風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

雪どけを待つ。 :: 2011/03/18(Fri)

 「自宅までの帰りの交通機関は大丈夫ですか。もし、帰宅できないようでしたら外で待機している事務の方に案内をしてもらってください」といった旨を入学試験の面接後に申し伝えるようになるとは思っていなかった。面接の一問一答と等価かそれ以上に、その一言に応じるひとりひとりの受験生の表情が気になった。

春を待つ 海外メディアが、この過酷な状況を秩序をもって耐え抜こうとする日本人の品格を讃えているいるそうだ。
 私たちは愚かで悲しく、ときに美しい。まだ経験しない危機が迫っていると感じるとき、我先にパンを奪い合ってしまう。危機のど真ん中にあるとき、ひときれのパンを分かち合い、隣人の命と自身の命の重さが同等であることを考えずとも分かるのに。
 我がまちで、真っ先に募金箱を持って声を枯らし、呼びかけをしていた集団は高校生だった。

 知人がこんなメールをくれた。
「いま私たちにできることは、日々の一つ一つの仕事を心をこめて誠実におこなうことですよね」 

  1. 未分類
  2. | comment:0
<<無力であろうと。 | top | Girls meets boys.>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。