風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

チョークも一度は投げてみたい。 :: 2011/06/15(Wed)

 ゼミ指導にとどまらず、あれやこれやと、いろいろな学生たちと、いつになく”みっちり”おつきあい中。
 
 先日、母校の教育実習から戻ってきた学生が研究室に「ご報告」に来てくれた。興奮気味に、当初の空回りから最後の最後に奮闘して勝ち取った生徒たちからの信頼に至るまでのプロセスを、寄せ書きを披露しつつ、感涙を交えながらドラマチックに話してくれた。何とも清々しい話だなぁと思って共感していると不覚にも、もらい涙しそうになりながら聞く。「この寄せ書き、ゼミ室に飾ってもいいですか。やっぱ、やめよ。持って帰って皆が実習から戻ってきてからみせよー」という独り言を耳にしつつ、見送る。
 こうして書くとさぞ慕われているかのようだけれど、「あら、Kのレジュメもらったっけ?」とゼミ中に、彼に2度聞くだけで、「先生、渡しましたよ!ボケたんすか」ときついつっこみが飛ぶのだ。自慢じゃないが、私は集中して一度に複数のことは考えられない。そろそろ気づいてフォローに回ってくれ。

名古屋ですね。曇天です。 先日は、ある可愛がっている専攻生の女子とまもなく講義がはじまろうとする前に雑談。
 「あー、今日、なんだか肌寒いね」と言うと「脂肪があんま、ついてないせいちゃいますか。先生、前から見たらそうでもないけど横向いたときの薄さが半端ないっす(彼女は健康優良児)」「そうそう。確かに全体に薄っぺらいのよね」と共感しきりで応答していると「いったんもめん、みたいにひらひらぁと・・・へっへへ(笑)」。あのね、ゲゲゲには、もうちょっと人間らしい可憐なキャラクターも居るんじゃない?

 かと思えば、ずーっと真摯に相談に乗り続けてきた私をさしおき、「自分はあらゆる人間に不信感を募らせた」と言ってのける不登校を繰り返す学生がいたり。

 ただ、色々な学生たちと接しているうちに、「ま、いっか」と最近は思うのだ。歳をとったのだろう。学生に求める要求水準を大きく下げる訳ではないが、二度、三度の間で期待に応じられずとも、そんなもんだな、と思う。無意味に不遜な態度に出て来るようなのがいても、訳がわからない弁明をしようとも、もはやいちいちカチンと来ることも最近では少ない。

 若者は基本的にどんどん変化していく。人間観察には値する、おもしろい生き物だ。
 向こうも私を「観察」して「奇妙なやつだ」などと言い合っているかもしれぬ。
 
 明日は初日からチョークが飛んできたらしい学校が母校の学生の実習訪問。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<オダ病その他の病いろいろ。 | top | その日が来るまで。>>


comment

Megさん、こんにちは~。

ご無沙汰しておりました(^^)
なんだか、読んでてとてもmihoちゃんとMegさんが重なってしまい思わずコメントしてしまいました。

一度に複数の事を考えられないとか、横向いた時の薄さが半端ないとか、いったんもめんのようにヒラヒラしてるとか(笑
学生さんはよく相手を観察してますよね(笑

最近は僕らも歳をとったのか、二人で居てもなんともフワフワした空気が流れてます。
僕の場合、精神的な部分より体力的な部分で歳をとったなぁと感じる事が多いですね(^^;
波乗りなんてハードな事をしてるせいかもしれませんが、体力の衰えを感じる度合いがすごいです。
沖までパドルアウトしただけで満足して、波乗りする前に海から上がりたくなったり(笑
トレーニングはしてるんですけどねぇ・・・

そうそう、チョークで思い出したんですが。

兄がいるんですが(13歳年上)、昔中学校の音楽の講師をしてたんです。
今は幼稚園の音楽の先生ですが。
その頃僕は中学生で、バスケットをしてました。
で、中学総体の時にたくさんの学校のバスケ部が集まって試合があったんですね。
そこで兄のいた学校のバスケ部の一つ年上の先輩(かなりの不良少年)にいきなり話しかけられたんです。

先輩 「お前、T先生の弟だよな?」

僕 「は、はい・・・」(相手は一つ上の不良で結構怖いと噂があったので超びびっている)

