるいは大学がそのあたりは融通を利かせて郵送という手段も講じてよかったのではないか、など。それとも、規則は規則。遵守して貰っての秩序なのだろうか。
 それから最終的に事務職員が取った行動を観れば、こういった類の対応は、担任である教員を媒介にする特別な理由がない限りは、あくまでも事務レベルで行ってしまうほうが合理的だったのではないか?といったことも重ねて感じたのであった。

 何はともあれ、「期限内に物事をきちんと澄ます」といったことは、どうしようもない場合を除き、案外、とても大切なことなのだ。一つボタンを掛け違えると、自分だけの問題ではなくて、方々に迷惑をかけてしまう。ある程度の「迷惑」が許容される社会が豊かだとは思うけれども、さしたる理由もなく「ま、いいや、遅れても」などと思ってしまうのは、意図せず自分だけお客さま気分でいるのに気づいていないのに近似するのかもしれぬ。
 私が院生の頃は、必ず「授業料の支払い期間」を過ぎてしまって督促状を受けてから事務まで払いに出向いていた。半期で20数万。奨学金を学費に充てていた頃だ。あの頃は、支払い時期が少々遅れるからといって、大したことはないと思っていた。でも、そうではないのだ。事務側にまわってみれば直ぐに分かる。督促状を出す手間。紙の無駄。事務仕事の後倒し・・・とこういった事柄は一つ一つはささやかでも、積み重なって最終的に誰かにストレスを与えているのだ。

 と、我が身を振り返りつつ、大学組織のあり方はこの先、どうなっちゃうんだろうと思いを馳せて9月に突入。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<地球は美しい。 | top | 30円不足。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/877-8253f83d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。