風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

ブルーマンデイ乗り切る。 :: 2011/04/25(Mon)

 大船渡から届けていただいた「羅針盤の針は夢に向け」を、毎晩少しずつ堪能しながら読み進めている。序章と終章を先に読んでしまったのだが、「櫻田慧」という人を描こうとした著者自身の情熱のほうに先に感動してしまったのである。例えるならば「情熱大陸」のナレーションが聞こえてくるような、実にすっきりとした文体で非常に読みやすい。
 かつて、小田さんがアーチストである自分が初めて映画を作った時に体験した数々の苦労を題材に制作した二作目の映画を観たときの感覚を思い出した。物語の主人公の向こう側に、作り手である小田さんの姿が見える。いや、向こう側というよりもほとんど重なるようにして存在している感じなのだった。

 羅針盤の針・・・と時を同じくして、小田さんの新譜がアマゾンから届いた。
 最近、10数年ぶりにオーディオを買い換えて本当によかった。いつもとは趣の違う感動に胸をいっぱいにしている。
 
 以前、NHKが放送している佐野元春の番組に小田さんがゲストに呼ばれたとき、とある縁があって収録の様子を一般席の一番後ろから観させて貰った。事前に、紙が配られた。小田さんに質問してみたいことを何でも書いてよいとのことだった。採用はされまい(学生のための講義だったので)と思いながら「小田さんが自分の文字を目にする可能性はゼロではない」と、ちょっぴりときめきながら、綴った。
 『小田さんは、ほとんどの楽曲において歌詞ではなく、曲から作られるそうですが、かつて何かの折に、”あともう少しのメロディも詞が救うことができるが、その反対は絶対にない”と仰っていたように記憶しています。(ちなみに矢野アッコちゃんは真逆のことを言っていた、歌詞は二の次と。)そのお気持ちは若い頃から一貫して変わらないのですか?』

 なかなかいい質問ではないだろうか。しかし、見事に採用されなかった。

 それはともかく、今回のアルバムほど「ことば」が先行して聞こえてくる機会はなかった。小田さんのあの美しく、また、きっぱりとした説得力と、それゆえに包容力ある声、その声を引き立てる心を高揚させるメロディが「ことば」のために存在している。
 小田さんのうたは普遍的な、いまを生きる私たちの「祈り」だと思った。どんなみじめで情けない自分も肯定し、生きていてよい、それでもかまわない、明日はきっとやってくる、君のために明るい明日を祈ると、何度も何度も励ましてくれる。もう俺にはそんなに伝えたいことはないんだよ、と小田さんは言っていたけれど、私は何度でも同じ言葉を、その今の声で聞きたい。

 昨年度はあまりに多くて負担が大きかったが、このごろゼミのシステムを大きく学生の自主運営型にしてから、何だか彼らの成長が楽しみで仕方がない。そして私の研究室には数年前から小田さんと同世代の女性が、嬉しいことに出入りしてくれている。その方の存在感は大きい。
 今、我がゼミには男女がちょうど同数、社会人の方もいて、子育て世代の学生も混じり、学部内でも珍しく多様性に満ちたゼミだと思う。こんな風な経験はいつでも出来るものではないと貴重に思っている。小田さんと同世代に女性は、我がゼミでもっともみずみずしい感性の持ち主だ。今夜のメール。

 『めぐせんせい。私はゼミがとても楽しみです。学生さんたちとわいわい話ができて、そして真剣に発表する彼らと同じ机で勉強出来ることはとても幸せです。ひとりひとり個性があり、それぞれ自分の内なる声に耳を傾け、掴みとりたいものを探しているようで、見ていて皆に拍手を送りたいです。
 今度は飲み会じゃなくて食事会なんですね。とてもとても楽しみです!大学にきてはじめて!一度参加してみたかったんです。わたしは彼らが大好き。真摯な彼らを応援したいです。だからもちろん、温かく見守らせていただきますよ。そんな彼らと真っ正面に向き合われてるめぐ先生にも拍手を送らせてもらいます。がんばってくださいね』

 今週のブルーマンデイ、まもなくおしまい。一週間後の月曜日。連休の狭間にも関わらず、学生は来る気満々らしいので、ゼミ開催決定。珍しくわたしが自分から言ってしまった。「ゼミ終わったら、どっか遊びに行っちゃう?」普段、就活だのバイトだの何とか講座だのと言っている連中だった気がするが、だれも反対しなかった。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<女神のつぶやき。 | top | グッバイ。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/964-6d5e15e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。