先輩 「お前の兄貴さぁ・・・笛投げるんだよ」

僕 「はっ???」

先輩 「いや、授業中に縦笛投げるんだよ」

先輩 「痛いからなんとかしてくれ。頼んだぞ」

僕 「・・・・・・(汗)」

と、いう出来事がありました(笑
チョークはわからないでもないですが、縦笛って、ねぇ(笑
昔の先生は怖い先生多かったですけど、縦笛を投げるっていうのは初めて聞いたので(しかもうちの兄)すごく記憶に残ってます(^^;

なんだかお久しぶりだったので、とりとめもなく書いてしまいました(汗
すみません(^^;

お互い素敵な年のとりかたをしたいですね、って言いたかったのでした(^^
  1. 2011/06/16(Thu) 12:45:33 |
  2. URL |
  3. kei #I2SOnEfI
  4. [ 編集 ]

keiさん、お久しぶりです!v-353
お元気だったでしょうか。
私は最近、keiさんブログをチェックしました(笑)→自慢することでもない。

>読んでてとてもmihoちゃんとMegさんが重なってしまい思わずコメントしてしまいました。

あ、それはつまり、すっとぼけな女子がたちが愛らしいという意味ですね?^^ 
※mihoさん、私が言ったのではありません。keiさんが我々をそう思っているようです、はい。

>学生さんはよく相手を観察してますよね(笑

ええ、こちらも負けじと奴らの感情の機微をよくよく観察していますが、
だいたいにして観察においては目の付け所が違うのかもしれません(笑)
たとえば、一生懸命に授業してるのに、なんだか見てる方向が・・・・
「どこみてんの?」「あ、私の羽織っているものに目が向いてんなぁ」と思って
上着を脱いで、「はい、どうぞ」とよくよく見せてあげたこともあります。

講義って、よく考えると圧倒的に教師のほうが多く喋ったり動いたりすることが多いですので
(私はその方法からの脱却を図っている最中です)、
たとえれば動物園でお客さんに見られる動物のようなものかもしれませんね。

ところで、keiさんのお兄さんの話は私、相当ツボにはまってしまって、
しばらくクツクツ笑わせて頂きました(笑)
もうね、縦笛がひゅるひゅると回転しなががら、生徒のおでこにコツーンと直撃する様が
まるで、のだめの漫画のように目に浮かびましたね。
keiさんのお兄さんだから、相当にコントロールもいい気がするし(笑)

>縦笛を投げるっていうのは初めて聞いたので(しかもうちの兄)すごく記憶に残ってます(^^;

私も初めて聞いて非常に新鮮でした!
縦笛って言えば、よく掃除の時に机を運んでいると、
人の机から縦笛をゴトン!と落っことしたりしませんでしたか。
「笛さん、ごめんなさい」と言うように指導されたものです。

そういえば、私の以前いた大学の卒業生から「せんせー、授業で実習中にゾーキン投げてきた奴がいたんで、投げ返してやりましたよ」って話を聞いたことがあります。
教室はあらゆる意味で成長過程における戦場だなと(苦笑)

ちなみに、さとさんの時代は「竹刀を持ち歩いている先生はフツーに居たな」ですって・・・。
私は剣道を習っていて、先生には竹刀でしょっちゅう小突かれてましたので
そうした教室でも適応できた自信はありますが。

あとね、ちょっと上の世代の同僚の先生たちが
「今、学校が荒れてるって言っても俺たちの頃ほどじゃないんだよなぁ・・・。
だって、毎日のように蛍光灯も窓もぱりんぱりん割れてるのふつうだったもんな」って言ってましたね。

ところで、mihoさんはお元気かしらん。
それから、瞬くんは元気に中学生活を送っているでしょうかv-205
  1. 2011/06/16(Thu) 22:23:27 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

Megさん、またまたこんばんは~。

そう、すっとぼけた女子ってなんだか癒されるんですよねぇ。
いや、違う・・・そういう事が言いたいんじゃなくて(笑

うんうん、僕らの頃も竹刀持ってる先生とか普通に居ました。
なんか悪い事したらすぐゲンコツでゴツンとやられてましたね。
下手したら背負い投げ(笑

今の時代の子供たちの話を聞くと、
「え、そんなので荒れてるって言うの???」
って感じです(^^;
校内をバイクで走ったり、窓ガラスが割れてたりっていうのが普通にありましたからねぇ。(どんな時代やねん)

