風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

オダ病その他の病いろいろ。 :: 2011/06/22(Wed)

 先日、ある機会にちょうど二十歳の学生たちに思春期や、そのころの友達や先生、親たちとの関係を回想してもらった。最後に「大人になった」と思えたとき、あのころの自分にどんな言葉をかけてみたいか聞いてみた。そういったことを照れずに言わせた私も私だと今さらながら思うが、全員まじめに応えてくれた。
 
 「もっともっと広い世界を見ておけ」と激励する者もあれば、「今のあなたのままでいいんだよ」ときっとしんどかった思春期の自分に手をさしのべる者もある。なかには「親にもうちょっと感謝したほうがいいぞ」とすっかり親の気持ちに添う者も。
 そのなかで、割と遠方の島育ちで、島には進学する高校が一つしかなかったという男子が「まぁ、人生なんとかなるからさって伝えたいですね」と言ったとき、周りはその老成した言い方が可笑しかったのか爆笑の渦に包まれたが、彼をそこまでの達観に導いた試練がかいま見えた気がして心つかまれたのだった。

 ところで、再来年の大河は男子学生たちにも圧倒的な人気である綾瀬はるかちゃんが主演だそう。私も生まれ変わったらあのような容姿に生まれたい、というのはさておき 「何でも器用にこなせるわけではない。しかし、等身大で誠実な努力の人」を描くのだそうだ。

 日本をこれまで支えてきたのも、これから支えていくのも、ごくごくふつうの人々の善意と「等身大で誠実な努力」に違いないと確かに思う。私もゼミ生たちに、そんな風な気持ちを持って卒業してほしいと願う。
 それにしても、今日本中で「誠実な努力」の塊のように感じてしまう小田さんを、仕事にちょっとゆとりが出来ると常に思い出している私。

 先日の豊田市でのライブに足を運んで以来、これまでのツアー参加では全くそのような症状はなかったのに、「小田さんは今日も元気だろうか」「無理をして倒れたり、のどを壊したりしないだろうか」などと、まるで初恋のように気になったり勝手に心配したり、胸をきゅんとさせてみたり、しているのだった。これを勝手に「オダ病」と呼んでいる。
 
 私はかねてから、実際に手に取れば何と言うこともささやかな仕事さえ「とりかかる」ことが、この上なく苦手だ。これはもはや、医学的にあなたはそういう病気なのです、と診断されたら私は真に救われる気がする。 

君は空をみてるか。はい、見ています。 そうした訳で(どうした訳もまるで見あたらないが)10日ほど前まで、締め切りをじりじりと延ばし、ずっと書かねばならない原稿を尻目に、オダ病に逃避し続けておったのだ。パンフレットを穴があくほど眺めてみたり、関西圏周辺のライブに仕事をさぼって出向けないかと妄想してみたり、お尻に火がついてすでに燃え尽きた感と人間失格を世界の中心で叫びたい狭間くらいで、ようやくの週明けに書き終えた。ものすごく必死で書いている最中は、オダ病は完治していた。「お」の字も思い出さなかった。よかった、片想いで。
 一週間も遅れて、頭をぺこぺこ下げつつ提出したあとは軽い開放感で、久しぶりに母に電話する。「あら、めーちゃん、また廃人化してるんじゃないかと思ってたわよ♪」と明るい調子で図星なことを言う。おそるべし。

 そういう状況の末期には、「お金を持たずにタクシーに乗る(2回)」という類の社会性欠如が頻発し続けていた。しかし、困ったほどに親切な運転手さんたちで「ええがね。今度乗ったときでお金はな」などと言われる。
 極論を言えば、そういった人たちにごめんなさいと思うから、いつも「ちゃんとやりなおさなくちゃ」って思えるんだな。何度でも。
 
 ゆうべはにわかに腹筋に勤しんでみる。25回。久しぶりだったが、案外、楽勝だった。それをスイッチに散らかり放題の部屋を片づけて回った。洗濯物を干し始めたら、もう気分がよくなりはじめた。小田さんのアルバムを3回聞き終わる頃、すっかり気分は上々に。
 そのうちまた駄目駄目な私に戻るのだろう。それでも、こんな私とつき合っていくのは私しかいないのだ。投げ出さずにぼちぼち行こう。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<続く道。 | top | チョークも一度は投げてみたい。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/974-8a4c8bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。