風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

再出発 :: 2011/03/31(Thu)

 4月になれば彼女は。サイモン&ガーファンクルの曲にそんなのがあった筈だけれど、どんな歌詞の内容だったろうか。

 日本も自身も、今年は色々な意味で節目の年になるだろう。あらためて再出発を心に誓いたいものだ。

さくら咲いた。 日本の未曾有な被害に比すれば、あまりに些細なことだが、自宅パソコンがクラッシュしたときに沢山のプライベートファイルを喪失した。バックアップは仕事ファイルだけしか取っていなかったのだから起きるべくして起きたことである。なかには、もう二度と手には出来ないだろう写真のファイルなどもあった。
 だけれど、よく言われるように何かを失うということは、そこにまた新しい風を呼び込む隙間や余地ができるということだ。パソコンのクラッシュも二度、三度、経験すると「しかるべき時期が来たのだ」と思い、慣れた環境設定を脱して新しい道への適応も出来るようになる。

 日々は必ず移ろい、色々なものがそれぞれの速度で変わってはゆくけれど、私たちは最初から「前」にしか進めないように出来ているのだ。そうやって前に歩ませてくれる私の神様や人々の存在に感謝をして、明日を迎える。心機一転の再出発を遂げる。私の速度でよい。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<添削希望。 | top | 桜が咲いたよ。>>


comment

夜中にPCを使う時、必ずFM聴いてるんですよ。
喋りなど一切入らなくて曲だけが延々流れてるんですよ。

ちょうどこの記事を開いたと同時にポール・サイモンの歌声が流れてきました。
初めて耳にする曲だったけど彼はとても特徴ある声だから。


「四月になれば彼女は」はサイモン&ガーファンクルの曲ですよ。
四月に彼女は現われるんですけど、何故か八月には死んでしまうんですよ。

実はもうずっと以前の話ですが、この曲をバックに僕はCMに出たことがあります。
もちろんローカルのCMで「曲は何がいい?」と聞かれ、本当の理由は今となっては思い出しませんが「四月になれば彼女は、で」とリクエストしたのでした。
きっと単に四月が誕生月だったからなだけでしょう^^
  1. 2011/04/02(Sat) 00:52:11 |
  2. URL |
  3. yui #GYfx15Bo
  4. [ 編集 ]

yuiさん、こんばんは。

少々ご無沙汰していましたが、お元気だったでしょうか。

「四月になれば彼女は」って、日本語訳ですが、とても洒落た曲名ですよね。

そうそう、この曲はサイモン&ガーファンクルの間違いでした。

何か変な気がしつつ、結果的に私が混乱しちゃった理由は
ビートルズもサイモン&ガーファンクルも「お隣に暮らしていたピアノ先生の弟さん
(私より10歳近く上だったのかなぁ)」から
そういった音楽文化が一挙に降りてきたからではないかと・・・。

いま思うと、まだ小学生の私にオフコースをはじめクラシック以外の音楽をもたらしたのは、
皆、いとこたちを含めたお兄ちゃん達だった気がしますね・・・。
彼らがいなければ、私はギターも持っていなかったかもしれません。

お隣のお兄さんから、中学生くらい?の頃に、サイモン&ガーファンクルの
歌詞とコード譜がついた本を貰ったことを思い出しました。
あのお兄さんは今頃、どうしているんだろう。
キャッチボールやバトミントン、ときには竹馬なんかも持ち出して、
とにかく思い切り体を動かす遊びを徹底的に一緒にやりました。
中学生女子に手加減はなし、だったほど私は彼のよきライバルでした(笑)

>実はもうずっと以前の話ですが、
>この曲をバックに僕はCMに出たことがあります。

ほーっ。それは一体何のCMだったのでしょうね。
しかも「曲は何がいい?」って聞いて貰えるなんて、
よほどyuiさんのイメージにスポットを当てたイメージのコマーシャルに
仕上げたかったのでしょうね。

まさに人に歴史あり、ですね^^
  1. 2011/04/02(Sat) 21:49:18 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/955-fe953897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。