風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

遠く離れていても。 :: 2011/05/24(Tue)

 無防備の極みにいるときでも、”斜め前方”くらいからそれが近づいて来るのが見えると、多少の準備はできるとは思うが、気がつくと、すっと頭上にパラシュートで落下があり、「おーーー?」と驚いているうちに、もう一人ふわっと下りてきちゃった。というのが正直な最初の印象だ。

 とても綺麗で溌剌とした声の奥様と、とても優しくおっとりした話し方の「羅針盤は夢に向け」の著者である木下さんだった。

 先日、本の感想を添えたお礼状を送り、学生たち用に本の注文をお願いした。メールで、丁重で心温まるお礼を頂いて「あー、嬉しいなぁ、よかったなぁ」と油断していたら、なんと今度は自宅までお電話をくださった。奥様と少しお話をしたあと、次はご主人が出て来られた。(最後は奥様とまたお話する)

 全く予想し得ない事ではない筈だけれど、なぜなのか全く私にとっては想定外であった。それは、たとえば、明け方まで仕事をして朝寝坊していたら、朝一番に仕事先の役場から電話を受け「いえ、寝てませんよ?断じて寝てなどおりませんから」を装いつつ、チャンネルを切り替えることよりもハードルが高かった。
 実際、かかってきた電話は、実家の父か営業マンだと思い込んでいたのだ。ぶっきらぼうに出てしまったことが申し訳ない。それにしてもあまりにも驚いてしまい、自分が何を話したのかは記憶もすでにおぼろげだ。
 
 ただ、ただ、奥様のまっすぐと芯の通った美しい声に希望を、ご主人の柔らかな声に、生きるしなやかさをしみしじと感じた。

 「震災でうしなったものは沢山あるのですが、得られた沢山の人のご縁が、今回、本当にいっぱいありましてね・・・・」。
 とつとつと言葉を紡ぐご主人の声を改めて思い出したら何だか胸がいっぱいになる。ささやかな贈り物に小田さんのCDを添えたのだけれど、プレイヤーもパソコンも何もかも津波に流されてしまったのだそうだ。そうだったのか、考えが足りなかった。「でも、車のなかで聞きます!」と奥様が力強く言ってくださった。私が、励まされてどうするのだろう。

 驚きと、うれしさと、今頃しんしんと胸に広がる感動と。それから人生の面白さと。
 今夜、眠れるかしら、と思う。

 震災の話以外で記憶に残っていること。「めぐさんのお顔は一杯拝見しているので、声も聞いてみたくなっちゃって・・・」という奥様の言葉だった。写真を観てくださっていて「この人っていったい・・・」と、興味津々、不思議な存在に思えてならなかったとか。あぁ、もうなんて言うか。それで、顔や声、雰囲気は一致して”実存する”ことを確認して頂けたのだろうか。いやいや、そういう問題ではない。どう表現して良いかわからないが非常に恥ずかしい心境なのだった。

 ・・・という一連の報告をSatoさんにありのままにすると「へーっ(笑)よかったじゃん。でも、俺んちに突然かかって来ても、やっぱりキンチョーして喋れねーもんな。とくに二人一度だったりすると、へへっ」と言われる。かく言うこの人もまた、この貴重なご縁を引き寄せた中心にはいるのだけれど。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<その日が来るまで。 | top | 探し物は寝て待つ。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/970-8807074a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。