風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

パラシュートで上からふわりと行きます。 :: 2010/12/27(Mon)

 ばか正直に真っ直ぐ歩こうと思っていると、ごちごちと、あちこちにぶつかってしまう月だった。それで、「あなたはそこに居たら邪魔だと思いますよ?」(これは、あくまでも比喩です)と伝えていると、知らないうちにこんな言葉をかけられる人間になってしまっていた。

 ある管理職の男性教員から:

 「Kさん(事務の長)は事務の改革をしたいのだが、自分から動きにくい、
  Meg先生が頑張ってくれれば、影から別の顔で応援するから、
  頼むから正面突破をしてくれ、お願いだ、
  と言っているのでしょう。
  官僚組織人はそうやって、型破りな人を心の中で実は応援している、
  と、とある女性リーダーズ会で教わりました。」

ミーアキャット風。 私は型など破らずに、空いている隙間を、賢く要領よく、すいすい歩きたいのに。来年からは、どうにかして、すいすい派に移行して、せっせと研究だけに勤しみたい。
 これほど「研究」という響きが甘く感じられたことはかつて、あったろうか。
 矢面に立って血まみれになるなど、とんでもないことだ。
 とんでもないことだが・・・守るべき者がいるときは仕方がない。
 ただ、何も正面から行かずともいいのではないか?
 と思うあたりは、やはり多少は型破りなのだろうか。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<Today | top | 為果つ月。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/926-b21a2849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。