風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

こぶた、たぬき、きつね、ねーこ♪ :: 2010/10/31(Sun)

 正規労働者と長時間労働について書こうと思ったけれども、ちっとも楽しくないので、別の話題を。

 この二年くらいの間で、自分が担当する殆どの講義では教員から学生への「完全レクチャー形態」をやめて、学生参画型をあれこれと模索中。しかし、新規な知識なく彼らの観念と経験だけで議論させても、求めるところまで熟さないので、教員はファシリテーターとして参加しながら議論の狭間に新規な知を注ぎこむ、といった方法に臨んでいる。
 講義に出席した以上は、全員が二言、三言以上は発言をして帰られなばならない、反対に言えば自分以外の他者の意見も相当耳を傾けなければならない状況をつくる。そのために、まずは個人で考えたり作業をする時間を作る、というシンプルではあるが毎回、ちょっとずつパタンを変えつつ検討中。
 グループ・ディスカッションは、根拠はないが、あまり見知った者達でない場合は4名くらいが適当かと感じられる。こうしたワークショップ的技法を、私は民間で社会人向けに百戦錬磨のワークショップを開催している講師の方とつき合うようになって学んだ。

お花に囲まれて 講義では、普段、話している仲良しグループではない人々との疎通を図って貰うために、2、3回ごとにメンバーを換える。その方法として、例えば、端から順番に「いち、に、さん、よん」と声を出して番号を言って貰い、同じ番号を告げた物同士でグループづくりをする。議論の口火を切る最初の発表者も、こちらで指定している。たとえば「小指が一番長ひとから」「一番厚着をしている人から」「一番明るい色の洋服を身につけているひとから」右回りで順番に意見を述べるようにと。 
 大学生にもなれば発言の順番くらい自主で決めれば良いという考え方もあるが、要するにいつも前だけ向いて講義を受けているのに、いきなりあまり知らない学生と面と向かう緊張感を削ぐためのアイスブレイクである。それから、自分以外の他者への関心を引き出すという、ささやかな期待もある。今年の春に企画したあるシンポジウムに出席してくれた若い中学校の新任教員の男性が「今日は、久しぶりに相手の顔をみてお話をしました」と言ったことが忘れられない。
 
 「誰の小指が長い?」「誰が沢山洋服を着こんでいる?」「誰の洋服が明るい?」と言われると、皆、自分を観て相手を観て、他愛のないことだけれど、順番を決めるためにまず口を開かずにはいられない。あくまでも人と話すためのきっかけである。机を前にだけ並べて私の話を聞いている間はしんと静かだけれど、これほど慎ましいトピックで学生たちが人と向き合って笑い出す。彼らはやはり関西人だなと思うこともある。「○○クンのほうがいっぱい着てるやん。」「いや、俺は薄着の重ね着で、キミのほうが分厚い服じゃ」などと言い合うのを観て、よく知らない者同士が、ゲラゲラ笑い出すのだ。 
 先日、意外にもちょっとウケたのは、グループ決めの方法だった。番号を告げる方法はマンネリになるので「今日は・・・どうやって決める?・・・・うーん。じゃあ、コブタ、タヌキ、狐、ネコにしようか」と思いついたままに告げる。私たちは園児じゃありません!とクレームがつくこともなく、学生たちも面白がって「こぶた、たぬき、きつね、ねーこ♪」を申告。「はーい、コブタはここやぞ~」と手をあげて仲間の動物を集めていた。そのうち学生たちから、グループメンバーを決めるために提案があるだろう。
 テーマは、『学校生活における社会・心理的不調和と欠損の事例を、地位と役割理論から分析、考察するにあたっての個々の意見の提示、および、そのアウフヘーベン』といったものであるので、コブタさん達もねこさん達も大学生活を振り返りつつ真剣に議論をしていた。今週はネコチームからのプレゼンテーション。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<祝日の過ごし方。 | top | 適当と適切。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/906-c7cd1d9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。