風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

ベレーにショートブーツで走る。 :: 2010/09/30(Thu)

 長い酷暑だったが、もうその記憶も遠のき始めている。昨日から春先まで履いていた編み上げのショートブーツと再会する。今日はさらに秋冬定番のニットベレーをヘアターバンの替わりに被ると、すっかり装いは秋である。

ねっとわーく3 明日から後期の授業もスタートである。夏休み最後の今日、久しぶりに帰宅前に窓を開け放って掃除機をかけた。
 今年になって、比較的、大所帯にゼミ生を抱えるはめになったが、情けないことに、後期が始まろうとしているのにゼミ開催の曜日が上手く決まらない。○○の資格を取るため、○○試験対策講座、就活のため、アルバイト、部活、その他もろもろ。社会不安と青春のまっただ中が混沌として、それだけで気忙しい彼らと、とにかく現実的に器量いっぱいで生きている私との間でさえ折り合いをつけるのは、そもそも至難の業である。
 
 ゼミ日は「学生との協議による」とされている。もちろん指導教員の私が「この日に開催する!」と強引に決めても構わない。しかし、私は正直、前期から学生研究員の卵たちとして彼らに少し期待していた。小田さんのクリスマスの約束ではないけれど、ある研究プロジェクトに関わり、最後に「やったね!」と言い合えるチームになれればどんなに素敵だろうぁ。チームワークを何より大切にしつつ地域へのフィールドワークに連れだし、育てたいと考えていた私は、「負担をちょっとずつわかちあいながら」全員集まる日を自分達で決めるように言っておいた。
 しかし、代表になって調整しようとしている学生の一人から届いた朝一番のメールは、「集まれる日を決められない」という内容だった。多くの学生たちにとっての大学時代のゼミなどは、とりこぼすことなく、どうにかくぐり抜けられればよい。そういうものだろう。出来るだけ負担は軽く。通り過ぎることが出来ればそれにこしたことはない。過剰に期待してがっくり来る防衛機能も働き、こちらは割と冷静な気持ちになっていた。「君たちだけで決める力を期待したけれど、決められないなら私がやるわよ。別に責めるつもりはないしね」と何度目かのレスで伝えると、

 ”いえ!責められているなんて、思っていません!
  ただ最初から努力せずに先生の錦の御旗にすがろうとした自分が許せず、
  申し訳ないと思っただけです!
  ボクは、もっと自分自身のできることを努力してみます。”

 だって・・・どうやら苦労性らしい。
 さて、我がゼミはどうなることか。と言っても、これは4つ担当するゼミのひとつに過ぎない。
 
 明日から年末まで転ぶことなく、さわやかに駆け抜けてみたい、というのは夢である。
 実際は色々な事柄に翻弄されるだろう。
 でも、きっと乗り越えていく筈だ。


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<Bad Girl | top | カバーアルバム。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/891-8fda8838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。