風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

公共リラックス :: 2011/05/22(Sun)

 行き詰まりを感じるとき、カフェやファミレスに赴く。格別、静かな環境とは言えず、本や資料を沢山は持ち込めないけれど「2時間だけ集中」などと決めて、公共の場所でする仕事のほうが研究室より捗る。何故だろう。 
 ちょっと環境を変えるならば、図書館でもいいかもしれないが、全く行く気はしない。「だらだら寝ころんだり、さぼってテレビを点けたりは出来ない」程度の緊張感は欲しいが、周りの誰もが真剣に勉強をしているような強い緊張感は要らない。本来ならば、ゆったりくつろぐ場所で、特に構えず仕事の一つも終えちゃおう、と思えるくらいのリラックス空間が良いのだ。
 
 小田さんが曲づくりのための環境について語っていた。事務所では、完全に一人きりになる空間より、仕切はあっても微かに人声が耳に届くくらいの場所が良いそうだ。「人の気配」と「自分を待っている」という期待。納得である。
 仕事をするのに、心地がよいと思える理由は、
 ①必要なものだけが置いてある、余裕のあるデスク。一人で占拠できる。 
 ②開放感がある広めの空間 。さほどお洒落でなくてもよいがクリーン。
 ③人の気配。かと言って決して中断されたり、邪魔はされない。
 (泣きじゃくる子どもがいたり、空間がテーマパーク化はしていない。)
 ④ほどよく構ってくれる人がいる(お茶のお代わりはいかが?とか。)

 少し以前、自宅を居心地よいカフェ的空間にすれば、カフェ並に仕事も捗るのではないかと、大きく勘違いし、コーフンしながら素敵なカフェテーブルの購入まで検討していた。でも、冷静になってよく考えると、鍵となるのはどうやら「人の存在」である。
 もし、似た環境をつくりだせそうな可能性があるとしたら、やはり自分の研究室だ。よく周りを観察していると、超多忙な業務をこなしつつも、論文執筆にも余念なき先生たちは、自分の砦(研究室)の外に一つ、「人」との共有空間を持って仕事しているではないか。
 全く何も余計な物を置かないデスクの確保。共同研究。第三の空間。以上、自分メモ。
 
 とは言え、「自宅を素敵空間に」という夢はまた別なのだった。一人暮らし歴、まもなく10年。人が来ない限りは、何も載っていない状態はまずはあり得ないリビングのこたつテーブル、テレビを見るための背もたれとしてしか使われず、羊が座った隣はバッグ置き場と化しているソファたちと何時、決別できるだろう。

 http://item.rakuten.co.jp/kinaru/kr5 
 ↑憧れているが、この高さでは仕事は出来ないのだった。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<探し物は寝て待つ。 | top | 女神のつぶやき。>>


comment

Megちん、おはよう♪

今日は雨で、日曜日恒例の行事がなくなったせいか
朝一からコメントさせてもらってます☆

あ、④、これ私出来るわ!
また、そういう事するのが好きなのよ。
でも私がすると
「え、また?さっき飲んだばっかり」って言われそうだけど(笑)

>公共の場所でする仕事のほうが研究室より捗る。何故だろう。 

これって仕事に集中していても耳には多少まわりの会話が入ってきて
それで多少気分転換が出来たり、その会話の情報で仕事に関する
ある閃きが生まれたりするかもしれないからじゃない?(違うか・・(-_-;))

Megちゃんも一人暮らしが10年になるんだ・・・
一人でよく頑張ってるね(ヨシヨシ・・・)
私も一人暮しが相当長かったんだけど
一人暮らしの時はご飯とかついつい「あるもので」とか
「お菓子でいいや」なんて事になる事が多いから健康管理には
注意してね。

憧れている椅子、ここ、私も時々見るよ。
いいよね、この椅子。
オットマンに足をのっけて仕事に関する物を読んでいると
よい眠りにつける事間違いないよ(笑)

  1. 2011/05/22(Sun) 09:19:15 |
  2. URL |
  3. mico #aEmTB4nk
  4. [ 編集 ]

micoちん、こんばんは★

私も「珈琲のお代わりはどう?っ」て言って貰うならば
micoちゃんがいいです(笑)
で、しばらく楽しくお喋りをしたいです!

>これって仕事に集中していても耳には多少まわりの会話が入ってきて

それがねぇ、集中しているときは隣テーブルの女子トークも全く気にならないのよ。
あぁ、楽しそうに話しているなぁとか思うのだけれど。
不思議ねぇ。。。そういうモードになるのかな。
これが自宅のテレビだと絶対に集中力は削がれるのだれど。

これが小説なんか書く人だったら、
ご近所テーブルのお喋りも物語の瞬き!になるのかもしれないね。
私の場合「もうやらないとやばいでしょ、この仕事!」って
追い込まれて逃げ込むその先にあるのがカフェなのだね。

>一人暮らしの時はご飯とかついつい「あるもので」とか
>「お菓子でいいや」なんて事になる事が多いから

そうね、そうね。
micoちゃんは「作り置き」ご飯をお弁当にしたり、
お野菜中心生活、ウォーキングなど健康ライフ志向だよね!

私も、やはりもう少しは気を遣いたいものです。
豊かで丁寧な暮らしに本当は憧れが。

>憧れている椅子、ここ、私も時々見るよ。

そうだったの。
micoちゃんのおうちにこれらの家具は似合いそう♪

micoちゃんにはほらっ、お抱え?「家具職人」がいるでしょ?
あれが、とても羨ましいわ!
  1. 2011/05/23(Mon) 00:30:27 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/968-95e117ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。