風と君を待つだけ

~my ordinary days vol.3~




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

共振。 :: 2011/08/31(Wed)

 8月のカレンダーをめくり取って見えた「9」の数字。山と山の狭間には記憶喪失になったり意識を失ったりしていたけれど、いつになく駆け抜けざるを得なかった今月だったような気もする。
 
 先日発売されたAERAに小田さんの特集があった。ライターの女性の名前に見覚えがあった。この人が、かつて「小田さんて最後まで本当はどんな人なのかわからなかった」と結びながらも、小田さんの時に相反するような様々な人間性を描いてみせたことが、なじみの男性ライターとはまた切り口が違って、とても新鮮で記憶していたのだ。
 
 この薄っぺらい雑誌をざっと読み、日本の今の混沌がものすごくよく分かった。原発にせよ政治、何にせよ、同じ号のなかで全く異なる視線からの申し立てがあって誰もが右往左往、錯綜している。しかし、その多様さが現出していることは、ひょっとすると「まだ少しは健全」なのかもしれない、とも何処かで感じた。

 肝心の小田さんのインタビュー記事は、読みながら何度も目元を拭わずにいられなかった。唯一、この記事は「日本の」救いであった。小田さんのすべては理解できない、とかつて述べたライター女性は『小田和正の歌声、その歌の包容力を今、時代が必要としている』と明言した。まさに。
 なぜ、私は何をさしおいてでも彼のライブに出向こうと思うのだろうか。
 
 「歌」っていったい、何だろうか。

 小田さんは震災直後、そう考えたと言う。「自分の曲を聴くことも出来なくなった」とも言う。けれども、最後には、「一生懸命に書いたことを、歌って、そうやって、きっと自分と似た感性の人たちには共振してゆくと思うんだ」と。そのためには、何だかその命を削ることさえ厭わないように見える小田さん。ライブごとにどんどん身を削って痩せてゆく一方で、歌声の力強さにはどんどん圧倒される。
 私は会場で彼の「生」に触れて奮い立たされる。

 どこか、生き様を問われているような気持ちにさえなってしまう。生き様?それと言えるものなんてないけれど。「君はどうだ?」と突きつけられているような気持ちに。

 9月からのテーマ。どんなことも一人よりは二人、二人よりは三人。「徒党を組んでいこう」
 秋は、久し振りに綺麗なスーツ・パンツなどをきりっと着こなしてみたい気分。 

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<作文屋。 | top | その日が来るまで その2>>


comment

おはようございます。

megさん、おはようございます。
台風の影響はいかがだったでしょうか。
心よりお見舞申し上げます。

毎日ニュースで紀伊半島の被害の様子を見るたび、
「あぁ、津波と同じだ。あの時もこうだったね」と
主人と心配しております。

濁流が家をのみ込む様子、
家屋が傾き家の中がめちゃくちゃになった様子などを見ると
本当に当時のことが思い出され胸が痛みます。

こちらもまだまだボランティアの皆さんや
いろいろな支援に支えられながら頑張っている状態ですが
あまっている物資などもたくさんあるのです。
そういう物資ををそちらに早く送ってあげればいいのにと
ついつい思ってしまいます。

自然の力ってすごいですね。
普段は豊かな恵みをくれますが
時としてこんなひどい試練も私たちに与えます。

megさんの細い身体が吹き飛ばされていないことを願いながら
そちらの皆様が一日も早く、普段の生活を取り戻されますよう
お祈りしております。
一緒に頑張りましょうね!
  1. 2011/09/08(Thu) 08:52:07 |
  2. URL |
  3. benimasa #-
  4. [ 編集 ]

benimasaさん、こんばんは。

近頃はトピックになるようなことが、仕事かライブの話くらいしかなくて、
更新が滞っておりますが、benimasaさんのブログは数日置きに拝見しています。
一歩一歩、前向きで元気な言葉が並んでおり、かえって私が元気を頂いています。

このたびは、そちらもまだまだ大変な中、わざわざお見舞いのコメントありがとうございました。
関西では想像を超えて甚大な被害がありました。
幸いにして私の暮らす市内ではたいしたことはなかったものの、
やはり地元の学生達が暮らす郡部の地域では、台風の翌日になっても、
がれきの山を除ける作業が甚大で、大学に出て来られないような者もおりました。

私もテレビのニュースを観ながら、これほど身近で、
つい半年前にみたあのショックを再び経験するとは思っていませんでした。
徐々に取り残された人々の救出は進んでいるような報道もありますが、
まだライフラインも未整備な地区では、川で洗濯をしているような方々の姿が・・・。

「都会では若者たちが指先一つのクリックで人と繋がるような時代になっても、
自然災害には全く勝てやしない。
役場は機能不全になって、大きな政府は時間が経たないとあてに出来ない」
そんな風に、半年前の震災の頃に感じたことをまざまざと思い出しました。

そうしたなか、今回の台風で「お父さんの車が水に浸かってしまって・・・あー、びっくりしたぁ」
などと言いながら、ちゃんと翌日の午前中からのゼミに出席した奇特な学生も居たのですよね。
彼女は、この夏休みを利用して東北のほうにボランティアに出かける前に
卒論指導を仰ぎに来たのでした。こういった若者が側にいると希望という言葉が思い出されます。

>いろいろな支援に支えられながら頑張っている状態ですが
>あまっている物資などもたくさんあるのです。
>そういう物資ををそちらに早く送ってあげればいいのにと
>ついつい思ってしまいます。

この言葉を現地で不自由な暮らしに耐えている人に送ってあげたいです。
きっと涙を流されるのではないかと思いました・・・。
そちらもずっとずっと大変な状況だったのにと。

>一緒に頑張りましょうね!

ありがとうございます。
私自身も、身近なことから出来ることを学生たちと一緒に
一つずつ一つずつ行っていきたいと思います。
benimasaさんのブログで紹介されていた色々な支援の方法を知って
私もいくつか手に取ってみることにしました。学生にも紹介します!

>megさんの細い身体が吹き飛ばされていないことを願いながら

仰るとおり、風が吹けば飛びそうだ、とよく言われてきましたねー。
でも、私は学生曰く、いったんもめんですからね、
ひらひらと舞って、また次の場所にひらりんと舞い落ちるだけですので平気です!(笑)

ご主人はお元気でしょうか。どうぞよろしくお伝えくださいね。
  1. 2011/09/08(Thu) 20:56:11 |
  2. URL |
  3. Meg #T0ca3UNU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://megchy36.blog18.fc2.com/tb.php/997-58da6987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。