風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

探し物は寝て待つ。 :: 2011/05/24(Tue)

 訪問先の行政機関の会議室に、その日一緒に出向いた学生の一人から「ペンケースを忘れて来てしまった、かもしれないです」と連絡が来た。どうでもいいが、今時の女子たちが「ペンケース」と呼んでいるものはもはや「何でも入れて置く」ポーチであり、巨大で重い!実際、リップを塗り直そうとした時にペンケースがないことに気づいたそうだ。
 問い合わせると確かに忘れ物を保管していると言う。着払いで郵送をお願いするように学生に助言したのだけれど、結果的には、何日もかけて、ちょっとばかり驚く経由で伝って戻ってきた。
 
 行政職員→役場から最も近隣にある我が大学の男子学生の自宅→そこに偶然居合わせた学生のおばあちゃま→孫の男子→大学にて本人へと。

 Nちゃんと呼ばれるその学生は、とびきり明るいムードメーカーでもあるが、この半月ほどで、ゼミ室のパソコンにUSBメモリを差し込んだまま忘れて帰ったり、データを保存する前に消してしまったり、彼女が血眼でファイル作成中の自宅パソコンにお父上がビールをこぼしてしまったり、携帯電話を何処に置き忘れたか思い出せなくなったりと。耳に入ってくるだけでも、何ともドラマチックな日常を過ごしているようだ。

 私自身が、重度の注意欠損症状を自覚していたが、上には上がいるものだと驚いていると、「この前、X棟で無くしたショールがY棟のピアノ上で見つかったんです。イリュージョン?(笑)」だって。
 すかさず相棒の女子が「わかるーっ!あたしもそうやねん。でも、気にせーへんかったら、だいたい絶対出て来るやんな??何ヶ月かしたら、あー、こんなとこにあったんかぁって。ほんで、このメガネ4個目やねん(笑)」
 気にしなかったら絶対に出て来るって神業ですか。お願い、君だけはそんな日々じゃないよね?と信じていたK君でさえ「あー。傘は限りなく置き去り、だらけ」とな。

 ダイジョウブ・・・ではないぞ、これは。卒論の提出前になると、もうイリュージョンどころの騒ぎではなさそうなので、今からもう何が起きても笑っていようと決めた。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<遠く離れていても。 | top | 公共リラックス>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/969-886ce867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。