風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

過去のイケメン。 :: 2010/11/27(Sat)

 我が大学には、いわゆるひきこもりがちな青年たちが集う場所が用意されている。当然、専門の先生もそこに在室している。その先生とは何度か帰宅のバスで一緒になったことがある。シャイな方なのか、私に関心がないのか、決してあちらからは近寄っては来ない。しかし、私がその先生の研究にとても関心を持っているという事情で、「あ、いる」と思うとじりじりとにじり寄ってお声がけすることが多い。

歩いて3分のご近所の並木。 バス内では、研究の話も尋ねるとしてくださるが、彼のお子さん達の話を聞くことが多い。私が彼の子どものような年齢なので自ずと思い出してしまうのかもしれない。ともかく、非常におおらかで木訥な口調だ。その領域研究では国際学会でも大きく注目を浴びているような人物であるがエッジの効いた語り口調などは特に好まないのだろう。「また何時でも(研究室に)遊びに来てください。男ばかりのむさくるしい所ですがね」と言って頂いていたけれど社交辞令的として受けとめていた。なかなか理由もなくお忙しい方の研究室に遊びに行く機会も理由もなかった。

 ところが、私の講義を受けている、とある学生がその先生の研究室と青年達の語りグループに出入りしていると聴いた。人なつこい彼に連行されるような形で、先日、先生の研究室近くにある事務に立ち寄るついでに、初めて顔を出した。どうやら部屋の模様替えの真っ最中だったらしい。甲斐甲斐しく立ち働いたり、何をすればいいやらといった表情で立ちすくんでいるような青年たちが大勢いた。
 
 「あ、せんせー、どーも。ちょっと事務に寄るついでに、お顔だけ見にきました」と声をかける。すると、中にいた青年のひとりが「あっ、ここには女恐怖症が居るですけどーぉ」などと、すかさず反応した。
 先生も突然の私の訪問に少し驚いた様子だったけれど、直ぐに笑顔になり、自身の部屋に招き入れてくれた。真っ先に本棚を指さすので、文献でも紹介してくれるのかと思うと、「これが、わたしの息子たちなんですわ」と本棚に飾ってある写真を見せてくれた。そこには、ふたりの逞しい20歳前後の男の子たちが、何処かの山に登頂した時の記念写真があった。凛々しく弾けるような笑みで映っていた。

 「あらっ!!とってもイケメンじゃないですか、先生!」と素直に感想を言ったところ、「え?ボクに似てるからだろ?でも、ボクのほうがイケメンやぞ。さっき、昔のパスポート写真が出てきて、感激してたとこや。こんなにカッコよかったのか、オレはと」。面白い方である。「ふっふっふ。じゃあ、今度見せてくださいね」
 そんな会話の様子を遠巻きに青年たちが見ていたようだった。「おんな恐怖症」を告げてきた青年に「大丈夫よ、私は。女って言ってもさ、ゼミ生たちには”騎士”って言われているくらいだし。男性じゃないけど中性くらい。」と、安心して貰おうと思って言ってみたところ「えーー??それ、ほんまですかぁ?」と、真っ先に誰が嬉しげに言ったかと思えば、昔イケメンだった先生であった。

 「午後はだいたい居るから来てくださいな。午前はだめね。ボク、鬱だから(笑)」といたづらそうに告げるのを聴いて、あぁ、本当に遊びに来たいなと思ったくらいだ。いい意味で隙だらけで、いい加減さがあるように他者に見せるのは人格か技術かわからないけれど。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<主役は君たちだ。 | top | 落とし穴。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/920-a47d36ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。