僕の世代の人間が今の若い子を観察するのと、その逆では色々と違うんでしょうね。
生きてきた状況とか全然違うし、物事に対する解釈の違いというか。
目の付けどころが違うのも仕方ないのかな(^^;

兄の話、ツボにハマッて頂けたようで良かったです(笑
怖い先輩にそんな話をされた時の僕の気持ちったら、そりゃもう(笑
兄は今でも職場の人とか、周りの人に変わり者と思われてるようです(^^;
ここ何年かはずっと旧仮名遣いにハマッてる?みたいで、職場の書類なんかも
「何々でありませう」
みたいな感じで書いたりしてるくらいの人です(笑
ちゃんと本格的に旧仮名遣いを勉強してますよ。

頭のいい人なので、まあそういうところもあるかな、なんて理解してますが。
そんな普通じゃない?兄がすごく好きだったりしますが(笑

mihoちゃん、元気ですよー!
以前にも増してフワフワしてます(笑

舜はさすがに中学2年だけあって、それなりに生意気にはなってますが、まだまだ幼いかな(^^;
まだmihoちゃんや僕と遊ぶのが楽しいみたいです。
でも、他の子の話なんか聞くと、素直に育ってくれたなぁ、なんて思います。
お母さんの育て方が良かったのかな(^^

今年からは僕と一緒に波乗りを始める、なんて言ってるみたいで楽しみです(^^
  1. 2011/06/16(Thu) 23:53:50 |
  2. URL |
  3. kei #I2SOnEfI
  4. [ 編集 ]

keiさん、こんばんは^^

学校時代の思い出話って結構、世代を超えて盛り上がりますよね(笑)

今日も同僚の女子が「少し上の世代にはそういえば、
窓から机投げただの武勇伝には事欠かない感じで、
しかも自慢げに話しますよね~」なんて言ってましたね^^

>下手したら背負い投げ(笑

基本、保健体育の先生って「学校を不良文化から守る」役って言うか、
とにかく警備隊?みたいな風情でしたよね・・・。
「あなたのやっていることのほうがずっと不良ですから」ってみんな思っていましたが(苦笑)

しかし地域性もあるんでしょうか。keiさんの経験した窓ガラスぱりんとかバイクで暴走とか(笑)、
私の経験の範囲では中学頃は「終息していたけれど、空気だけは明らかに残っていて
先生の目は相変わらず血走っていた」って感じでしたね^^;

>今の時代の子供たちの話を聞くと、
>「え、そんなので荒れてるって言うの???」

「荒れている」って表現がぴったり、でもなくなってきている気がしますね。
集団で同じ方向向いていなくてバラバラと言いますか、もうちょっと複雑な印象ですね。

>「何々でありませう」

すっかりお兄様のファンになりましたv-344
いやぁ、ひとりくらいそのくらい知的に変わった方が混じっているほうが社会は健全です!!
それにカッコいいじゃないですか^^ ずっとそのままでいてほしいです。

>ihoちゃん、元気ですよー!
>前にも増してフワフワしてます(笑

おやおや(笑)もはや天使の羽でも生えてきちゃいましたか??
ちなみに、私は、全くまっすぐフワフワしている訳ではない、ややこしい人みたいです・・・。
なんか人やタイミングによって私への評価が2パタンに分かれておりまして、
①「フワフワしているように、見えるのに・・・」
②「きりりとしているように見えるのに・・・・」
というわけで、どうやら真逆の要素がいつも共存しているみたいで・・・周りを煙に巻いています(?)

>の子の話なんか聞くと、素直に育ってくれたなぁ、なんて思います。

それは何よりですね(*^^*)
mihoさんちの坊ちゃんが素直じゃないほうが可笑しいですよね(笑)
keiさんは瞬くんのお兄さんのようだと思っていましたが、
口調は「ちょっと親ばか入ってますが・・・」って照れてるお父さんみたいでもありますね、ふふふ^^
  1. 2011/06/18(Sat) 00:15:07 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/972-8354d9c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。